FC2ブログ
2014-07-07 10:01 | カテゴリ:小次郎パパの徒然日記
最近は、自宅でテレビを見る時間が多くなっています。もっぱら好きなのが、再放送のサスペンスドラマ。特に、「十津川警部シリーズ」とか「科捜研の女」、「鉄道捜査官シリーズ」、「相棒Ⅰ〜Ⅲ」、「浅見光彦シリーズ」などをビデオで撮って楽しんでますね。ビデオ視聴のメリットは、コマーシャルを飛ばせて時短で見られること・・これが今の私のマイブームかな?かなりいろんなドラマを見てきたので、大体のアリバイトリックは分かるようになりましたね。(^o^)v

サスペンスやミステリードラマの楽しみ方は、その「犯人捜しや謎解き」と「シナリオ構成や犯罪に至るプロセス解明」にあるかと思います。私の場合は、後者のほうが好みですね。最初から犯人が分かってしまうような筋書きは頂けませんし、逆に全く関係ない人物が最後に犯人というのも興ざめな感じになってしまいます。それなら、斬新な物語の構成や人物の心理的背景を楽しんだほうが、ドラマ自体にも好感が持てます。もちろん、俳優さんの特徴とか演技の上手さは言うまでもありませんが・・。トラベルミステリーや歴史ミステリーは、実際に旅する臨場感や時代考証をかねた日本の美学を味わえるような気がして、こちらも大好きです。

DSC00123.jpg

写真は、「鉄道捜査官シリーズ」での一場面。沢口靖子さんの演技が際立っていますね。「科捜研の女シリーズ」と被ってしまう面もありますが、そこは演技力で微妙な変化を作り出しているようです。彼女のイメージは、この2作で固まっているだけに・・ちょっと残念ですね。好きな役者さんの一人なので、もっともっと頑張って欲しいと思います。

それと、「相棒シリーズ」での主役、水谷豊さん。彼の演技は本当にユニークで、面白いキャラを出してくれてますよね〜。ちょっとクセの強い俳優さんのようですが、私は大好きです。彼はシナリオ作りにも参画しているようですが、作品の発想の豊かさと奇抜性には驚かされます。そこが、飽きられずに永年続いている長寿ドラマの証明なのかもしれませんね。ちなみに相棒の相棒役は、初代の亀山刑事役(寺脇康文さん)が好きでした。あの正義感溢れる惚けた個性は・・なかなか出せませんよね。

と言うわけで、テレビの「サスペンスドラマ視聴講座」を終わります。サンデー毎日なオヤジは・・120%テレビを楽しんでおります!ヘ(^o^)/暇だね

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://aohiba.blog81.fc2.com/tb.php/1498-4851251f