-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-07-29 20:51 | カテゴリ:ニュース-気になる話題
【ニュース記事】
エアバス、大型機の納入契約解除=スカイマークに違約金請求へ
欧州航空機大手エアバスは29日、スカイマークに大型旅客機A380型機を6機納入する契約の解除を通告したと発表した。スカイマークが予定通りに代金を支払えないため納入延期を求めたが、交渉が不調となった。エアバスは「契約に基づくあらゆる権利を行使する」と、違約金の支払いを求める考えだ。
スカイマークは2011年、エアバスとの間でA380の購入契約を締結した。しかし、14年3月期決算が5期ぶりの赤字となり資金調達力が悪化したため、4機の購入を無期延期し、残る2機も半年から1年程度先送りすることを提案。スカイマークによると、両社は31日を期限に交渉していたが、27日にエアバスから契約解除の通知が届いたという。
違約金は数百億円に上るとみられる。スカイマークの西久保慎一社長は29日記者会見し、支払いに応じる構えを示したが、エアバス側の要求額については「ちょっと多すぎる」と述べ、交渉によって減額を求める考えだ。交渉が難航すれば、訴訟に発展する可能性がある。エアバス側に前渡し金として支払った265億円は「戻る可能性が薄い」という。
140729-0001.jpg
<絵に描いた餅・・ならぬ、飛行機>
------------------------------------------------------------
【マイコメント】
大体、予想していたことが起きたようですな。当初から、どうも話が大きすぎるような気がしていたのですが・・やっぱりね。元々、A380を6機購入して国際線に投入するなんて・・無理無謀な計画だったんですね〜。大手のJ社やA社だって見送った機種なのに・・。社会情勢の判断も悪く、航空業界を甘く見過ぎてやいませんか!これは社長の経営責任が問われる問題かと思いますよ。(ワンマンだからなぁ〜)エアバス社にしたって、一方的な自社都合で契約破棄でもされたら・・そりゃ困るし、怒りまっせ!一番の理由は、恐らく資金調達能力に不安を感じたのでしょうね。
違約金の支払い額に関しても、けっこう大きな額なので・・経営の根幹を揺るがす自体に発展しかねないとも限りません。さて、取引銀行は支払金(違約金)を融資してくれるのでしょうかね・・。危ないな・・この会社。(-_- )
スポンサーサイト
2014-07-28 13:22 | カテゴリ:小次郎パパの徒然日記
今日は自動車運転免許証の更新に行ってきました。一日で効率的に終わらすため、幕張の免許センターまで朝イチで。月曜でも結構混んでましたが、早く行ったおかげで比較的順調に手続きを終えることが出来ました。講習時間の30分を入れて、約1時間半で終わりました。費用は、講習代+印紙代で計¥3100也。まあ5年間の使用料と思えば・・妥当な金額ですかね。

IMG_0188.jpg

写真は、安全講習開始前の教室内です。100名の定員が一杯になったところで講習が開始されます。講習中に携帯やスマホの使用があった場合には、即退場させると驚かされました。まあ、当然ですけどね。そんな方は、一人もいませんでしたが・・。

IMG_0189.jpg

今回更新すれば、次回は平成31年の誕生日。元気でいられれば良いのですが・・ひょっとすると、今回が最後の更新になるかもです。なるべく頑張って、運転が続けられる体でいたいと思ってますが・・さて、どうでしょうか。

とりあえず、面倒な更新手続きは無事に終わりました。あとは、安全運転ですね!(^o^)
2014-07-27 10:02 | カテゴリ:小次郎パパの徒然日記
今更ですが・・今日7月27日は、家内の6?回目の誕生日。

永年連れ添ってきただけに、一応感謝の気持ち(だけ)を伝えておきましょう。

「ありがとうね〜。それから、今後ともヨロシクです!」<(_ _)>

140727-0002.jpg

そこで一句・・きみまろ風で。

「古女房 昔乙女で いま太め」

あははは・・。何にも感謝になってないな!(^_^;)
2014-07-26 21:19 | カテゴリ:グルメ
今回は、那須の隠れた銘菓を紹介します。那須といえば、洋菓子とかラスクなどに目が行くと思いますが・・地元の和菓子も、なかなか評判のいいものが多いですね。商品とは、信鶴堂の「かりんとう饅頭」。西那須野塩原ICを下りて赤田工業団地方面へ走ると、道路沿い比較的近いところにお店があります。表面カリカリで、中のこし餡がしっとりで・・良く考えられたコンビネーションかと思います。地元の知人に頂いたものですが、本当に美味しかったです。

