FC2ブログ
2014-07-21 07:52 | カテゴリ:ニュース-気になる話題
【ニュース記事】
マキロイが史上3番目の若さでメジャー3勝目! 松山&小田は39位
順位 選手名 通算 合計
1 R.マキロイ -17 271
2 S.ガルシア -15 273
2 R.ファウラー -15 273
4 J.フューリック -13 275
5 M.レイシュマン -12 276
5 A.スコット -12 276
7 C.シュワルツェル -11 277
7 E.モリナリ -11 277
9 Sh.ローリー -10 278
9 G.マクドウェル -10 278
ロリー・マキロイ(北アイルランド)が、全英初制覇でメジャー3勝目を飾った。3日目までに通算16アンダーと後続に6打差をつけ、記録的大勝も期待されたマキロイは4バーディ、3ボギーの「71」と伸び悩んだものの、通算17アンダーとして、リッキー・ファウラー、セルヒオ・ガルシア(スペイン)の追い上げをかわして逃げ切った。
初日から単独首位を守り抜く完全勝利。2011年「全米オープン」、12年「全米プロゴルフ選手権」以来となる25歳77日でのメジャー3勝は、ジャック・ニクラス(23歳181日)、タイガー・ウッズ(24歳171日)に続く史上3番目の年少記録となった。
通算15アンダーの2位にファウラーとガルシア。ファウラーは6月「全米オープン」に続くメジャーでの2位タイフィニッシュとなった。13アンダーの4位にジム・フューリックが入った。
イーブンパーの38位タイから出た松山英樹は5バーディ、4ボギーの「71」で回り、通算1アンダー。また、3オーバーの58位から出た小田孔明が8バーディ、1トリプルボギーの「67」をマークして同じ通算1アンダーまで巻き返し。決勝ラウンドに進出した2人の日本勢はともに39位タイだった。
ウッズは最終日「75」とし、通算6オーバーの69位でメジャー復帰戦を終えた。
140721-0001.jpg
---------------------------------------------------------------------
【マイコメント】
いや〜、大したもんですわ。初日から首位の座を明け渡すことなく、堂々の優勝。しかも、あわやメジャー最少スコアの記録達成か?・・という期待も抱かせましたよね。最終日こそ−1で終わりましたが、3日目までは他の選手を寄せ付けない圧倒的なゴルフで、真の強さを見せつけました。彼は、時々爆発的な強さを見せてくれますね。突然崩れたりもするのですが、今回は最終日まで集中力が途切れなかったようです。しかも、勝ち方を知っているような風格さえ感じます。25歳の覇者は本当に強い、いや〜強い!
その強さの理由なんですが・・やはり、基本的な体力の違いなんですかね。体幹と言いますか・・体の作り方が。マキロイだけにあらず、アダム・スコットなどの上半身の筋肉の付き方は尋常ではないですね。見ましたか?あの筋肉の盛り上がり方。しかも、柔らかい・・。フルスイングして、あれだけピタッと止められるんですから、そりゃもう下半身も含め・・日頃から相当な鍛錬をしているのでしょう。並みの選手とは練習量と質の違いを感じますな。松山選手も、日本人としては恵まれた体力ではあると思うけれど、まだまだこれから更に鍛える余地はありそうな気がします。絞ると言いますか・・研ぎ澄ますような感じになれば、もっと野武士的な強さでパワーアップが図れるのではないかな。まだまだ22歳の若者ですから、将来性に期待しましょう。近い将来、きっとメジャー制覇を成し遂げてくれると信じて・・。
それにしても、最終日の小田孔明選手は、−5とよく頑張ったなぁ。あとは経験値でしょう。もっとメジャーに挑戦させてやりたいね。ルックスはともかく、ふてぶてしさはメジャー級ですから・・。(おっと、失礼!)
そんなことを思ったりした、この4日間でした。(^_^;)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://aohiba.blog81.fc2.com/tb.php/1518-f7890c62