FC2ブログ
2013-11-30 10:29 | カテゴリ:ゴルフの話題
IMG_0726 のコピー

「右手のゴルフ」・・片山晃氏著。最近書店で買い求め、いま読んでいる本です。これまで左中心のゴルフをやってきましたが・・その理論と発想に興味が湧きました。内容全てを丸々受け入れるのは難しそうですが、共感できる部分は取り入れて練習してみようかと思ってます。少し、(高松)志門流に似たところも・・あるのかな?

ゴルフのスイング理論は・・教える側によっても千差万別。教わる側にとっても、習得するルートは様々です。要は、その人にとって感性が合う合わないの問題もあるのではないでしょうかね。一つの技術を習得するには・・いろんな角度から、惜しみない努力を積み重ねて達成されるものだと思いますね。「ローマは一日にしてならず・・」です。ゴルフの神様は、努力する者には上達への「試練」と「褒美」を与えます。その繰り返しで、ゴルファーは真の実力が身について行くんでしょうね〜。ゴルフ本来の楽しみ方とは・・「試練と褒美の繰り返し」を味わうことではないかと、最近思い始めました。自分の中でのゴルフ哲学は、少しずつ日進月歩していくようです。

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://aohiba.blog81.fc2.com/tb.php/1386-727ff34b