FC2ブログ
2014-06-16 18:48 | カテゴリ:ニュース-気になる話題
【ニュース記事】
サッカーワールドカップ2014が開幕し、日本の初戦が2014年6月15日に行われた。試合は本田圭佑選手の見事なシュートで、対戦相手コートジボアールに1点リードで前半終了したものの、後半に2点を奪われ敗北を喫した。
テレビを見ていた人たちはもちろんのこと、現地入りしていたサポーターも落胆したに違いない。だが、現地サポーターはマナーを忘れなかったようで、その行動が海外で大きな話題になっている。サポーターはスタジアムを後にする前に、ゴミ拾いを行っていたのである。このことをW杯の情報を伝えるTwitterアカウントは「CLASS ACT(一流の人を意味する)」と称賛しているのだ。
CLASS ACT
日本サポーターがゴミ拾いをしている画像は、‏@WorIdCupProbsという Twitterユーザーが投稿したものだ。「日本のファンは試合の後に、彼らのいたスタンドのゴミ拾いをしていた」と、伝えているのである。これを見た海外のネットユーザーは次のように反応している。
海外ネットユーザーの反応
「アメリカ人にこの種の振る舞い​​を学ぶことができれば」
「彼らの礼儀だ。私たちは、彼らの行動から学ぶことができるのではないだろうか」
「彼らの文化と教育を賞賛したい」
「素晴らしい」
「素晴らしい..尊敬する」
「メキシコ人は自国の選手がプレイしていないときでも、すべてのゲームで掃除すべき」
「イングランドのファンはこれを見て学べ」
……など、評価する声が相次いでいる。このことを報じるMetro.co.uk は、「大抵試合に負けたサポーターは会場を汚したり、ひどい場合にはスタジアムを損壊するケースがある」と伝えており、この行動を「現代のサッカーゲームでは珍しい光景」と評している。
140616-0003.jpg
---------------------------------------------------------------
【マイコメント】
素晴らしいね、日本人サポーターは。日本には、昔から良い"ことわざ"があります。「立つ鳥、あとを濁さず・・」まさにコレを実践したという話ですね。敗戦でムシャクシャしているにもかかわらず、礼儀とマナーをわきまえた行為に・・現地のメディアが大絶賛!同じ日本人として、誇りに思います。審判のジャッジが、どうだのこうだの言う前に・・悔しかったら真似してみろ!・・と言いたい。(^ー^)


管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://aohiba.blog81.fc2.com/tb.php/1467-14ed9c37