-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-03-18 16:15 | カテゴリ:ニュース-気になる話題
【ニュース記事】
注目集める「ヨウ素」とは?-千葉県が世界有数の産地
東京電力福島第1原発で放射性物質が漏れ、広範囲で被ばくの危険性が高まる中、千葉県が世界有数の産地となっている「ヨウ素(ヨード)」が注目を集めている。安定ヨウ素剤が、放射性ヨウ素による甲状腺がんを一定程度防ぐためだ。その一方で、県内のヨウ素製造会社は、原発関連の報道で度々登場する危険な放射性物質「放射性ヨウ素」と、県内で生産している安全で有用な非放射性の「ヨウ素」が市民に混同されるのではないかと不安視している。
ヨウ素は人体の必須元素で、通常は海草や魚介類から摂取している。県内で産出されるヨウ素は、天然ガスを取り出す「かん水」に含まれている。ヨウ素を生産する合同資源産業千葉事業所(長生村)の山ノ井敏夫所長は「ヨウ素には殺菌力があり、レントゲン造影剤などにも使われる」と説明。「放射線ヨウ素を単に『ヨウ素』と言うテレビもあるが、われわれの製造しているヨウ素と、放射性ヨウ素は別物なので、誤解しないでほしい」と訴える。
ところが、放射能漏れが深刻化する中、ヨウ素入りうがい薬を安定ヨウ素剤の代替品と勘違いし、買い求める客が増加。千葉市稲毛区の放射線医学総合研究所はホームページで「(服用すると)体に有害な作用を及ぼす可能性がある物質も含まれる」と、市民にヨウ素入りうがい薬を服用しないよう注意を呼び掛けている。
--------------------------------------------------------------
【マイコメント】
気になる放射線漏出事故・・、その中でよく「ヨウ素」という元素の言葉が出てきます。間違った知識を持たぬよう、正しい情報を得ることが肝心ですね。こんな記事を見ると、少しは放射線に対する理解が進むのでは?と思ったりして・・。
同じように、水素爆発から漏れる放射線量に関しても、マスコミの報道や情報に踊らされないようにしなければなりませんね。専門家が説明される場合には、一般市民に分かりづらい専門用語を使いますが、本当に危ない状態なのか・・そうでないのかを正しく判断する必要がありそうです。
事故原発機に対する放水作戦は、地道に根気よく継続されているようです。更に今日からは、補助電源も敷かれる予定になっているようです。冷却機能が回復すれば、一気に事態は改善の方向に進むことになるでしょう。一刻も早く、日本国民が安心感を抱けるよう、関係者の方々には頑張っていただきたいと願うばかりです。

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://aohiba.blog81.fc2.com/tb.php/681-26f454d3
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。