-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-06-30 08:50 | カテゴリ:スポーツ全般
先日記事にした、私の勝手なW杯決勝トーナメント予想(ベスト8)ですが・・。

今のところ、4試合・・全てドンピシャ当たってますね〜!(^O^)v

さて、このあとの後半4試合も・・バッチリ当たるかな〜?

当たったら、HNを「ダフ屋のオヤジ」にでも改名すっか・・。(笑)

140630-0001.jpg
スポンサーサイト
2014-06-29 19:36 | カテゴリ:ゴルフの話題
毎週日曜の朝に放送されている、BSジャパンの「ゴルフ侍、見参!」。今日も楽しくテレビで観戦させてもらいました。実際にコースに行けなくなったので、せめてテレビで楽しむようにしています。
今日は、HC1の侍がレッスンプロの中島弘二氏に挑戦!・・という設定でしたが、やっぱりプロはお上手ですね。68歳といえど、しっかりとした基本に忠実なスイングで大きく崩れませんでした。マッチプレーのポイントは、相手に弱みを見せないことです。いくら素晴らしいスイングをしたところで・・ここ一番でミスショットをしてしまってはどうしようもありません。短期決戦なので、自分のリズムを早く作ること。そして、我慢のゴルフが出来ること(相手に先にバーディ取られても焦らない・・)。自分から先に崩れない。そのあたりが勝負の分かれ目だと、改めて感じた次第です。

IMG_0158.jpg
IMG_0156.jpg
IMG_0154.jpg
IMG_0150.jpg

戦いの場所は、千葉県成田市にある「グレンオークスCC」。私も過去に一度プレーしたことのあるゴルフ場なので、懐かしく思い出してしまいました。確か、ベントグリーンが大きくて、アンジュレーションもきつかったような記憶があります。
そして、気になったのが侍のアイアン。何と、私の愛用クラブ(HONMA BERES MG700)と全く同じではありませんか・・。侍の濃いキャラはあんまり好きではありませんでしたが、クラブの嗜好が一緒なので・・ちょっとだけ愛着が湧きました。天丼屋のオヤジだと言ってましたので、さぞかしテンプラショットが多いと思いきや・・案外ショットはまともでしたね。(^_^;)あはは・・。ゴメンなさい。

結局勝負は、16番ホール終了時でプロの勝ち。中島プロの、真面目で温厚な性格がよく画面に現れていたと思います。ああいうレッスンプロには、習ってみたいものですね。ゴルフでも何でもそうですが・・最後は一生懸命になる「人の姿」に魅力を感じるものです。
2014-06-29 15:10 | カテゴリ:治療報告
先日26日に東京のN病院へ行って来たのですが、医師からの薦めもあって・・とうとう自宅で酸素吸入器を使うことになりました。最近は、少し歩いただけでも息苦しくなって来るので、心臓への負担軽減も兼ねての選択です。あ〜あ、ついに私も病人らしくなって来ましたな・・。(´。`)

IMG_0148.jpg

写真左が自宅設置用の「ハイ・サンソ(商品名)」で、右は外出用の携帯ボンベ型酸素吸入器です。よく街で引いている人を見かけますよね。自宅用は、常に室内の空気を濃縮型酸素に作り変える機能が付いていますので、量的な使用の心配はありません。医師から指示された流量調節が可能になっています。(安静時0.5L/分、労作時1.0L/分)ただし、外出用は1本で約18時間(流量1.0L/分に設定)しか持ちませんので、小旅行などでの長時間使用にはやや心配なところです。スペアーボトルは必携になりますね。

R0010798.jpg

実際にはカニューラという吸引部を鼻に装着して使用しますが、ちょっと写真でお見せできないところはお許し願います。まあ見てもしようがありませんけどね・・。(笑)で、これを装着すれば楽になるかと言えば・・う〜ん、微妙ですね。気持ちそのような感じもしますけど・・顕著な効果は、今のところ無さそうです。でも、これ(携帯用)を使用しながらゴルフにも出かける人がいると聞けば・・しばらく信じて使ってみるしかないでしょう。「溺れる者は・・酸素に頼る」心境で!(^◇^;)
冗談はさておき、日常生活の中で少しでも呼吸が楽になればと期待しています。益々嵩む医療費ですが・・まあ仕方ないところかな。やはり、健康は宝ですね!
2014-06-28 23:25 | カテゴリ:ニュース-気になる話題
いよいよ明日から、W杯決勝トーナメントが始まりますね。残念ながらアジア組は全て姿を消しましたが、勝ち残ったベスト16は・・さすがに強者揃いです。その顔ぶれたるや・・以下のとおり。