IMG_0186.jpg

日にちが経つと、表面のカリカリ感が多少柔らかくなってくるようです。その場合は、オーブントースターで軽く焼くと、また香ばしい感じが戻ってきますね。かりんとう好きな和風甘党の方には、お薦めの商品かと思いますね。材料は純国産なので安心して食べられます。(^o^)

IMG_0187.jpg

元あんこ型の私から、隠れた銘菓の紹介でした。(^_^)v

2014-07-26 19:49 | カテゴリ:小次郎パパの徒然日記
【ニュース記事】
猛暑:35度以上が231地点 今年最多に
日本列島は26日午後も北海道を除いて全国的に厳しい暑さに見舞われた。午後5時現在、全国927観測地点のうち、35度以上の猛暑日が全地点の約2割に当たる231地点、30度以上の真夏日が約7割に当た702地点となっている。いずれも今年最多を記録している。
猛暑日となっている主な地点は滋賀県東近江市38.8度▽兵庫県豊岡市、福井県小浜市38.7度▽京都市38.3度▽福井県美浜市38.1度▽鳥取県米子市、富山市38.0度−−など。このうち東近江市と小浜市、美浜市は観測史上1位の値を、京都市も7月の1位の値を更新した。
気象庁は38都府県に高温注意情報を出し、熱中症にかからないよう注意を呼びかけている。
140727-0003.jpg
---------------------------------------------------------
【マイコメント】
今日もうだるような暑い一日でしたね。自己防衛の点から、私は一歩も外へ出ることなく一日を過ごしました。家の中でエアコンをかけっぱなしでも、外の暑さが伝わってくるような感じでした。このところ、毎日のように光化学スモッグ警報が発令されております。熱中症対策には十分注意しなければなりませんね。
また、今日は「隅田川花火大会の日」です。去年は酷い雷雨で中止になっただけに、今年は去年の分まで皆期待していることでしょう。幸い風も弱く、絶好の花火日和になりました。暑い夜は、生ビール片手に・・花火で納涼気分を味わうのが一番ですね。日本の夏・・いろんな意味で、キンチョーします!(^_^;)
2014-07-26 19:16 | カテゴリ:オヤジのぼやき
【ニュース記事】
回収食品を再出荷=「期限切れ肉」会社―中国
中国メディアによると、上海市当局は26日、期限切れ肉を供給していた上海市の「上海福喜食品」がいったん出荷して戻ってきた食品を、生産日や包装を替えて再出荷していたことを明らかにした。
報道によると、上海福喜は2013年5月に生産した薫製風味の肉餅(中国式ミートパイ)について、生産日を今年1月に改ざん。さらに「味わい肉餅」という名称に包装を替えて再出荷した。計4396箱を出荷し、3030箱が既に販売されたという。
----------------------------------------------------------
【マイコメント】
いやはや・・凄い会社と国ですな。ここまで来ると、もう居直りとしか言いようがないね。さすがにパッケージの商品名は変えているようだが、これって・・食品法違反にならないのですかね?(法律があったとしても、守るような国でもありませんが・・)まあ、実害がでるまで続けるんでしょうな・・。まさか日本には入ってこないと思うけど・・凄い、いや〜凄すぎる。I(°0°)I 
2014-07-26 05:22 | カテゴリ:オヤジのぼやき
【ニュース記事】
「後期」改め「熟年高齢者」? 厚労相、呼称変更に一案
65~74歳は「前期高齢者」。75歳以上は「後期高齢者」。田村憲久厚生労働相は25日の記者会見で、一部で批判もあった呼び方を変える工夫がないか、知恵を絞っていることを明かした。一例として「前期」を「若年高齢者」、後期を「熟年高齢者」とするアイデアを挙げた。
田村氏は、年配の人から「(呼び名が)よろしくない」という声もあることに言及し、「(名称変更を)検討していく」と述べた。甘利明経済財政相とも話しあっているといい、関係者に意見を聞いて変更するかどうか考えるという。
