FC2ブログ
2010-03-17 16:20 | カテゴリ:小次郎パパの徒然日記
さてさて、18年ぶりのコース再デビューの日まであと6日となりました。思い起こせば、18年ほど前・・。仕事で行った米国ワシントンD.C.の郊外にある「アルゴンキンG.C.」で1.5ラウンドを回って以来です。あの時は、ただただ時差調整のお遊びみたいなもので・・。スコアも自慢できるものではありませんでした。(たぶん108くらいだったかと・・)
そしてクラブを最後に握ったのが16年ほど前の打ちっ放し練習場。10年一昔と言いますが・・、ハッキリ言って当時の記憶は忘却の彼方に飛んで行ってしまっております。

そして一念発起のゴルフ再チャレンジ。昨年12月より密かに秘密練習を重ねて参りました。還暦を控えて、何で今更・・と思われるでしょうが、生き甲斐を見つけるなんて・・案外ひょんなところから始まるのかも知れませんね。私の場合は、石川遼君の活躍とNHK趣味悠々の志門流レッスン。もちろん、プロを目指すわけでも何でもありませんので、石川遼君は目標ではありません。スポンサー会社つながりと躍動感溢れる若さへの懐古心かな・・。志門流は、たまたま見ていたNHK番組紹介で、興味を引かれた趣味のレッスン。ある種のカルチャーショック的インパクトを覚え、早速テキストを買って本気でやろうと思いました。まあ自分のゴルフ感が、確かに変わったといえば・・変わったかも。

それで本題のコース再デビューの舞台なんですが、那須高原にある「塩原カントリー」。ここは東北道の西那須野ICからほど遠くない場所にあり、創業40年の林間コースです。あまり起伏のないフラットなコースなので、疲れてフラットすることも無さそうです。おまけにOBエリアも少なそう・・。(とか言ってると、OB打ちまくるかも知れませんが)久しぶりのド素人の私にとっては、これ以上ない条件のコースではないでしょうか。(^o^)
今回のラウンド仕掛け人(コーディネーター)ですが、なんとブログで知り合った那須在住のマスター(ハンドル名)さん。人生、縁は異(奇)なもの味なもの・・とか言いますが、男女の縁だけでなく巡り会いとは不思議なものですね。本当に感謝しております。m(__)m結果は、後日レポートするとしまして・・、更に攻略方法を練らなければ!(-_- )
目指すは、エージシュート・・ハーフで!(あんた、いったい何歳やねん?)

塩原カントリー
※写真は塩原カントリー北コースNo.1(ネットから拝借)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://aohiba.blog81.fc2.com/tb.php/381-14d56e8b