140628-0001.jpg

今回は、中南米の活躍が目立ちますね〜。16チームのうち5チームが南米で、北中米を入れると・・なんと半数をアメリカ大陸が占めているじゃありませんか。開催国のブラジルはともかく・・やっぱり近隣国は力が入るんですかね?今年は、どうやら南米>欧州の図式になっているような気がします。が、果たして栄冠に輝くのは・・いずれの国になるのでしょうか。

全くの素人の勘ですが・・私なりにベスト8、ベスト4を予想してみたいと思います。当たればサッカー評論家としてデビューしたいと思います。(ははは・・冗談ですよ!)
朱色○印はベスト8、黄色□印はベスト4の勝ち残り国です。

優勝の本命は、アルゼンチン。対抗はブラジルと読みました。オランダ、ドイツも流れ次第では・・。さて、素人予想は当たるかな〜?

2014-06-28 14:31 | カテゴリ:グルメ
IMG_0149.jpg

とらやの・・珈琲入り練羊羹。
ちょっと変わり種商品だったので、試しに買ってみました。
珈琲の風味が、よく染み込んでいます。
案外・・美味でした〜♪(^o^)

2014-06-28 09:39 | カテゴリ:ニュース-気になる話題
【ニュース記事】
<スピード違反>145キロで緊急走行…パトカーに赤切符
赤色灯を点灯しサイレンを鳴らしてもスピード違反で赤切符--。京都府警高速隊員が運転するパトカーが兵庫県内の高速道路で緊急走行中、速度違反自動監視装置(オービス)に速度45キロ超過と測定され、兵庫県警に道路交通法違反(速度超過)容疑で検挙されていたことが27日、分かった。府警は5月中旬、このパトカーを運転していた20代の男性巡査長を所属長訓戒、同乗の40代の男性巡査部長を本部長注意とした。警察庁によると、緊急走行中のパトカーが速度違反で検挙されるのは極めて異例という。
道交法では、交通違反車両の取り締まりや凶悪犯の追跡など、警察車両の緊急時最高速度の超過を例外的に認めているが、検挙した兵庫県警では「現場に早く到達しなければならない緊急性があるなら、他府県警と連携すればよいことで、速度超過の正当性はない」と判断。3月14日に神戸区検に書類送検し、同区検は同25日に不起訴処分(起訴猶予)とした。府警監察官室は「再発防止に努める」とコメントした。
-------------------------------------------------------------------------
【マイコメント】
パトカーが緊急走行中にスピード違反で捕まることがあるんですね〜。しかも、規定速度があるなんて・・知りませんでした。今回の事例は、京都府警の車両が兵庫県の管轄エリアで起こしたケースのようですが・・なかなか厳しい判断のようです。規則に則った処理と言えばそれまでですが・・緊急時に果たして府県警間の連携が(記事にあるように)スムーズに行くのかどうか?それと、犯罪車両を取り逃がすことがないのかどうか?官民問わず公明正大にやることは必要ですが・・時と場合によっては柔軟に対応することも大事なのではないかと思いますね。ただ単に、管轄(縄張り)意識だけにこだわってなければ良いのですが・・。杓子定規に処理判断をするのが役人の常套手段です。まあ、どうでもいいですが・・ちょっと斜目で考えてしまいました。
2014-06-26 17:10 | カテゴリ:スポーツ全般
ネットのニュースで、次の様な記事が出ていました。サッカー評論家セルジオ越後氏の論評です。
<以下記事内容>
----------------------------------------------------------------------
海外組を持ち上げすぎたツケ
日本には勝って欲しかったけど、別にショックとは思わない。僕の評論をずっと読んでくれていた人も、今日の結果については理解できると思う。今まで幾度となく世界とはまだ差があると言い続けてきたから。
だが多くのメディアは警告するのを忘れてきた。コロンビアの1軍が2人ぐらい登場しただけで、こてんぱんに負けてしまうという現実を。警告どころか、海外でプレーしているだけで選手を持ち上げ、偽りのスターを作り上げてきたつけが回ってきたんだ。本当の海外組とは、コロンビアのロドリゲス(フランス1部モナコ)のような選手のことを言うんだよ。
この惨敗を4年後の糧にしなければならない。今大会、アジアのチームは全滅だ。アジアで勝った、負けたって、そこで威張ってどうする。もっとお金をかけて海外に出て、いろんな国と勝負しなければ、強豪国には勝てない。
何より明日からはメディアの姿勢が問われる。ニセの海外組をチヤホヤせず、みんなで反省して、伝える側もレベルを上げていかなければ、4年後もまた同じことの繰り返しだと思う。
140626-0001.jpg
-----------------------------------------------------------------------
ここからは、私の感想ーーー
まさに的を射たコメントだと思うね。私も全く同じようなことを常日頃感じていて、今回の日本代表はメディアや周囲の関係者、ファンなどに持ち上げられ過ぎた感が非常に強い。確かに選手達も、それなりの実績や海外経験を積み重ね、自信を付けてきたことは否定しない。しかし、日頃の親善試合や強化試合とW杯の本番とは、全く違う次元の勝負なのである。欧米や中南米のチームと強化試合や調整試合で善戦したとしても・・それは本気度がまるで違う話だ。そこを見誤ると、今回のような結果に陥るのではないだろうか。自分たちの能力を過剰に評価する・・いわゆる「ハロー効果」っていうやつかな。実際の実力以上に評価されれば、プレッシャーもかかるだろうし、結果が逆だった場合の落ち込み方は・・そりゃもう悲惨としか言いようがない。今回は、全くそのドツボにはまった形の代表的な例だと思うね。むしろ本番以前の3試合は、全敗して臨んだほうが少しは良い結果に結びついたのかも知れない。そこは、神のみぞ知る・・ところではあるが。まあ、次の4年後を目指して新たなチーム作りを始めるのは良いことだが、今回の結果の総括無くして・・次はないと思うね。東京都議会のセクハラやじ騒動みたいに、うやむやな結論で幕引きはして欲しくない。何が本当の意味での敗因だったのか・・厳しい辛辣な意見を真摯に受け止めて、再出発につなげて欲しいと願うばかりだ。責任は選手達ばかりではない!
2014-06-26 16:16 | カテゴリ:PC&デジタルグッズ
SONY DSC-RX100M2の専用カメラケースを買いました。本日、商品が到着〜♪
いつも革ケースが定番になっていましたが・・。今度のは、コレ!(SUONOの布製)基本的に、カメラを保護する機能のみの製品です。色は、気分でチャコールグレイにしました。(^o^)

