FC2ブログ
2009-11-09 13:26 | カテゴリ:小次郎パパの徒然日記
ジュウガツザクラ-1

秋だというのに、小春日和のような暖かさ・・。
久しぶりに、小次郎を連れて近所の公園へ出かけてきました。

ジュウガツザクラ-2

おおっ、よく見りゃ・・桜が咲いているじゃありませんか。葉っぱのない枝に白い可憐な花が・・。
この陽気で、さては桜も狂い咲き?な~んて思っても見ましたが・・。

ジュウガツザクラ-3

実は、こういう種類の桜みたいです。
桜は春に咲くものとばかり思っていましたが・・、秋に咲く種もあるのですね!
それにしても、暖かく、のどかな秋の昼下がりです。


【ジュウガツザクラ(十月桜)】バラ科サクラ属。学名 Prunus x subhirtella ‘Autumnalis’
ジュウガツザクラは落葉小高木で、コヒガンザクラ[P. Xsubhirtella]の園芸種。花は白色か淡い紅色の八重咲き。10~12月に咲くが、10月頃の開花した花も奇麗である。冬には小型花を少し開く程度である。やはり4月に開花する数が最も多い。コヒガンザクラ(ヒガンザクラ)は、エドヒガン[P. pendula f. ascendens]とマメザクラ[P. incica]の自然交配種だそうである。
ジュウガツザクラは、葉腋に1個の芽が付き、花は1~5個の散房花序をつける。花弁の先は凹んでいる。萼片は開出し、葉には鋭鋸歯がある。

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://aohiba.blog81.fc2.com/tb.php/266-97111aa8