FC2ブログ
2014-06-28 09:39 | カテゴリ:ニュース-気になる話題
【ニュース記事】
<スピード違反>145キロで緊急走行…パトカーに赤切符
赤色灯を点灯しサイレンを鳴らしてもスピード違反で赤切符--。京都府警高速隊員が運転するパトカーが兵庫県内の高速道路で緊急走行中、速度違反自動監視装置(オービス)に速度45キロ超過と測定され、兵庫県警に道路交通法違反(速度超過)容疑で検挙されていたことが27日、分かった。府警は5月中旬、このパトカーを運転していた20代の男性巡査長を所属長訓戒、同乗の40代の男性巡査部長を本部長注意とした。警察庁によると、緊急走行中のパトカーが速度違反で検挙されるのは極めて異例という。
道交法では、交通違反車両の取り締まりや凶悪犯の追跡など、警察車両の緊急時最高速度の超過を例外的に認めているが、検挙した兵庫県警では「現場に早く到達しなければならない緊急性があるなら、他府県警と連携すればよいことで、速度超過の正当性はない」と判断。3月14日に神戸区検に書類送検し、同区検は同25日に不起訴処分(起訴猶予)とした。府警監察官室は「再発防止に努める」とコメントした。
-------------------------------------------------------------------------
【マイコメント】
パトカーが緊急走行中にスピード違反で捕まることがあるんですね〜。しかも、規定速度があるなんて・・知りませんでした。今回の事例は、京都府警の車両が兵庫県の管轄エリアで起こしたケースのようですが・・なかなか厳しい判断のようです。規則に則った処理と言えばそれまでですが・・緊急時に果たして府県警間の連携が(記事にあるように)スムーズに行くのかどうか?それと、犯罪車両を取り逃がすことがないのかどうか?官民問わず公明正大にやることは必要ですが・・時と場合によっては柔軟に対応することも大事なのではないかと思いますね。ただ単に、管轄(縄張り)意識だけにこだわってなければ良いのですが・・。杓子定規に処理判断をするのが役人の常套手段です。まあ、どうでもいいですが・・ちょっと斜目で考えてしまいました。

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://aohiba.blog81.fc2.com/tb.php/1483-22f2a55d