FC2ブログ
2011-03-17 21:00 | カテゴリ:小次郎パパの徒然日記
【ニュース記事】
米、日本の原発対応に不信感 退避範囲の違いに疑問噴出
福島第一原発からの退避勧告範囲が17日、日米両政府間で大きく食い違ったことをきっかけに、日本政府や東京電力の情報の出し方に対する不信感が米国内で高まっている。
米CNNのキャスター、アンダーソン・クーパー氏は16日夜(日本時間17日午前)、東京からの中継で「日本政府の公式見解を信用している人に出会っていない」と指摘。「民間(東京電力)が情報を管理しており、一般市民を誤った方向に導いている」「(日本政府の)会見は具体性がなく、何が進行しているか理解できない」と批判した。
米政府は米東部時間の16日午後(日本時間17日未明)、ルース駐日大使名で、福島第一原子力発電所から半径80キロ圏内に住む米国人に対する避難勧告を出した。福島第一原発から半径20キロ圏内の住民に避難を、20~30キロ圏内では屋内退避を指示する日本政府と、大きく食い違う判断だ。
-----------------------------------------------------------------
【マイコメント】
安全基準に対する国の考え方の違いなので・・何とも言えませんが、確かに一般市民にとっては気になる勧告ですね。30kmと80kmとでは、認識が大きく違いすぎる・・。日本の基準の根拠を、もう少し詳しく知りたいところです。専門家は、自信があるならもっと堂々と公表すべし!
仮に80kmとすると・・、わが那須の山荘までは約100km。目と鼻の先になります。とても他人事では済まなくなりますね。いっそ、山荘をコンクリートのシェルター囲いに改装しますか!

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://aohiba.blog81.fc2.com/tb.php/680-fe1bf03c