「前期高齢者」や「後期高齢者」という名称は、2008年度から使われている。特に「後期」という呼び方に「冷たい」といった批判があった。
-----------------------------------------------------------
【マイコメント】
厚労省も大臣も、つまらんことに時間を割いているんですな。最初に「前期」だとか「後期」だとか言うネーミングにしたのが、そもそもの間違い。人の人生を、一方的に行政上の区別で分けるなよ・・と言いたいね。しかも、センスが全くない。だから不評のあおりを食らうんですわ。今の時代にマッチしたネーミングじゃありませんな。役人にまかせると・・大体がこうなる。
仮に何らかの区別をしたいのであれば、シンプルに「シニア」と「グランドシニア」で良いんじゃないですかね。そのくらいの英語なら、これからのお年寄りは誰でも分かると思いますよ。そのほうが、誰も疎外感を感じないし、抵抗感も無い。まあ、私の主観ではありますが・・。
そんなことより、医療費や保険料の負担を少なくしたり、年金支給のシステムを見直したり(高齢になるにつれ、段階的に削減する)するほうが・・よっぽど理にかなった温かい施策だと思いますな。そんな、皆が皆・・90〜100歳まで生きられるわけでもあるまいし。大事なことは、制度の中身です。ハッキリ言って・・名前なんか、どうでもよろしい!(あらら、また朝からボヤいてしまった・・)
2014-07-25 20:21 | カテゴリ:ニュース-気になる話題
【ニュース記事】
マックが中国産チキンを全面的に販売中止 全量タイ産に、消費者の不安受け
中国・上海の食品加工会社「上海福喜食品」が使用期限切れの鶏肉を出荷していた問題で、日本マクドナルドは25日、中国製のチキン商品の販売を全面的に中止すると発表した。同日から実施した。同社は、鶏肉については中国とタイから調達しているが、今回の問題を受け、消費者の中国産鶏肉への不安が高まっているとして、全量をタイ製にすることにした。
鶏肉を使用しているメニューは「チキンマックナゲット」「チキンクリスプ」「チキンタツタ」など8種類。店舗によっては、特定のメニューで中国産のみを扱っていることもある。その場合は、タイ産の鶏肉が届くまで販売を休止する。
同社のサラ・カサノバ社長は今回の決定に関して「上海福喜食品の件を契機に当社の中国製チキン商品に対する懸念が高まっていることを受け、この決定をした。私たちにとって、お客様に提供する食事とブランドに対する信頼が何よりも大切だ」との内容のコメントを発表した。
---------------------------------------------------------
【マイコメント】
マックが中国製チキン商品の取扱を停止した。これは賢明な判断かと思いますね。安全に関しては超敏感な日本市場だからこそ、あえて厳しい選択をしたのでしょう。経費面や調達ルートなどを考えれば、確かに中国という国には経営的な魅力があります。ファミマのCEOが言う(中国内で信用できる他社を探す)ことも、ある程度理解はできます。しかし、二度にわたって「食の安全」を根底から裏切ったわけですから・・何らかのペナルティを課さねば、消費者は納得しないでしょうね。それが「不買」という形で示されたのだと思います。代わりにタイからの輸入増加で対応するとのことですが、信用しないわけじゃありませんが・・やはり検査だけはしっかりと実施してもらいたいものです。要するに、絶えず検査の手を緩めないと言うことです。「食の安全」を維持するためには、生産ルートの信頼性と働く人間(経営者も含む)のモラルにかかっていると思います。そのいずれかが機能しなくなると、信頼というのは・・いとも簡単に崩れ落ちてしまうのでしょうね。「安かろう悪かろう・・」というレッテルを貼られないためにも、安い輸入品を扱う外食産業やファーストフード店には、食材の見極めや選定をしっかりとやってもらいたいですね!(消費者は信用するしかありませんので・・)
2014-07-24 10:32 | カテゴリ:小次郎パパの徒然日記
今年も、抽選日までの「夢」を買いました。(^_^;)

