FC2ブログ
2014-08-17 22:59 | カテゴリ:治療報告
相変わらず、体調の良くない状態が続いています。最近は、少しの動きでも呼吸が激しく乱れることがありますね。特に、朝起きて直ぐトイレに行くときなどに顕著に表れます。なるべく、少しソファーで休んでから行くようにしているのですが・・それでもかなり辛いときがあります。しばらくは呼吸困難状態に陥って、息が止まるのではないかと思ってしまうくらいです。要は、気道に痰や唾が詰まって咽せるのでしょうね。咳き込むのが、相当体の負担になっているようです。そんな時は、恐らく動脈血の酸素飽和度もかなり下がっているのだと思います。

それで、先日医者からの奨めもあって、体調管理のために「医療用パルスオキシメータ」を購入することにしました。以前なら相当高額な医療機器でも、最近は比較的安価に求めやすくなっているようです。動脈血の機能的酸素飽和度を測る機器なんですが、けっこう小型化されていて簡単に計測することが出来ます。同時に心拍数も測ることが出来ます。写真は、今回購入した「Pulse One」という製品。病院に行くと、よく医者が患者に付けさせる・・あの機器の個人用ですね。

R0010834 のコピー

普通、健康な人であれば酸素飽和度(SpO2)の値は97〜98くらいを示します。私の場合、酸素吸入して落ち着いている状態で93〜94くらいのようです(写真の状態)。90以下になると重症の状態で、健康管理的には・・「危ない状態」と言われているようです。咳き込んで非常に呼吸が乱れた場合には、一気にその値が74〜75くらいまで落ち込んでしまいますので・・まさに「危ない状態」なのでしょうね。今回、それが分かっただけでも良かったのかも知れません。日常的に自分の状態を管理して、病院へ行ったときに医師のアドバイスを仰ぎたいと思ってます。

とにかく、常に自分の平常時の値(94前後)をキープするよう努めることでしょうね。なるべく、早い動作や負荷になる動きを避けること。そうした注意が肝心だと思います。最近は、食事をするだけでも内臓筋が活動するので、なかなか難しいセルフコントロールなのですが・・。でも、何か食べなきゃ、ドンドン体力も落ちていきますしね・・。出来るだけ頑張るようにしています。(正直、食べるのも毎回一苦労なんです!)

那須から帰ってからは、病院へ行った以外に一歩も外へ出ていません。この時期、紫外線も心配ですしね・・。本当に正真正銘の難病人になってしまいましたが・・何とか少しでも、希望を持って病気に立ち向かいたい気持ちです。自力で歩ける内は・・何としても頑張るぞ〜!

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://aohiba.blog81.fc2.com/tb.php/1546-7f6c75be