FC2ブログ
2014-08-12 23:23 | カテゴリ:治療報告
今日は、東京の病院へレントゲン検査と定例の診察に行ってまいりました。最近は体調も芳しくなく、かなり移動することで負担も大きくなってきたようです。従って、途中は電車を利用するものの、あとはなるべくタクシーを利用することとしました。おかげで少しは楽だったみたいです。

IMG_0198.jpg

かかりつけの大学付属病院は、館内の改装工事が終わって8月から新しくリニューアルされていました。やっぱり病院が新しくなるというのは気持ちが良いですね。清潔感だけでなく、システムも改善されて便利になりました。特に、診察前の順番や待ち時間等がわかりやすく液晶表示になったのは、患者にとっては喜ばしいことです。今までは、古い病院だったために前時代的運用で大きな声で呼ばれてましたから・・(笑)。

さて、病気の進行具合なんですが・・やはり少しづつ悪化はしているようです。今日レントゲンを撮ってもらいましたが、幸い気になっていた「急性増悪」では無いとのことで少し安心しました。ただし肺への酸素の流量が足りないので、少しの運動や動作で負担が大きくなり、呼吸が苦しくなるのだろうとの所見でした。今後は、現在使用している薬を継続して服用することにより、騙し騙し肺機能の悪化を防ぐしか方法はなさそうです。

治る見込みの無い病気と向き合う厳しさと言うのは・・正直つらいもんですね。でも、それが自分の運命(DNAが原因?)だと割りきって、戦い続けるしかないのでしょうね。亡き父も同じ病気で苦しみを味わっていたかと思うと・・つくずく人間の儚さというものを感じられずにはいられません。突然ですからね、短期間に悪化するのが・・。平家物語じゃありませんが、「諸行無常の響きあり」です。

でも、自分に残された時間は大事に使おうと思ってます。マイナス思考だけじゃ・・寂しすぎますからね!p(^_^)q


管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://aohiba.blog81.fc2.com/tb.php/1545-a2220101