FC2ブログ
2013-06-17 22:29 | カテゴリ:ニュース-気になる話題
【ニュース記事】
J・ローズが全米オープン制覇!松山英樹は10位フィニッシュ!
<全米オープン 最終日◇16日◇メリオンゴルフクラブ(6,996ヤード・パー70)>
ペンシルベニア州にあるメリオンGCで開催された、米国男子メジャー「全米オープン」。トータル1オーバーでホールアウトしたジャスティン・ローズ(イングランド)がイングランド勢として43年ぶりの全米オープン制覇を果たした。
単独首位からスタートしたフィル・ミケルソン(米国)は4つスコアを落としトータル3オーバーでジェイソン・デイ(オーストラリア)と並んで2位タイフィニッシュ。ミケルソンはこれで全米オープン6度目の2位となった。
日本勢で唯一予選通過を果たした松山英樹は、この日全選手中ベストタイとなる“67”をマークしてトータル7オーバーでホールアウト。初の全米オープンで10位タイフィニッシュを決めて、来年の全米オープン出場権を獲得した。08年以来のメジャー制覇を狙ったタイガー・ウッズ(米国)はトータル13オーバーの32位タイで4日間を終了した。
130617-0001.jpg
-------------------------------------------------------------
【マイコメント】
ゴルファー実力世界一を決める全米オープンが、4日間の熾烈な戦いを終え幕を閉じました。勝利の栄冠を射止めたのは、英国人のジャスティン・ローズ選手(32)。アマ時代から非凡な才能を有し、プロゴルフ界に颯爽と現れた英国の貴公子です。プロ転向後、なかなかメジャーで勝てなかったようですが、今回が初のメジャー制覇。PGAツアー上位常連組ながら、今回の1勝は実に大きな1勝となりました。彼のショットは、凄みさえ無いものの・・常に安定したスイングで美しささえ感じますね。これぞ正しく、英国紳士風のスイングと言った感じです。勢いをつけた英国の貴公子は、次なる全英OPの舞台でもきっと活躍してくれることでしょう。

しかし、悲運のチャンピオンとは・・フィル・ミケルソン選手のことを言うのでしょうね。え、何ですか・・6回目の2位?3度目の正直ならぬ・・6度目の正直も無かったわけですから、本当にこの大会にはツキが無いと言うしかありませんね。今回も、最後の土壇場で・・泣きました。今日も、良い感じでパッティングはしてましたが・・ほんの僅かなところでカップをかすめていくショットが多かったですね。グリーンが難しいこともあるでしょうが・・あれは、正にツキが無い証拠です。ゴルフの神様も、彼には幸運を与えなかったようです。

そして松山選手。堂々たる10位Tの成績です。最終日をベストスコアの67でまわり、本当によく頑張ったと思います。いや、彼はただ頑張るだけでなく、何か天性の勝負運といいましょうか・・勝負強さを持ち合わせていると思いますね。プロでやっていくには、技術のみならず・・それが一番大事だということでしょう。体力的にも、欧米人に引けを取っていないし、世界で通用する器を備えています。近い将来、もっともっと世界の舞台で活躍することを信じたいですね。来年の全米OP出場権も手にし、世界ランキングも大きくランクアップ(47位?)させて、日本への凱旋帰国が待ち遠しいところです。サッカー、ボロ負けだったけど・・ゴルフで少しストレス解消したかな?(^_^)/

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://aohiba.blog81.fc2.com/tb.php/1248-960a6b0c