FC2ブログ
2013-11-28 12:36 | カテゴリ:ゴルフースイング考察
最近、コースに行けなくて・・悶々としている毎日です。でも、時々練習だけは欠かさぬようにしています。このところ、鳥カゴ練習場でする練習と言えば・・主にアプローチばかり。体力のロスを極力抑えて、スイングバランスを確認するだけに留めています。とは言っても・・やはり、少しは長尺クラブでスカッと球を打ちたいのがゴルファーの人情というもの。少しだけ、DRやFWの練習もしております。

DRに関しては、概ね自分のスイングスタイルが固まっているようなので・・チェックポイントさえ失念しなければ、大体真っ直ぐ飛んで80点くらいのショットが打てるようになりました。問題はFWなんですが、こちらは日によって・・まだ不安定だったりしますね。ややフック系が強く出たり、トップしたりすることがあるようです。調子の良いときは、しっかりと振り切ったレベルスイングが出来ているので問題ありませんが・・調子が悪いというより、疲れが出始めると・・どうもグリップに力が入り過ぎて、ヘッドアップが早くなったり、バランスが悪くなって手打ち傾向に走るみたいです。右手の返し(リストターン)も、上手く使えていないんでしょうね。結果が悪いのには・・必ず原因がありますね。

そしてアイアン系はと言いますと・・こちらはある程度良いイメージがキープ出来ているように思います。ミドルアイアン、ショートアイアン共に、スリークオーターショットが身に付きはじめました。テークバックのバランスと、丁度良いトップの位置(大きすぎても、小さすぎてもいけません)をイメージすれば・・概ね大きな失敗は、なくなりました。私の場合ですが、トップを抑え気味にすることでバランスが良くなったようです。メンタルって・・大事ですね〜。

いずれにせよ、ゴルフで大事なことは・・軸、軸なんですよね〜。失敗する時って、大体が下半身が動く(ぶれる)からなんですね〜。俗に言う「スエー」というヤツなんですが・・これが誠に厄介なんです。自分じゃそのつもりじゃなくても・・ほんの少し、無駄に動いてるんでしょうね。無駄に動く原因となるのが、一つは腕に溜まる力みにあるんだと思います。力むと、いろんなミスが出始めるので注意しなければなりませんね。私のスエー防止策ですが、テークバック時に右足股関節を少し内側に入れてやる動きをすることで、右軸の安定を図っています。これ、結構良いんですよ〜。ねじれ作用でヘッドが走る効果にも繋がりますしね・・。そして、飛ばそうとする意識さえ捨てられれば、理想に近いスリークオーターショットの完成になります。方向性とミート率も格段に向上すると思います。まずは、脱力を意識することがナイスショットへの第一歩ですかね。(最近の練習から)

おこがましくも、またまた持論の押し売りをしてしまいました。特にコーチや誰かに教わったことでもないので、確かな根拠はありませんが・・練習から習得した実感なので、そこそこ使える理論だと思います。何かのヒントにでもなれば嬉しいですね。最後は、自分の努力あるのみ・・それがゴルフ上達の道というものでしょう。ゴルフって、楽しいですね!(^_^)/

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://aohiba.blog81.fc2.com/tb.php/1384-415506d9