R0010784 のコピー

ネットで受注生産する商品なので、注文から到着まで約10日近くかかりました。出来映えは、予想以上に◎で大変気に入っております。欲を言えば、外側にベルト留めが欲しかったですね。カメラを中に入れた状態は・・こんな感じです。もちろん、専用ケースなのでピッタリサイズになってます。オプションのアタッチメントグリップ(AG-R2)を装着した状態でも、中にしっかりと収まります。

R0010786 のコピー

布製ケースの良いところは、カメラ本体に傷をつけない優しいところですかね。布の材質も、少し厚めで縫製もしっかりしてるようです。内側にSDHCカード2枚を入れるポケットが付いていますが、通常32GBのカード使用なので・・まず使うことは無いでしょうね。少し価格が高かった(約¥5500/送料込み)のですが、満足度も高めなので・・今回の買い物は良しとしましょう!(^_^;)v

R0010789 のコピー
2014-06-25 07:33 | カテゴリ:スポーツ全般
朝早く起きて、W杯日本✕コロンビア戦を観戦しましたが・・。残念!日本4−1で負けちゃいましたね。あ〜あ、これでGL敗退が確定しました。(ノД`)シクシク
決勝トーナメント進出は、コロンビアとギリシャで決定です。

140625-0001.jpg

しかし、終わってみれば順位はFIFA世界ランキングの順番通り・・。やはり実力通りということなんでしょうね。それにしても、ギリシャはよく頑張ってひっくり返したよなぁ〜。日本が勝っていれば2位に食い込めたのだけれど・・。タラレバを言っても始まらないので、潔く現実の結果を受け止めることだと思いますね。また一から出直しですが、未来に希望を持ってやり直しましょう!