R0010814.jpg

いつも¥300しか当たった試しがないけど・・。
2014-07-24 10:05 | カテゴリ:ニュース-気になる話題
【ニュース記事】
中国、大量の希少ウナギ対日輸出…規制の欧州種
ワシントン条約で絶滅の恐れがある生物に指定され、2010年12月以降、欧州が輸出を禁じているヨーロッパウナギ(欧州ウナギ)が、中国から日本に大量に輸入されていることが分かった。
中国が規制前に欧州から稚魚を仕入れていたとしても、稚魚が3年半以上養殖されて出荷されるのは不自然だとして、水産庁は中国政府に対し、適正な輸出かどうか調査を求める方針を固めた。ウナギの養殖期間は国内では1年程度。これまで中国は同庁に対し、平均2年と主張し、「10年にフランスから輸入された稚魚(シラスウナギ)が13年に成鰻(せいまん)で出荷されることはありうる」と説明してきた。
説明通りなら3年7か月以上の養殖となるが、あるウナギ専門店は「2年目は硬くなり、食用に適さない」とする。養殖池の経済効率から長期間の養殖はあり得ないとする指摘もあり、水産庁も「養殖期間があまりに長い」と判断。養殖から出荷までのトレーサビリティー(履歴管理)がしっかりと行われているのか、中国に対し詳細に聞く方針だ。
140724-0001.jpg
--------------------------------------------------------
【マイコメント】
今度はウナギですかいな・・。ウナギは生きているので腐ったりしないでしょうが、ワシントン条約違反の疑いのあるものを堂々と輸出するとはね・・。中国の輸出業者だけでなく、日本の業者もちょっと考えんといかんね。ルールを守らないことに対しては、厳正に対処するよう望むばかりです。
しかし、ウナギといえば・・確かに夏の代表的な美味しい食べ物です。日本人は昔から「土用の丑の日」にウナギを食べるのが習慣になっています。「暑い夏を乗り切るには、ウナギを食べて精をつけよう!」・・こんな言葉が自然と定着している日本ですが、まさか外来種を食べさせられるようになるとは思いもよりませんでした。
以前、東京の神田でお昼のランチに「うな丼」を食べたことがありました。丼からはみ出すくらいのウナギが乗って¥980とは安いな〜・・と思って注文したのですが、食べてみると肉厚だけど旨味はないし脂っこいばかり。食べなきゃよかったと後悔するも、後の祭り・・。きっとあれも中国産だったんでしょうね。ウナギは、やっぱり国産でスレンダーなほうが旨いね。少々値段が高くても、安心安全なものを少し食べたほうが満足感が残ります。仮に高くて食べられなくなったとしても、良いじゃありませんか。それこそ、食べなくても死ぬわけじゃないので・・。(笑)うな丼を食べるとき、最低¥2000以上は覚悟したほうがいいね!(^O^)
2014-07-23 13:21 | カテゴリ:オヤジのぼやき
【ニュース記事】
期限切れ肉、組織的犯行か=食品会社幹部証言―上海紙
中国の食品会社、上海福喜食品が消費期限切れの肉を使った製品をマクドナルドなどに納入していた問題で、上海市食品薬品監督管理局は22日までに、同社が組織的に不正を行っていた証拠をつかんだもようだ。
22日付の上海紙・新民晩報によると、管理局は期限切れ原料の使用を指示する文書を押収。同社の品質管理責任者も調べに対し、工場長以上の関与を認めたという。同社の統括会社であるOSI中国は21日に出した声明で、問題は「個別の出来事」と主張し、会社ぐるみの不正を否定していた。
上海市当局によると、管理局は22日までに、市警察当局と共に進めている調査で、上海福喜の違法事実を暫定的に確定した。違法製品はチキンナゲット、ミニステーキ、豚ハンバーグなど5種類で、中国国内ではマクドナルドやピザハット、セブン―イレブンなどが使用していた。
-----------------------------------------------------
【マイコメント】
