FC2ブログ
2011-03-03 13:24 | カテゴリ:ゴルフの話題
一行レッスン

今朝も朝練に行ってきました。近くの練習場で150球。今日の出来は、まずまずの95点くらいでしょうか・・、と自画自賛!(^_-)昨日よりも、全ての番手でちゃんと打てました。
まあ自分で言うのも何ですが・・、正しいテークバックできちんとトップが作れれば、何も難しく考えることもないし、手先で小細工することもなくなります。もちろん、フェースの開き加減やハンドファーストの基本は言うまでもありません。アドレスの姿勢が、どれだけ重要であるかと言うことでしょう。

久しぶりに、本屋さんでゴルフ本を買ってきました。例の志門流メンタルレッスン書です。思えば、私がゴルフにのめり込むきっかけになった志門流。今は、他の技術本とかも併読して自分なりのより所としていますが、基本の「ゆるゆるグリップ」はスイングの神髄かもしれませんね。もうかれこれ、このたぐいの本は30数冊目でしょうか・・。この一年で、ゴルフ本はよく読みましたね。頭でっかちになっているかも知れませんけど。(笑)

しかし、じゃあ何でも「ゆるゆる」が良いかと言えば・・そうでもない場合がありますね。確かに、一般的には力んだ結果は良くない場合が多いです。たとえば、アプローチの寄せでラフがきついときなどは、しっかりグリップを握ってラフに食われないように腕で振るほうが良いと言われています。この場合は、少し力み加減のほうが上手く行きますね。でも、絶対に小手先で打っちゃダメですね。また、UTなどで2NDショットを打つ場合には、最初に思いっきり両腕を絞り込むように力んで、その後弛緩した状態で左腕を曲げないように打つと・・これがなかなか上手く飛んでいってくれます(私の場合ですが)。このように、力みは上手く使うというのが私の学んだ自己流スイング論です。志門流とは一線を画しますけど、自分なりの我流でも球筋が良いボールを打つことは叶姉妹です!(^_^)レッスンプロに指導を受けている方には、誠におこがましい話で申し訳ありません。

しおりー1

ゴルフを始めて一年が過ぎました。よく「今が一番楽しいでしょ!」と言われますが、確かにゴルフを知れば知るほど、その難しさやら楽しさが分かってくるようで面白いですね。何度か100切りは出来るようになったので、今年は是非90切りを目標に自己流を極めてみたいと思ってます。まだまだ伸びシロはあると思いますので、あとはコツコツ努力を続けることですかね。人生フェアウェイの向こうには・・シニアライフの花道が待っています!(^_^)v
※補記:人生フェアウェイの意は、真っ直ぐ堂々と生きてきた人という意です。

しおりー2

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://aohiba.blog81.fc2.com/tb.php/668-1890a8b0