FC2ブログ
2009-05-21 20:47 | カテゴリ:小次郎パパの徒然日記
【ニュース記事】
裁判員制度スタート 市民の良識、法廷へ
プロの法律家に委ねてきた刑事裁判に一般市民が直接参加する裁判員制度が21日、始動した。裁判員法成立から5年。法曹三者の準備はほぼ整い、実際の裁判が行われるのを待つばかり。日本の刑事裁判はどう変わるのか。法曹三者や裁判員候補者たちは責任の重さをかみしめた。
-------------------------------------------------------------
【マイコメント】
いよいよ今日から裁判員制度が始まりました。これまで専門家に任せていた司法の制度に、一般市民の良識が汲み入れられることになります。・・とまあ、もっともらしく口で言うのは簡単ですが、実際に動き始めると様々な難しい問題が表面に出てきそうな気がしますね・・。`s(-・-;)無作為に選ばれた国民の中には、けっこう辞退する・・或いはしたいと思う人が多いのではないでしょうか。何かと理由をつけて・・。
そりゃそうでしょう。何も、好んで刑事事件の裁判に首を突っ込もうなんて考える人・・いますかね?しかも、仕事を犠牲にしてまで・・。安直な正義感から参加するのだとしたら、それはきっと後悔に繋がるかも知れません。相当な覚悟と、国民の義務としての使命感がなければ、務まることは無理でしょう。
でも、制度は既に動いたわけです。もし自分にその役目が回ってきたとしたら・・?今から、よ~く考えておきたいと思います。なかなか難しい問題ですな!

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://aohiba.blog81.fc2.com/tb.php/79-bae62101