FC2ブログ
2013-11-30 19:35 | カテゴリ:ゴルフー練習日記
今日も暖かかったので、お昼前に練習場へ出かけてきましたよ〜。土曜日だけに、練習場に着いたときには混んでましたが・・丁度よいタイミングで練習客も引けて行きましたね。今日も200球を打ちました。(^ ^;)

今日は、早速「右手のゴルフ」を実践です。なかなか直に上手くは行きませんが、少し打ち続けるとイメージが分かってきますね。そっくり物まねでなくとも・・自分のスイングの中に、イメージが出来ればいいんです。重要なことは、右手だけではなく・・左手とのバランスが大事だということ。飛距離は右手、方向性は左手・・。このバランスなんですね〜。

特に力を入れて練習したのは・・フェアウェイウッドとユーティリティ。それ以外のアイアンやドライバーは、普段通りの自分のスイングが・・そこそこに出来ていましたね。疲れる前に、10球程度思った通りの球が打てれば・・そこで練習は終わりです。良いイメージは、崩れる前に温存するのが秘訣ですね。(笑)

さて、問題のフェアウェイウッドとユーティリティですが・・私、日によって好不調の波があることに悩んでおりました。飛距離の出ない者にとって、FWやUTが得意になることは・・パー奪取への欠かせない必要条件だと思います。シニアの多くは、そういう悩みを抱えているのではないでしょうか。ゴルフにおけるショットで大事なのは・・2打目3打目なんですね〜。練習場で、FWやUTに多くの時間を割いている方は・・きっと同じ思いでいる方に違いないと思いますね。

で、打ち方のポイントなんですが・・①ストロンググリップと②テークバック時に左足の膝を前に出す・・この2点だけ。ここを修正したら、見違えるように出玉が安定するようになりました。打感もいい感じです。不思議なもんですね・・スイングとは。チョットのことで、ヘッドの軌道や入射角が正しくなって、捉まえられる打ち方になるんでしょうね・・。私にとって、左足の膝を体の前に出す動き(内側に折れない)も・・良い結果に作用するみたいです。恐らく、間接的にクローズドスタンスみたいな感じになり、左の壁を意識しやすくなるんでしょうね・・。ここで、右手と左手の程よいバランス感覚が生み出されることになります。ただし、必要以上のトップを意識すると・・引っかけの原因にもなるので要注意ですね。(自分の反省より)

今日は風も弱く暖かい陽気で、とても良い練習ができました。課題だったFWやUTの修正も出来たし、結果も満足だったし・・早くコースで自分の技倆を確かめたい気分で一杯です。でもね、来春までは我慢、我慢・・。それまで、もっともっと練習を積んで・・さらに熟成した赤ワインのごとき味(技)を蓄えておきましょう。ワインは・・腐るチョット前に蔵出しするのが、一番美味しいんですわ!(ナイス・チョットの謎)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://aohiba.blog81.fc2.com/tb.php/1387-bff20ce8