日本に足りないところは・・やはり「決定力」かな?ゴール前までボールを持ち込んで入っていけるのだけど・・攻めが遅いし、パスの正確性も今ひとつ。シュートに至っては、数が多くても・・精度が悪けりゃ話になりませんわ。(大久保よ、頼むからシュートは地面に向かって蹴ってくれ!)攻守の切り替え時にもミスが多いので、結局相手に一瞬の隙をつかれてカウンター攻撃を食らう・・。このパターンで、大体やられてますね。何ともストレスの溜まる試合でした。前半ロスタイム終了間際に放った、岡崎選手のヘディングシュートだけが唯一光りましたね。あとは全部ダメ!前に出る気持ちだけでは、なかなかゴールには繋がりません。世界との差を、まざまざと見せつけられたW杯の戦いでした。ザッケローニもこれで契約満了なので、次の新しい監督の下でチーム作りをやって欲しいと思います。個人的には、ラモスあたりにやって欲しいんだけど・・ね。どうかな?
2014-06-24 11:12 | カテゴリ:小次郎パパの徒然日記
最近、よく「LINE」アプリを使うようになったのですが・・何となく分かったような、分からないような・・。きっかけは、息子の彼女のお薦めアプリからでした。いわゆる翻訳会話アプリ(韓国語←→日本語)なんですが、言葉が分からなくても、大体の意思疎通が出来る・・っていう便利な代物です。時代は変わりましたね〜。我々の若い頃とは、まるで月とすっぽん・・提灯に釣り鐘・・ですわ。(^_^;)

確かに、無料通話(プリペイド式の有料通話もある)とかトークなどは便利で有り難いツールですね。でも、便利な裏には注意しなければならないこととか・・いろいろあるんですよね〜。ニュースでも「LINE」に関係した犯罪やトラブル等が時々報じられていますし、問題はその使い方かと思います。最近は低年層の子供達がよくトラブルに遭っているようですが、親の責任もあるのではないかと思いますね。

DSC00094.jpg

で、その正しい使い方なるものを学ぼうという向上心(?)から・・本屋でLINEの活用書を買ってきました。きちんと内容を把握したいというのが・・我々古い世代の悲しい性なのではないでしょうかね。あ〜、世代間の違いを感じるなぁ〜。こう言うのって、あまり理屈をこねてやるもんじゃないんでしょうな・・。(´ー`)
とりあえず、ちょっと勉強してみるかっ!
2014-06-23 09:51 | カテゴリ:ニュース-気になる話題
【ニュース記事】
女性都議へヤジ、抗議1千件 自民、発言者特定せぬ意向
東京都議会で晩婚化や晩産化の対策について質問した塩村文夏(あやか)都議(35)が、「自分が早く結婚すればいい」と男性都議からヤジを飛ばされた。ウェブ上で「セクハラだ」と議論が高まり、都議会には1千件を超す批判が殺到した。最大会派の自民は、発言者を特定せず幕引きを図ろうとしている。
-------------------------------------------------------------------
【マイコメント】
東京都議会での「セクハラ・ヤジ問題」が、大きな波紋を生んでいますな。日本国内だけでなく、広く欧米社会からも批判を浴びているようだ。今まさに「人権問題」が世界的にも注目されている中、こうした不用意で軽はずみな発言というのは・・決して許されるものではないと思うね。民間企業でさえ、日常的にコンプライアンスやセクハラ問題について意識調査なるものをやっているのだから・・公務員であり、しかも都民の代表である議員さんがこれでは・・本当に困ったものだ。自民党も、所属議員が関わっている(?)ことから、穏やかに傍観するというわけにも行かないだろう。みんなの党側からは、録音テープによる声紋鑑定も請求されたことだし・・いよいよ犯人探しが始まったという感じかな?主犯(ヤジった奴)は一人でも、複数犯(周りで同調した奴)の可能性が大であることから、実際犯人特定まで至るかどうか・・。しかし、何らかの「けじめ」は付けないといけないな。さあ、都議会議長さん・・どうする?