またまた中国の食品偽装が明るみに・・。ここまで来ると、全く悪質そのもので容赦することは出来ませんな。もともとモラルのない国の食品を、日本企業がなぜ使うのかが分かりません。安いから?でしょうが、安けりゃ何でも良いというわけには行きません。「食べても死にゃしない・・」なんて言いぐさがありますかね!私は、なるべく中国産の商品は口にしないようにしてます。一度中国産のウナギを買って、えらい目に遭いましたから。しかし、今や巷には中国産の食材が溢れんばかり・・。こうした背景には、日中の経済関係が根深く存在しているのでしょうが、日本企業にも多少の責任はあるでしょうね。安易に利益を追求したツケが回ってきたということです。が、この問題に限らず・・偽装が日常茶飯事に行われている国の製品を扱うことは、これからもかなりのリスクを考えておく必要があるでしょうね。食品検査は厚労省管轄(消費者庁かな?)にまかせるしかありませんが、個人的には極力「不買」で対応しようと思います。とにかく、中国製品の全てが・・信用できん!自分の身は自分で守るしかありませんわ。ホントに・・。(`ε´)
(ここからは、単なるぼやきね)
文化の違いについて思うこと。中国と日本との決定的な違いは何か?まず日本人には「恥を知る文化」といいますか・・古来より「恥を知れ」とか「恥知らず」とかいう言葉があります。要するに、相手に対して非礼や不作法な振る舞いがあったときなどには、必ず「謝意」の言葉や態度が示されます。普通は・・。ところが中国人はどうでしょう?自分に非があったとしても、まずまともに謝ることはしませんよね。たとえ自分が間違っていても、「ゴメン」とかいう言葉は、絶対に発しません。欧米諸国にもそうした傾向は見られますが、一応「モラル(常識)」はあるので・・さほど問題にすることもないでしょう。しかし、こと中国とか北朝鮮に限って言えば、とにかく自分たちに都合の悪いことは・・「誤魔化し」、「しらばっくれ」、「居直り」、「恫喝」などで強い態度に出るだけです。とどのつまりには・・逃げます。(何も喋らなくなります)これは、自分が以前仕事でよく中国に行ったときに経験済みです。彼らの持っている「恥を知らない文化」・・これこそが根源なんですね。プライドだけは人一倍強く、相手に屈することを好まない。しかも、言動不一致。「偽装」に関しても、感覚は同じなんでしょうね・・。別に大した問題じゃないし、それがどうした?・・程度のことなんでしょう。いかに大国だと言えど、世界の常識をわきまえない国は・・世界から笑いものになるだけですわ。悪いことは悪いと謝る・・まず、そこから成長して欲しいもんだね!オッス。
2014-07-22 12:19 | カテゴリ:小次郎パパの徒然日記
【ニュース記事】
関東甲信で梅雨明け 本格的な夏到来
きのうの九州北部、近畿、東海地方の梅雨明けに続いて、きょう22日午前、関東甲信地方も梅雨明けの発表があった。昨年より16日遅く、平年より1日遅い梅雨明けとなった。
関東甲信の梅雨の時期の降水量は、平年値を上回った所が多く、宇都宮では2倍、熊谷や前橋は1.7倍、東京も1.5倍と平年の降水量を大きく上回った。
きょうの関東地方は、晴れる所が多く、気温は30℃以上まで上がって真夏の陽気になる。熱中症に引き続き注意が必要だ。群馬や栃木などの山沿いでは、にわか雨や雷雨になる所がある見込みだ。
140722-0001.jpg
---------------------------------------------------------
【マイコメント】
予想通り、関東甲信地方も今日梅雨が明けました。昨年より16日遅いとのことですが、平年比ではまずまず妥当なタイミングなんでしょう。しかし、梅雨時の総雨量としては・・けっこう降ってるんですね。
さあ、これからが夏本番。夏男、夏女の人たちにとっては、嬉しい季節がやってきます。海に山に・・今年も楽しい思い出がたくさん出来ることでしょう。良いですね〜。ただし、私にとっては要注意な季節となります。薬の影響があるので、紫外線に当たることはご法度。帽子にサングラス、マスク、長袖、日焼け止め・・と、怪しく暑苦しい格好をしなければ外出が出来ません。従って、エアコンの効いた部屋でウダウダする毎日となりそうです。健康な人が羨ましいですね!😔
2014-07-21 10:53 | カテゴリ:エンジョイ那須生活
今日で那須の山荘ともお別れです。今回は、8日間のんびりと過ごすことが出来ました。
一応、当初の予定は全て済ませることが出来たので良かったです。ヤレヤレ・・。やっぱり、自然の中は良いですね〜・・癒されます。

