FC2ブログ
2014-05-13 10:13 | カテゴリ:スポーツ全般
【ニュース記事】
サッカーW杯:日本代表「主導権を握る」攻めのメンバー
スーツ姿で登壇したザッケローニ監督は神妙な面持ちで、W杯に連れて行く23人の名前を次々と読み上げた。「ブラジルに行って主導権を握ったサッカーをするには、このメンバーが正しいのではないか。代表が伸びている証しを本大会で残す」。チーム発足時から追求してきた攻撃的姿勢を反映させる人選となった。
欧州屈指の名門でプレーする本田と香川、今季ドイツ1部リーグで日本人歴代最多の15点を決めた岡崎を軸に、成長著しい若手の柿谷や大迫、昨季J1得点王のベテラン大久保らを加えた攻撃陣の迫力は代表史上最強だろう。
指揮官が葛藤を口にしたのはボランチの細貝(ヘルタ)を外した決断だ。屈強な選手がそろうドイツでも1対1で抜群に強い「守備職人」は貴重な戦力だったが、「相手に合わせるより、できるだけ自分たちのやりたいサッカーを出す」ため“最後の1枠”を攻撃陣に回した。
前回のW杯南アフリカ大会では過去最高に並ぶ16強入りを果たしたが、守備的に戦う道を選ばざるを得なかった。日本サッカー協会の原博実専務理事がザッケローニ監督の招聘(しょうへい)に踏み切ったのも、母国イタリアで異彩を放つ攻撃的戦術の使い手に、代表スタイルの「書き換え」を求めたからだった。
140513-0002.jpg
--------------------------------------------------------
【マイコメント】
ついにW杯2014日本代表メンバーが決定しました。まあ予想どおりに近いメンバーになったような気もしますが・・新旧交代の現れでしょうか、ベテラン駒野や準主力級だった細貝、前田、中村、ハーフナーマイクたちの名前が代表メンバーから無くなっているのが残念でしたね。監督が決めることなので、チームパフォーマンスを最も重要視した結果と言えるのでしょう。その代わりに、大久保が代表復帰したというサプライズもあったように思いますね。
前回のW杯2010で16強入りしたあと、日本のサッカー熱が少し冷めかかっていたように思います。苦戦続きや不甲斐ない試合が多かったことも、一般のファンが離れていった理由の一つではないでしょうか。日本人の性格で、熱しやすく冷めやすい・・というところもありますが、今年のW杯ブラジル大会では又日本中が一つになって熱い応援ができれば良いと思いますね。今回は、代表メンバー中約半数の12人が既に世界で活躍している「サムライ」です。FIFAランキングでは48位と下位になりますが、一人一人の実力たるや・・決して世界のスタープレーヤーの中でも見劣りするものではないと思います。日本人らしい粘りのチームプレーで、歴史に残る名勝負を繰り広げて欲しいと思いますね。決して勝負の道は穏やかでない・・。苦労の先にこそ栄光は待ち受けているのです。まずは決勝トーナメント進出に向けて、チーム一丸となることを願っています。頑張れ、サムライ・ジャパン!\(^o^)/
スポンサーサイト