FC2ブログ
2013-10-25 08:18 | カテゴリ:オヤジのぼやき
【ニュース記事】
阪急阪神ホテルズのメニュー偽装 鮮魚は冷凍、キャビアはトビウオの卵、九条ネギは青ネギ
阪急阪神ホテルズ(本社・大阪市)は22日、運営する8ホテルなどにある計23店舗で、メニュー表示と異なる食材を使った料理を提供していたと発表した。販売期間は2006年3月から今年9月で、利用客は延べ7万8775人に上る。景品表示法などに抵触する可能性があるとして、同社は消費者庁に報告した。
提供したのは47品目で、返金額は約1億1千万円分と見込んでいる。同社は申し出た客から状況を聞いた上で返金する。
発表によると、「第一ホテル東京シーフォート」のレストラン「グランカフェ」では12年4月~今年7月、冷凍保存した魚を「鮮魚」として提供。「大阪新阪急ホテル」のバー「シィーファー」では11年6月~今年7月、パーティー料理で「九条ねぎ」と表示しながら一般的な青ネギなどを使用。宴会場のパーティー料理でも11年4月~今年7月、表示食材を芝海老(えび)としながら安価なバナメイエビに替えていた。「手捏(ご)ね煮込みハンバーグ定食」で既製品を提供したり、「自家菜園サラダ」を別ルートの野菜で出した例などもあった。
131025-0001.jpg
--------------------------------------------------------------
【マイコメント】
偽装表示は中国の専売特許とばかり思っていたが・・日本の信頼ある大手ホテルグループでの偽装表示は、誠にいただけませんな。記者会見での説明を聞いていたけど、「偽装」じゃなくて・・「誤表示」だと。いい加減にせい!・・と言いたいですな。素人の誰が聞いても分かるような、苦しい言い訳にしか聞こえませんわ。社長以下、経営者達の答弁が・・何とも情けないこと。腹が立ってきました。内部調査(告発)で明らかにならなければ、しばらくず〜っと続いていたんでしょうな・・。
まあ昨今のご時世では・・大きなホテルといえども、経営上の黒字化は困難な課題。安い食材を仕入れて儲けを出さなければ、やって行けないことは重々分かります。厳しいんでしょうな〜。しかし、知名度あるホテルやレストランが、偽って(知っていて)誤表示や誇大表示をしては・・いけませんわ。信用、丸つぶれ!遅かれ早かれ、経営陣は引責辞任することになるでしょう。
問題は、最近流行の大袈裟な「産地表示」にあるのかも知れません。高級化、差別化を意識するあまり・・ついつい安易な方法で客の獲得に走ってしまうのでしょう。我々も、騙されないようにしなければなりませんな。それと、現場担当者のモラル。このくらいなら分からない・・とか、見つからなければいいだろう・・とか言う意識。もし仮にそれが本当なら、お客を馬鹿にした愚行であるとしか言いようがありませんわ。れっきとした詐欺に当たります。謝罪、返金は当然ですな!
要は、偽装とか誤表示をしなければいいんです。食品担当者の吟味力を上げればいいんです。安い食材を使っているが、リーズナブルな値段で本物の味を提供すればいいんです。なぜ、そんなことさえ分からないんですかね?そうすりゃ・・こんな問題は起こらないはずだ!そうでしょ・・。

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://aohiba.blog81.fc2.com/tb.php/1355-8f4382ab