FC2ブログ
2012-03-05 11:01 | カテゴリ:小次郎パパの徒然日記
福島原発事故の処理は、いったいどこまで進んでいるのでしょうかね?

ニュース等では、ロボットを使った内部の状況確認で様子が次第にわかってきたと報じられていますけど・・。

事態は、手つかずの部分が多く一向に進展していないようにも見受けられます。

甚大なる放射能拡散の被害は止まっているかもしれませんが・・。

未だに福島周辺では、日によって放射能値が高いこともあるようですね。

本当の真実を知らされないことは・・知ることの恐れよりも、はるかに怖いことです。(-_- )

震災後まもなく一年を迎えようとするわけですが、除洗作業やがれきの処理にはまだまだ時間がかかるようですね。

地震国日本に住む我々としては、正しい知識で放射能とうまく付き合っていくしか無いのでしょう。

そこで、最近は一般家庭向けの放射線測定器が安く提供されるようになったことから、我が家もついに購入するに至りました。

戸外での放射線量(食品には不可)しか測定できませんが、身近な生活空間の状況を正しく知っておくことは大事なことだと思いまして・・。

特に、福島に近い那須生活では生活必需品の一部になるかもしれませんね。

測定器

でも、私はちっとも怖いなんて思っちゃいないんですよ。まあ、この歳ですからね・・。(笑)

しかも、若い時から散々海外を行き来して、宇宙線(放射線)は他人の何倍も浴びてますしね・・。

今更、自分の寿命にはさほど影響は無いんじゃないかと思ってます。(それよりも、ボケが怖い!)

しかし、成長過程の小さなお子さんのいらっしゃる家庭では気になることだと思いますね。

わずかな放射線でも気になるお母さんたちもいらっしゃるでしょうし・・潜在的にノーと言う方もいらっしゃるでしょう。

でもね、放射能漏れが起こったことは事実なんだし、元に戻すには何十年もかかるんです。

風が吹けば世界のどこまでも飛んでいくし、雨が降れば野山の土に染みこんで海へ流れていきます。

もともと、私たちの周りには放射線はいっぱいあるんです・・。

こうなったら、正しい知識と知恵を持って、過敏に恐れることなく付き合って行こうじゃありませんか!

東北のがれきも、みんなで受け入れてあげれば良いんじゃない?!(除洗済みなのだから・・)

※ちなみに、本日の我が家では0.08μシーベルト/hでした。(平常値範囲)測定器は、最少0.05μシーベルト/hを示します。

〔参考ニュース〕「福島県民は誰も甲状腺ガンにならない」

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://aohiba.blog81.fc2.com/tb.php/944-b091597c