2014-06-22 18:03 | カテゴリ:小次郎パパの徒然日記
本日、別ブログ「コンデジ片手に・・」を開設しました。

主に、写真を中心とした軽めのブログです。(これから少しづつアップします)

リンクからも閲覧できますので・・お暇なら〜見てよね♪(*^_^*)

2014-06-22 17:29 | カテゴリ:ニュース-気になる話題
【ニュース記事】
竹谷がツアー初優勝 男子ゴルフ・森ビル杯
男子ゴルフの今季国内メジャー第2戦、日本ツアー選手権森ビル杯は22日、茨城・宍戸ヒルズCC西(7402ヤード=パー72)で最終ラウンドがあり、首位から出た竹谷佳孝がスコアを四つ伸ばして、通算17アンダーでツアー初優勝を果たした。18番で李尚熹(韓)に並ばれたが、ホールアウト後、11番でパットのラインを指で押さえつける規則違反があったとして、李に2罰打が科された。
140622-0001.jpg
--------------------------------------------------------------------
【マイコメント】
最終日の最終組、バーディラッシュで白熱した後半ハーフとなりました。最後はプレーオフと思いきや・・予想外の決着で、あっけなく判定負けでの幕切れでした。それにしても、竹谷選手はよく頑張りましたね〜。上がり2ホールはさすがにプレッシャーがかかったのか、連続ボギーでヒヤヒヤさせてくれました。でも、それまでの彼の冷静かつ精確なショットは見事でしたよね。特にパッティングが素晴らしい・・。どこかのプロに見習ってもらいたいほどです。この調子を維持できれば、しばらくツアーでその存在感を示すのではないでしょうか。34歳にして、国内メジャー初優勝。まずは、おめでとうと言っておきます!(^_^)v
しかし、競技委員というのは・・よく見てるんですね。問題のシーンは、11番ホールのグリーン上での出来事でした。その時指摘しないで、ホールアウトしてからビデオ判定するとは・・。一見意地悪なようにもとれますが、選手に与えるメンタル的な影響を考えてのことでしょう。まあルールだから、仕方ないことなんでしょうが・・競技委員の判定は覆りませんね。李選手がどれだけ弁明しても・・ありゃ、どう見ても上から押さえつけているようにしか見えませんわ。最後は、潔く判定に従って2打罰を受け入れました。彼も素晴らしいプレーを見せてくれたので、その内また・・きっとチャンスは巡ってくることでしょう。新たな韓流エースが、また一人出現しました。
2014-06-21 13:40 | カテゴリ:ニュース-気になる話題
【ニュース記事】
迷宮入りのショット改善へ 石川遼が“米ツアー休戦”を検討
米国男子ツアー「トラベラーズ選手権」の2日目をイーブンパーの73位タイで出た石川遼は、予選カットラインの1アンダーを狙った終盤4ホールで3つスコアを落とし、通算3オーバーの114位タイで予選落ちとなった。
序盤からうつむきがちなプレーが目立った石川は、ティショットを左サイドの深いラフに打ち込んだ2番でボギーを先行させた。6番パー5で2オンに成功してスコアを戻したが「今日は1番からショットがおかしくて、どう修正していいか悩みながらのラウンドになってしまいました」と、ショットに不安を抱えたままのプレー。15メートルのバーディパットを決めた9番では、Vサインで右手を高々と挙げてギャラリーの声援に応えたが、続く10番のティグラウンドに立った時には再び険しい表情に戻っていた。
バーディとボギーを繰り返す一進一退で迎えた15番は、1オンも可能なパー4。ティショットを左に曲げて2オンにはなったものの、2メートルのパーパットは決まらない。続く、16番パー3では、グリーン手前のラフから2打目をピン2メートルに寄せたが、これも入らずボギー。さらに17番でもグリーン手前のフェアウェイから15ヤードのアプローチをピン手前1.5メートルに付けたが、「最後は集中力が切れてしまった」とカップにかすりもせず3連続ボギーで万事休した。
「状態が良いときはアドレスに入った段階でナイスショットが打てているんです。でも、今日はアドレスでそういう感覚が1回か2回しか無かったです。球が真っ直ぐに行くイメージがない」
ショットの悩みは解決に向かうどころか、この日1日でさらに深みにはまった状態だ。迷宮を抜け出すため、次週以降はしばらく米ツアーを離れることを念頭に、今後のスケジュール見直しを検討し始めた。
