FC2ブログ
2009-10-15 15:09 | カテゴリ:小次郎パパの徒然日記
昨日は、千歳の泊まり明けで午後に仕事がありました。紅葉見物の余韻も覚めやらぬ午後のひととき、なにやら空港周辺が騒がしい・・。望遠カメラを携えたマニアらしき人たちが大勢集まってました。
実は、15日の航空ショーのリハーサルで、米海軍サンダーバードチームのアクロバット飛行があると言うじゃありませんか・・。むむ、、悔しい。残念ながら仕事でショー見物は出来そうにありません。ショーがない、ちくショー!(・_・、)
実物のF16は、格納庫前に8機ほど整然と駐機されていたのですが、タクシーの窓越しだったのでカメラには納められず・・。残念でした!(代わりに、プラモデルの写真を掲載します)
0121101603169.jpg

実は、この話には裏話がありまして・・。(ここから裏話)
会社にショーアップしたところ、運航管理者から相談といいますか・・お願いをされまして、担当便(14時30分発)を5~7分ほど早発させたいと言うのです。理由は、急遽サンダーバードのリハーサル訓練が14時40分から実施されることになったから・・だそうです。そうしないと、約1時間ほど空港が閉鎖されて離着陸禁止になると言うのです。まあ、しょうがない(内心は少し残念?)ということで、バタバタしながら仕方なく出発!
出発時刻の30分前から搭乗案内を開始して、約10分くらい経ったところで・・管制官から連絡が。14時36分までに離陸しなければ、離陸の許可は発出できない・・とのこと。え~?そんなの・・聞いてないよ~!(とは言えませんが・・)ちょっと事態は穏やかで無くなりました。まだお客様も搭乗中で、貨物の搭載も時間がかかるようだし・・。まあとりあえず関係スタッフやCAさん、整備さんにその旨連絡して、出来るだけ早く出発準備完了となるようお願いをしました。
そして、オールドアクローズが14時25分。あと10分しか猶予はありません。直ちにプッシュバックを開始し、ENGを回して、遠い遠い・・RWY01Lに向かったのであります(約3kmありますからね)。内心、多少どうかな?という思いもありましたが、1分勝負になるという予測を信じて・・できるだけ安全に急いで地上滑走を続けました。
あと滑走路端まで約200mほどのところまで来たとき、TOWERから“Cleard for Take-off, now time 34”の声を聞き、正直ホッとした感じがしましたね。間に合った・・!何と、離陸timeは・・14:35分。自分ながら、“あっぱれ”をやりたい気持ちでしたね!(^_^)v
もし仮に滑走路端でtime limitと言うことにでもなれば、その後の影響たるや・・計り知れないものがありました。まずはお客様へのご不便。そして、燃料の無駄遣い。遅延発生による接続便への影響などなど。そういう意味では、「みんなが良い仕事をした」と言えるでしょう!良かった良かった・・。
それにしても、千歳の出発便(滑走路01L)でPUSH BACK開始~TAKE OFFまで10分というのは・・恐らく最短だと思いますし、私も初めてのことでした。まあこんなことは、そうそうありませんからね!(;-・。・-;)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://aohiba.blog81.fc2.com/tb.php/237-5ebb3706