FC2ブログ
2011-04-15 21:16 | カテゴリ:ニュース-気になる話題
【ニュース記事】
「てにをはの分からない大臣」石原都知事 節電めぐり蓮舫氏批判
東京都の石原慎太郎知事は15日の定例会見で、蓮舫節電啓発担当相が「経済活動に影響がでる」などと自動販売機の節電に疑問を呈していることについて、「ばか言っちゃいけない。工場止めるより自動販売機止めたほうがよっぽど国民の役にたつ」と批判した上で、「そんな『てにをは』の分からない大臣だったら悲しい話だな。国民は」と切り捨てた。
石原知事は、パチンコや自動販売機に使う電力こそが「日本の経済を疲弊させている。その分有効な生産手段にまわしたらよい」と持論を展開。その上で「彼女(蓮舫節電啓発担当相)は非常に私に腹を立てているみたいですが結構。腹立つのは良いんだが、トンチンカンというんだああいうのは」と一笑に付した。
清涼飲料水の自動販売機の節電対策をめぐっては、東京都議会の民主党が14日、自動販売機で日中の電力使用の停止を求める条例案を提案する方針を表明。党本部と地方議会との間でも意見が食い違うまとまりのなさも露呈している。 
------------------------------------------------------------
【マイコメント】
蓮舫大臣VS石原都知事。異種格闘技じゃありませんが、面白い舌戦対決ですな・・このお二人!そもそもが・・出会いからガチンコでした。勝負のほうは、歴戦の強者である老獪な頑固知事に有利と見えますが・・。両者とも歯に衣を着せぬ口達者なだけに、この先の巻き返しはあるのか?
私はパチンコをしないので、都知事の考えには一理あると賛同できますが、パチンコ業者や愛好者からはブーイングでしょうな・・。業界関係者は先手を打って、早くも30%の節電に協力(照明を消すなど)していると声を大きくしているようだ。しかし、世間の風当たりはきついだろう。
また自販機のほうだが、確かに世の中には自販機が溢れかえっている。街中の至る所に様々な自販機があるのは確かに便利だが、こんなに無くても生活には困らない。特に清涼飲料水の機械は、消費電力だけでもバカにならない数値なのだろう。コンビニや小店舗などで買えば良いだけの話である。
他にも節電協力すべき業界、業種は多けれど・・みんながその気にならなければ、国家の難は凌げない。条例作って強制節電するよりも、常に使用電力量が分かるようなシステム(例えば、テレビ画面に常時表示するとか)を作って、自主的な積極節電を期待したいものだ。東電は耳タコな節電のコマーシャルを流すよりも、そういう発想で世間に協力依頼をするべきであろう。トンチンカンなのは・蓮舫だけではない。石原さん、毒舌が過ぎると・・あなたもそう言われるかも・・よ!

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://aohiba.blog81.fc2.com/tb.php/711-7e1704e0