FC2ブログ
2013-06-30 12:52 | カテゴリ:ゴルフースイング考察
昨晩、息子がアイスのお土産を家族分携えて帰ってきました。どうやら、翌日の早朝練習に連れて行って欲しいというシグナルなのでしょう。親子だけに・・以心伝心、皆まで言うな!ですね。(^ ^)v

で、早速今朝は二人でいつもの鳥カゴ練習場に行ってまいりました。日曜だけに混んでいると思いきや・・意外と空いてましたね。隣同士の打席で、親子ゴルフレッスン会の始まりです。息子は、来週の日曜日に会社のゴルフコンペがあるとかで、250球を一生懸命打ち込んでおりました。久しぶりの割には・・まずまずかな?ある番手などは、私よりも上手く打ってるじゃない〜!(^ ^;)今日は、特別アドバイスすることも少なかったです。

しかし、スイングというのは・・本当に難しいものです。調子が良いと思っていたら、突然どこかが狂い出し、変な当たりが出始めます。あーだこーだ考えながら、いじくりだしたら・・さあ大変!もう、何が何だかわけワカメ状態に陥りますわ。ほんのチョッとしたことなんですけどね〜。そんな時には、基本チェックポイントの確認です。

全ての番手で、打ち方の基本はみな同じだという人がいますけど・・私は少々異論有りです。やはりドライバーやフェアウェイウッドなどの長尺ものと、短いアイアン系のクラブとではスイングイメージが違うと思うんですね。器用な方は、ある程度どんな打ち方でも出来るかも知れませんが、私はそれほど器用でもないので出来ません。今日は、最初アイアン系が良くて、ウッド系がダメでした。しばらく打ち込んでその原因を考えましたが、やはりアドレスの形と重心のかけ方に問題ありと判断しました。ボールを置く位置も重要です。特にスイングする際の重心配分・・これには要注意ですね。自分じゃニュートラルに立っているつもりでも、どこかバランスが悪くなってヘッドが早く落ちてしまうことが多かったです。そうなると、ダフリ、引っかけ・・いろいろ出ます。構えは、大事ですね。修正後は、概ね改善されて良い当たりが出るようになりました。

あとボールを置く位置について。今日は、いつもより体から遠めに置いていたみたいです。ほんのわずかな距離の差なんですが、これが意外とスイングに影響しますね。何だか芯を食わないな〜と思っていたのですが、ボールを半分くらい内側に置いて気持ちよく当たるようになりました。グリップが体から放れ過ぎていると、ダウンスイングで元の位置に正確に戻らないため、自分で無意識にスイングを調整してしまうのでしょうね。不自然な感じがする時は、必ずどこかが狂っている証拠です。スイング軌道やグリップだけでなく、立ち方、構え方、ボールの位置などが正しくなければ、クラブヘッドに良い仕事をさせることが出来なくなります。そんなことを、改めて再確認した今日の練習でした。さて、問題はコースで思いだせるか否かなんですけどね。

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://aohiba.blog81.fc2.com/tb.php/1257-e7ab2bb7