FC2ブログ
2011-02-11 21:49 | カテゴリ:エンジョイ那須生活
R0011222c.jpg

今週の火曜日、那須高原のコテージ「茶臼の森」オーナーF氏から、遅~い新年会のお招きを受けた。
こちらの施設は、池田の交差点を大沢方面へ5kmほど走った道路沿いの入り込んだ場所にある。ちょっと入っているだけで・・、まるで妖精の森のような異空間である。合計7つのカナディアン・ログコテージがあり、夏には内庭でバーベキューを楽しんだり、小川が流れているので蛍鑑賞も楽しめるらしい・・。

そんな別天地の素晴らしい場所で、那い須なシニアの新年会である。参加者は、オーナーのF氏、そしていつもお世話になっている地元コーディネーターのH氏(ターミネーターではございません)とゴルフ仲間のY氏。千葉からは、私と私のテニス友人のY氏である。いずれも、かつては企業戦士と言われた御仁や博識の方々。お酒が入ると、親父ギャグやらダジャレの嵐で話に花が咲く・・。ブルゴーニュの赤も、あっと言う間に底をついた。

R0011225c.jpg

もちろん料理は、オーナーF氏の丹精込めた男の手作り料理である。今回は、ダッチオーブンで煮込んだハワイアン風ビーフシチュー、薪ストーブで焼いた5種のピッザ・アラカルト、創作パンなどが振る舞われた。新潟から届いたという、スルメイカのワタ入り乾物も口にしたが、七輪で焼くと・・これが実に香ばしくて美味しい・・。まさに至福の料理である。真冬の那須で、こんな贅沢な宴席に招かれるとは予想だにしなかった。

R0011224c.jpg

男には、いろんな夢がある。その一つが、“男の隠れ家的空間”をもつことではないだろうか。ここは、まさにその体験が出来る場所なのである。そんな空間で、気のおけない仲間と語らい、旨い料理を食い、人生の積み上げた体験談を披露し、共に笑い、歌い、称え合う・・。なんと美しい理想のシニアライフなことか・・。この日は、また私にとって新たな記憶に残る“那い須な一日”となったに違いない。みなさんに、感謝、感謝!m(__)m

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://aohiba.blog81.fc2.com/tb.php/655-ecebf109