FC2ブログ
2012-12-12 08:31 | カテゴリ:オヤジのぼやき
昨日、不在者投票に行ってきましたが・・思いの外、期日前に投票する方の多さにビックリ。それだけ、今回の(も)国勢選挙戦には関心があるということの表れでしょうか。まあ、国民の義務と権利でもあるわけですから・・しっかりと見極めて審判を下したい。

で、いつも思うことだけど・・日本の選挙制度には疑問が残りますな。AKB総選挙の「じゃんけん」に沸くというのにも疑問有りですが。(笑)小選挙区で地域の代表を決めることに意義はありません。しかし、問題なのは・・比例代表制。これって、殆どの政党議員が掛け持ち(二股とも言います)で立候補者の名簿に名を連ねております。自民やみんなの党首などは、一応メンツもあるので小選挙区のみ。ところが、民主党(他の小政党も同じ)は全ての小選挙区候補者が比例と掛け持ち。現総理も同じくです。そうすると、小選挙区で落選した人が比例名簿の順位次第では当選になるという仕組みになってます。当然、比例の順位が問題になってきますわな。特に、下位名簿順の方は・・。小選挙区では、当選させたい人を選ぶという反面、当選させたくない人を選ぶという意味もある訳です。それが復活する仕組みとなると・・いかがなものかなと思いますな。小選挙区で破れた方の順位は、少なくとも比例一本で立候補する方の下位に位置づけるべきです。一票の格差是正だけでなく、選挙制度全般に対して改善すべき多くの不具合点が目に付きます。国民の代表たる人間は、あくまで人物本位であるべきだと思うのですが・・。そんなことを感じているのは、私だけでしょうか?

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://aohiba.blog81.fc2.com/tb.php/1098-f7ab5c45