FC2ブログ
2014-06-26 17:10 | カテゴリ:スポーツ全般
ネットのニュースで、次の様な記事が出ていました。サッカー評論家セルジオ越後氏の論評です。
<以下記事内容>
----------------------------------------------------------------------
海外組を持ち上げすぎたツケ
日本には勝って欲しかったけど、別にショックとは思わない。僕の評論をずっと読んでくれていた人も、今日の結果については理解できると思う。今まで幾度となく世界とはまだ差があると言い続けてきたから。
だが多くのメディアは警告するのを忘れてきた。コロンビアの1軍が2人ぐらい登場しただけで、こてんぱんに負けてしまうという現実を。警告どころか、海外でプレーしているだけで選手を持ち上げ、偽りのスターを作り上げてきたつけが回ってきたんだ。本当の海外組とは、コロンビアのロドリゲス(フランス1部モナコ)のような選手のことを言うんだよ。
この惨敗を4年後の糧にしなければならない。今大会、アジアのチームは全滅だ。アジアで勝った、負けたって、そこで威張ってどうする。もっとお金をかけて海外に出て、いろんな国と勝負しなければ、強豪国には勝てない。
何より明日からはメディアの姿勢が問われる。ニセの海外組をチヤホヤせず、みんなで反省して、伝える側もレベルを上げていかなければ、4年後もまた同じことの繰り返しだと思う。
140626-0001.jpg
-----------------------------------------------------------------------
ここからは、私の感想ーーー
まさに的を射たコメントだと思うね。私も全く同じようなことを常日頃感じていて、今回の日本代表はメディアや周囲の関係者、ファンなどに持ち上げられ過ぎた感が非常に強い。確かに選手達も、それなりの実績や海外経験を積み重ね、自信を付けてきたことは否定しない。しかし、日頃の親善試合や強化試合とW杯の本番とは、全く違う次元の勝負なのである。欧米や中南米のチームと強化試合や調整試合で善戦したとしても・・それは本気度がまるで違う話だ。そこを見誤ると、今回のような結果に陥るのではないだろうか。自分たちの能力を過剰に評価する・・いわゆる「ハロー効果」っていうやつかな。実際の実力以上に評価されれば、プレッシャーもかかるだろうし、結果が逆だった場合の落ち込み方は・・そりゃもう悲惨としか言いようがない。今回は、全くそのドツボにはまった形の代表的な例だと思うね。むしろ本番以前の3試合は、全敗して臨んだほうが少しは良い結果に結びついたのかも知れない。そこは、神のみぞ知る・・ところではあるが。まあ、次の4年後を目指して新たなチーム作りを始めるのは良いことだが、今回の結果の総括無くして・・次はないと思うね。東京都議会のセクハラやじ騒動みたいに、うやむやな結論で幕引きはして欲しくない。何が本当の意味での敗因だったのか・・厳しい辛辣な意見を真摯に受け止めて、再出発につなげて欲しいと願うばかりだ。責任は選手達ばかりではない!

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://aohiba.blog81.fc2.com/tb.php/1482-81662467