FC2ブログ
2013-09-03 17:42 | カテゴリ:小次郎パパの徒然日記
ゴルフの友人に「羅漢果(ラカンカ)」というものをいただいた。初めて見聞きする・・摩訶不思議な食物(植物)である。叩いてみると・・乾燥した空っぽの私の頭のようである。おいおい・・。(汗;)

IMG_0625 のコピー

原産地は、中国広西チワン族自治区の桂林の西南部に位置する永福県、融安県、臨桂県で、この3県で世界の産出の約9割を占めるそうだ。だからどうなんだ?・・という話であるが、これが又健康志向サプリ、医療効果等にも効き目があるらしい?・・と来ているから、ちょっと聞いて行きなよ、お立ち会い!(^ ^;)

そもそも、その名の由来であるが・・原産地において特殊な薬効をもつ実であることから、仏教の聖人賢者である羅漢のようだということで名付けられたとも、まん丸の実が剃髪した羅漢の頭に見えるからとも言われている。薬効を発見した清朝の医師の名にちなんで付けられたという説もあるらしい。何せ、あの中国のことであるから・・定かなことは分からないが、非常に興味を引くユリ科の植物なのである。

なぜ興味が・・とお思いかも知れないが、ご承知のとおり、小生昨年あたりから肺の病に犯され、昨今ではひどい咳き込みにも悩み続けている有り様。何とか咳や痰の軽減だけでも出来ないかという思いで、親愛なる友人(奥様、上海出身の中国人)がネットで見つけて私に教えてくれたというわけである。有り難いですわ!

で、その効用とやらなんですが・・ネットのとある情報では、以下のように記されております。
ー薬用としてー
「モグロシドなどの成分単体、あるいは羅漢果の抽出物についてその薬理作用の解析も行われており、すでに健康食品として販売しているところもあるが、その具体的な薬効についてはまだ十分には解明されていない。
中国においては、経験的に喉や肺を潤し、鎮咳作用があることが知られており、日本においてものど飴に抽出物を添加しているものがある。また、便秘解消の効果もあるとされる。」

くどいようだが・・まあ、何せあの中国のことだから、どこまで信憑性のある情報かは分かりません。ただ、我が友人が言うには、数日間飲み続けただけで夜中の咳き込みが無くなった・・とか、中国で肺炎が治った患者がいると聞いた・・とか真剣に仰います。なら、一応・・信じてみるかということで、本日より試飲開始します!(^ ^)v

IMG_0626 のコピー

処方を聞いて、早速に作ってみたところ・・なんとまあ、グロテスクな凄い黒褐色の飲み物になりました。甘い香りがして、何となく薬草汁の感じさえあります。中味を知らなければ、ちょっと勇気が要りそうですわ・・。(笑)
飲みやすくするには冷やして飲んだほうが良いと言われたので、仰せの通り氷を入れてストレートで・・「ファイト〜・・一発!」のノリで飲んでやりました。意外と・・飲めますね。初期の青汁よりも、飲みやすいと思いました。けっこう甘味が強くて・・。私感ですが、方程式で言うと・・黒糖とコーラの甘さを足して、人工甘味料で割った味・・とでも言いましょうか。とにかく、摩訶不思議な甘さです。コーラも、最初はそうだったような・・。

折角なので、しばらく飲み続けてみようと思います。届けられた友人の好意を無にするわけにも行きませんし、漢方と思えば・・「良薬口に甘し」で、全然OKです。これで咳き込みが緩和されれば・・渡哲也に船村徹です!(なんのこっちゃ?)あ、渡りに船・・と言いたかっただけね。早速に冗談が出るようじゃ・・けっこう効き目、アルカポネ!(^ ^;)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://aohiba.blog81.fc2.com/tb.php/1318-332fca97