FC2ブログ
2012-03-08 19:41 | カテゴリ:ゴルフースイング考察
あ~、長い休暇も今日で終わりました。明日から少し仕事に出かけてまいります。
それにしても、今回は那須行きを断念したせいで、ゴルフの練習やら確定申告やら小次郎くんのシャンプーやら・・いろいろと雑用を済ませることが出来ました。

ゴルフの練習と言えば・・先週末の土曜~日曜にかけて息子が帰ってきたこともあり、親子練習で休日を過ごしました。そして、その後の月曜からは・・再びひとりで鳥カゴ通い(皆勤賞)。打つこと、延べ1400球・・。まあ、しっかりとゴルフの練習に打ち込むことが出来ましたね。その間、シャンクも出たし新たな開眼もあったし・・ゴルフの修行って、ホント不思議と楽しいものですわ・・。(。_。)あ、エルボーは徐々に快方に向かっております。

開眼と言えば・・そう、テークバック。以前もテークバックに関して「スイング考察」のところで述べましたが、今回は正真正銘?の開眼になりそうな感じです。またか・・って?(笑)まあ、良いじゃないっすか!自己流は全て自己責任。当たるもハッケ・・当たらぬもハッケ(?)・・。気持ちよければ、それで良し!(インパクトが気持ちいいんです)要は・・ショットの結果が全てですよね。ポイントは、全て文字にしたためて残しておきました。

かいつまんで言いますと・・「テークバックの形」と「トップの収まる位置」が全てなんですね~。以前はコックを早めに形成して、コンパクトに肩上に担ぎ上げるみたいな動作をしてましたが、それはそれで良いんですけど・・、今回はあまりコックを意識せず、左腕を曲げずに顎下まで真っ直ぐ引き上げることに留意しました。その結果、インパクトでボールを芯で捉まえられ易くなりました。トップの位置では、過剰にコックを取りすぎないのがポイントです。私の場合ですが、トップでコックを取りすぎると(手首が緩んで)軌道が狂いやすくなるみたいです。その結果、ダフリや方向性の狂いに繋がりますね。当初、コックは飛距離をアップするものだと信じていましたが・・結局肝心なことはミート率なんですね。芯に当たれば、距離はさほどロスしません。それよりも、大事なことは方向性(ライン出し)だと確信した次第です。これはウッド系からアイアンまで全て同じことが言えます。基本的に、ティーアップして打つドライバー以外に共通して使える打ち方だと思いました。先日のシャンク事件でも、原因をいろいろと考えて見ましたが(原因が何かは分かっているが・・)、私の場合は「テークバックの形」と「トップの位置」が原因であることに疑いの余地はなさそうです。左手グリップの緩みと、下半身のぐらつきも大きな素因として考えられますが・・。(-_- )

そんなことをウダウダと考えながら、長い休暇は終わりました。今度のラウンドは来週の火曜日。何だかとても楽しみなラウンドとなりそうです。

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://aohiba.blog81.fc2.com/tb.php/946-f85b8b5b