FC2ブログ
2012-01-06 11:59 | カテゴリ:小次郎パパの徒然日記
いや~、昨日は非常に疲れた一日でしたね。何と・・仕事が終わって家に帰ってきたのは、午前様でした!(´ー`)
昨日の勤務は、午後からのスタンバイ。出社後、予定の定期訓練学習(GS1)をAV視聴していると・・アナウンスで私を呼ぶ声が・・。お、仕事か?(内心は不吉?な予感が・・)

ミッションは、ADOのメンテ発生に伴いPAX救済で千歳に飛んでくれとのこと。しかも雪がジャンジャン降っているホツカイドウに・・。(;゚ロ゚)グループ仲間の会社の頼みとあらば、B7からのタイプチェンジはやむを得ないところです。(別に私が決めるわけではないのですが・・)いざ出発時刻を尋ねると、おいおい遅いじゃないですか。前日と同じ便だ。出社してから4時間後の出発で、しかも・・出だしからCAのやりくりでDELAY SETが・・。そして、千歳は時折ブリザードの襲ってくるような完全冬型の天気。滑走路CLOSEや除雪でHOLDINGも十分に想定内のお仕事です。ま、腹をくくって行くしかありませんな!

ってなことで、出発したのは定刻より約20分近く遅れての18:18。なんだか語呂合わせが・・イヤイヤみたいで・・。(゚o゚;)上空は揺れもなく快適でした。山形上空を通過してしばらくした頃、ATCで何やらHOLDINGがどうのこうの言ってます。案の定、滑走路が2本のうち1本がCLOSEで、その除雪のために上空での待機が指示されました。1本の滑走路を離着陸で運用しますので大変混雑します。また、管制間隔も安全のため通常以上にとるので時間がかかります。約40分ほど、苫小牧沖のNAVERというPOINTで旋回飛行を行いました。燃料は、余分にEXTRAを1時間20分ほど積んできましたので問題なし。8機ほど先着機がいましたが、燃料に余裕のない飛行機は少々いらだっていたようです。(進入開始しても、降雪で着陸出来る保証はありませんからね)

そしてやっと我々の順番が来て、新千歳空港にアプローチを開始。タイミングが悪ければ、やり直し(GO-AROUND)も十分考えられます。何しろ、空港は時折ブリザードの状態ですから・・。ま、こんな時は普段の行い(諸行)を信じるしかないですね。おみくじ「大吉」を信じて・・。(笑)
数分後に、何とかラッキーなタイミングで着陸出来ました。風は強かったものの、視程が若干回復してたので無事にスポットイン。やれやれ・・と言ったところです。到着後には、また雪が強くなってきました。

復路便では、出発時に降雪がひどくなってきたので、予定通りの除雪作業と防氷液散布を実施。おおよそ1時間少々の時間効果がある液体を散布します。よく離陸時に雪が翼上面にうっすらと積もっていて大丈夫か?という心配を聞きますが、離陸滑走開始で防氷液が雪を滑り落としてくれる効果があるので大丈夫なんですよ。上空に上がってしまえば、液体の付着は完全に無くなっています。

羽田空港への進入経路は、夜23時を過ぎると騒音軽減のためワイドパターンな経路を指示されます。成田空港の東側を通過して、銚子~館山経由で滑走路34Lへのランディング。通常ルートよりも約10分程度長くかかりますね。その為に、当然到着時刻もさらに遅れます。大幅遅れの上に遅れが重なって、お客様も大変迷惑な話ですが、千葉県民の安眠を妨げないためには仕方のないこと。出来る限りスピードを早めて運航しましたが、23:27にRWY34Lに着陸。スポットには23:35に到着しました。地上交通機関の最終時刻が迫っているので、皆さん急いで降機されたようですが、無事に自宅まで帰り着くことが出来たのでしょうか・・。

私も自宅に帰り着いたのが・・当然午前様で、深夜1時前になりました。はい、大変疲れた一日となりました。シニアにはきつい勤務です!稼ぎは一寸だけ多かったですけどね・・。(笑)長文ご精読、ありがとうございました!

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://aohiba.blog81.fc2.com/tb.php/912-7b0b7af8