DSC00172 のコピー

庭を眺めてお茶を飲んだり、小鳥がやって来るのを観察したり・・。
都会では味わえない、贅沢な時間なのかも知れませんね。

DSC00171 のコピー

一つ可愛そうだったことは・・煙突から薪ストーブに迷い込んだ(と思われる)シジュウカラが、今朝死んでいたことです。恐らく、この庭で巣立った鳥なんでしょうね。丁重に、庭の隅に葬ってあげました。

DSC00174 のコピー

アジサイがまだ綺麗に咲いています。今度来るときは、もうこの姿も見られないでしょうね。
いよいよ明日くらい関東も梅雨明けでしょうか?これから暑い夏がやって来ます。また来月も、自然のエアコンが効いた涼しい那須高原に来たいものですね。(^。^)
さてと、そろそろ帰り支度でもするとしますか・・。
2014-07-21 07:52 | カテゴリ:ニュース-気になる話題
【ニュース記事】
マキロイが史上3番目の若さでメジャー3勝目! 松山&小田は39位
順位 選手名 通算 合計
1 R.マキロイ -17 271
2 S.ガルシア -15 273
2 R.ファウラー -15 273
4 J.フューリック -13 275
5 M.レイシュマン -12 276
5 A.スコット -12 276
7 C.シュワルツェル -11 277
7 E.モリナリ -11 277
9 Sh.ローリー -10 278
9 G.マクドウェル -10 278
ロリー・マキロイ(北アイルランド)が、全英初制覇でメジャー3勝目を飾った。3日目までに通算16アンダーと後続に6打差をつけ、記録的大勝も期待されたマキロイは4バーディ、3ボギーの「71」と伸び悩んだものの、通算17アンダーとして、リッキー・ファウラー、セルヒオ・ガルシア(スペイン)の追い上げをかわして逃げ切った。
初日から単独首位を守り抜く完全勝利。2011年「全米オープン」、12年「全米プロゴルフ選手権」以来となる25歳77日でのメジャー3勝は、ジャック・ニクラス(23歳181日)、タイガー・ウッズ(24歳171日)に続く史上3番目の年少記録となった。
通算15アンダーの2位にファウラーとガルシア。ファウラーは6月「全米オープン」に続くメジャーでの2位タイフィニッシュとなった。13アンダーの4位にジム・フューリックが入った。
イーブンパーの38位タイから出た松山英樹は5バーディ、4ボギーの「71」で回り、通算1アンダー。また、3オーバーの58位から出た小田孔明が8バーディ、1トリプルボギーの「67」をマークして同じ通算1アンダーまで巻き返し。決勝ラウンドに進出した2人の日本勢はともに39位タイだった。
ウッズは最終日「75」とし、通算6オーバーの69位でメジャー復帰戦を終えた。
140721-0001.jpg
---------------------------------------------------------------------
【マイコメント】
いや〜、大したもんですわ。初日から首位の座を明け渡すことなく、堂々の優勝。しかも、あわやメジャー最少スコアの記録達成か?・・という期待も抱かせましたよね。最終日こそ−1で終わりましたが、3日目までは他の選手を寄せ付けない圧倒的なゴルフで、真の強さを見せつけました。彼は、時々爆発的な強さを見せてくれますね。突然崩れたりもするのですが、今回は最終日まで集中力が途切れなかったようです。しかも、勝ち方を知っているような風格さえ感じます。25歳の覇者は本当に強い、いや〜強い!
その強さの理由なんですが・・やはり、基本的な体力の違いなんですかね。体幹と言いますか・・体の作り方が。マキロイだけにあらず、アダム・スコットなどの上半身の筋肉の付き方は尋常ではないですね。見ましたか?あの筋肉の盛り上がり方。しかも、柔らかい・・。フルスイングして、あれだけピタッと止められるんですから、そりゃもう下半身も含め・・日頃から相当な鍛錬をしているのでしょう。並みの選手とは練習量と質の違いを感じますな。松山選手も、日本人としては恵まれた体力ではあると思うけれど、まだまだこれから更に鍛える余地はありそうな気がします。絞ると言いますか・・研ぎ澄ますような感じになれば、もっと野武士的な強さでパワーアップが図れるのではないかな。まだまだ22歳の若者ですから、将来性に期待しましょう。近い将来、きっとメジャー制覇を成し遂げてくれると信じて・・。
それにしても、最終日の小田孔明選手は、−5とよく頑張ったなぁ。あとは経験値でしょう。もっとメジャーに挑戦させてやりたいね。ルックスはともかく、ふてぶてしさはメジャー級ですから・・。(おっと、失礼!)
そんなことを思ったりした、この4日間でした。(^_^;)
2014-07-19 19:45 | カテゴリ:グルメ
DSC00164.jpg

栃木和牛・・。

A5ランク・・。

ホンモノは、やっぱり美味しいね♪(^_^)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。