FC2ブログ
2012-08-13 13:17 | カテゴリ:小次郎パパの徒然日記
那須から帰って来て、昨日まで4連ちゃんの仕事でした。
連日の早朝勤務で、少々疲れ気味です。おまけにオリンピック観戦で寝不足も相まって・・。(-o- )
オリンピック・・終わっちゃいましたね〜。日本のメダル獲得数・・38個で過去最高だとか。よく頑張りました!

IMG_0198 のコピー

今日明日と連休なので、久しぶりに練習場へ行ってきました。ここは、自宅から至近距離の本格練習場。いつも行く鳥カゴ練習場ではありません。お盆休みに入ったせいか、平日の割には練習に来ている人が多かったですね。早朝(05:00〜09:00)は打席料がかからないので、200球を打ちました。

最近、ショットの調子が良くなってきていると前にも言いましたが・・今日も全ての番手を満遍なく打ってみて、概ね良い感じで打ててます。本格的にゴルフを始めて2年と8ヶ月。やっと自分のスイング(形)を掴み始めたような気がしますね。スコアのほうも、このところ私にしては落ち着いていることが多いです。(欲が出なけりゃね!)要するに、ショットは再現性があるかないかが大事なポイントで、アドレスが良ければ・・結果は◎です。
もちろん、「力み」は御法度で、スイングに専念することは言うまでもありませんが・・。

そう、そこなんですね〜。「スイングする」ことこそが、ショット安定の答なんだと再確認した練習でした。日にちを空けても、なんら違和感はありません。とにかく、両肩の関節を緩くして、ひたすらスイングに集中すること。あわせて、両足の軸をぶれさせないこと。テークバックでは右足太もも内側の筋肉で上体の捻りを支え、インパクト後は左足太ももの外側で壁を作る感じと言えば良いのでしょうか・・。フィニッシュの形を数秒間取れれば、間違いなくナイスショットの出る確率は上がりますね。スイングプレーンが良いと、クラブは自然と収まるところに収まるものです。イメージ的には、クラブは縦に振るんじゃなくて、横に振る感じでしょうか・・。前傾姿勢の分があるので、ちゃんとスイングプレーンは形成されます。

私の理想は、ミッシェル・ウィー(女子プロ)のフィニッシュ(形)で、クラブトップは真上を向いて収まる感じです。そうするほうが、上体はよく回りますね!あと、アドレスでのハンドファーストのグリップ位置。これが結構大事なポイントなのかもしれません(私の場合ですが・・)。自然体で構えた位置よりやや左に出します。そうすることで、インパクトのイメージがより強く感じられ、スイングプレーンも正しい軌道で弧を描いて降りてくるのだと思いますね。右肩が落ちやすくなるのも防げます。偉そうなことを言いますが、私はそういう風にイメージしながら練習してショットの改善を果たすことが出来ました。うまくボールが掴まらないときは、少し多めに重心を左足にかけたり、上体をほんの少し左に起こすように意識して調整を試みます。まあ大体、これでOKですね!あとの大きな問題は、打つ場所(ライ)です。実際には、これが一番厄介な問題なのですが・・。

まあ、今日も一日そんなことをいろいろと考えながら楽しく練習してまいりました。コースで上手く行ったこと、失敗したことなどを思い出しながら・・。(;-・。・-;)

管理者のみに表示する

トラックバックURL
→http://aohiba.blog81.fc2.com/tb.php/1040-04974ccd