FC2ブログ
2010-03-19 07:43 | カテゴリ:ニュース-気になる話題
【ニュース記事】
クロマグロ:禁輸案を委員会が否決 ワシントン条約会議
カタール・ドーハで開催中のワシントン条約締約国会議は18日午後(日本時間同日夜)、大西洋(地中海含む)産クロマグロの国際取引を全面禁止するモナコの提案を第1委員会で採決し、反対68、賛成20、棄権30の反対多数で否決した。米国や欧州連合(EU)が禁輸支持を相次いで表明し、クロマグロの最大消費国である日本は劣勢が伝えられたが、中東やアフリカの漁業国の支持を得て土壇場で巻き返した。
委員会での決定は25日の全体会合の承認を経て最終決定される。モナコ案は3分の1以上の国の支持があれば、全体会合で再び審議することが可能だが、委員会での決定が覆った前例は少なく、委員会の採決は禁輸反対が賛成を大きく上回ったため、最終的に禁輸案の採択は見送られる公算が大きくなった。
800px-Kasai_Rinkai_Park.jpg
------------------------------------------------------------------
【マイコメント】
クロマグロの国際取引を完全禁止とするモナコ案が否決されました。日本や関係国にとっては、密かに進めていた多数派工作が功を奏し、まずはホッとしたところです。クロマグロの最大消費国の日本にとっては、産業構造をもひっくり返す大きな影響があっただけに・・今回の決定に関しては大成功と言えるでしょう。
そもそもクロマグロというのは魚であって、クジラなどの哺乳類とは違います。確かに、絶滅種を保護する目的のワシントン条約に抵触する部分があるのかも知れませんが、今やマグロは世界の台所に上がっている生活食材でもあるわけです。特に日本では食文化の伝統がありますから、その点についても考慮されるべき・・というのは身勝手な論理でしょうか?他国の文化も理解しながら、種の保存を考える・・。そうした観点で進めて欲しかった問題です。
しかし、日本にも反省点はありますな。乱獲はいけません。今後の対応に世界の注目が集まること必至です。喜んでばかりいると、またまたこの問題が再燃するかも・・よ!
さて、否決された理由はと言いますと、日本の多数派工作(発展途上国の経済的打撃-不公平)もさることながら「中国」の影響が大きかったのも事実。中国は最大のフカヒレ消費国であります。将来、フカ、サメ・・とかいった種にも影響が及ぶことを恐れて中国が反対に回ったことが大差で反対票に繋がった原因ではないでしょうか。言わば、日中共闘の成果だったと言えるかも知れません。(-_-)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://aohiba.blog81.fc2.com/tb.php/383-7e842d26