「試合の中で技術を磨くことも必要ですが、今は試合を離れることも必要なのかなと考えています。シーズン終盤の戦いをメインに考えたい」。
目指すのは、夏本番にやってくるビッグゲーム連戦と、自身初出場となるプレーオフシリーズ。万全で大舞台へ挑むため、いま踏むべきステップを模索する。
140621-0001.jpg
-------------------------------------------------------------------
【マイコメント】
石川遼選手が悩んでいる。まあ、このような成績が続いてるんじゃ・・仕方ないかな。それにしても、彼の良さは一体どこへ行ってしまったのだろう。今の状態は、もがきあがいているとしか言えないな。ショットが好調だとしても安定しない。パットも好不調の波がある。それに・・致命的なのは、毎試合ボギーの数が多すぎると言うこと!
いったん米ツアーを中止するという選択は、間違いではないと思う。彼自身にしてみれば、屈辱的決断であろう。いつも松山選手と対比されるわけだし、益々プレッシャーが積み重なっていたのかも知れない。つまり・・焦っていたと言うことだろうな。まあリセットして仕切り直しすることは、彼のこれからのゴルフ人生にも必要なことだと思うね。それに、これ以上彼の惨めな姿は見たくないし・・。彼のゴルフは、いつもキラキラと輝いたゴルフであって欲しいと願う。
2014-06-21 13:06 | カテゴリ:ニュース-気になる話題
【ニュース記事】
<ブラジルW杯>まだまだ弱かったアジア勢、日本、韓国含め総崩れー中国メディア
20日、新華網はサッカー・ブラジルW杯でのアジア勢の苦戦を報じた。日本をはじめアジア代表の4カ国はいずれも苦戦している。アジアと世界のレベル差が改めて浮き彫りとなった。
20日(日本時間)、日本代表対ギリシャ代表の一戦が行われた。初戦を落とした日本代表は必勝を誓って果敢に攻め立てたが、ゴールは遠く0対0の引き分けで終わった。退場者を出して10人となったギリシャ相手に決めきれなかったことで、日本のグループリーグ突破は極めて厳しい状況となった。苦しんでいるのは日本代表だけではない。オーストラリア代表は2連敗で敗退が決定。韓国代表とイラン代表は初戦こそ引き分けに持ち込んだものの、強敵との対戦を残している。
2002年の日韓W杯から12年。日本と韓国を中心にアジアサッカーは発展を続けてきたかに見えたが、ブラジルW杯は残酷な現実を明らかにした。アジアサッカーは欧州や南米の強豪には遠く及ばない。それどころかアフリカや北中米相手に互角に戦える水準にあるかも微妙だと言わざるを得ない。
-------------------------------------------------------------
【マイコメント】
中国メデイアに批評されるところが気にくわないが、全くその通りだと思うね。アジアのサッカーが力を付けてきたとは言え、欧州や中南米などの国とは・・まだまだ歴然とした力の差があるように感じる。まずは、その「スピード」と「技の切れ」だろう。彼らは、大柄な割りには動きも俊敏だ。持って生まれた天性の部分もあるだろうが、これは単に練習の積み重ねだけで得られるものではないと思う。恐らく、サッカーの伝統とか歴史とかが大きく影響しているのではないか。国を代表しているというプライドの面でも、彼らの勝負(ゴール)に対する執着心は並外れていると言えよう。言わば、スポーツを介した戦争みたいなものだ。勝てば英雄、負ければ戦犯者となる。
今回、ザックジャパンは、それなりによく健闘していると思うのだが・・。しかし、こと執着心とか闘争心にかけては、チームとしてまだまだ欧州や中南米の足下には及ばないと言えるだろう。体力的に不利な面もあるが、執着心や闘争心で負けていたら・・それはもう勝負にならないのが自明の理である。格好いいプレースタイルよりも、泥臭い野性味のあるプレーを期待したいものだ。お手本は、ウルグアイのスアレス選手だろう。彼のプレースタイルこそ、日本人の目指す理想ではないかと思う。本物の違いを感じさせる選手だ。しかし、レベルが違いすぎるか・・。
あと1試合、対コロンビア戦が残っているが、悔いの残らぬゲームを見せて欲しいね。テレ朝も放映権で首の皮一枚残った(消化試合の放映を回避)ことだし・・。勝ち点3を目指して、執着心を見せてくれ!ヘ(^o^)/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。