FC2ブログ
2013-07-28 06:57 | カテゴリ:ニュース-気になる話題
【ニュース記事】
隅田川花火大会も土砂降りの雨、30分で中止に
東京の夏の風物詩「第36回隅田川花火大会」(隅田川花火大会実行委員会主催、読売新聞東京本社など協賛)が27日夜、墨田、台東両区の2会場で開かれた。
だが開始後まもなく土砂降りの雷雨となり、風も強かったため約30分で中止になった。始まってからの中止は初めて。再開催はない。
今回は2020年東京五輪招致の成功を祈願し、例年より2800発多い2万2800発が打ち上げられる予定だったが、実際に打ち上げられたのは約7900発にとどまった。五輪の輪や金メダルの色をイメージした「オリンピック花火」は、上流の第1会場でのみ予定通り打ち上げられた。
会場近くの東京スカイツリーも赤や緑、黄など五輪の色にライトアップされた。
主催者発表によると、両岸には約78万8000人の見物客が集まった。
130728-0001.jpg
--------------------------------------------------------------------
【マイコメント】
昨晩、歴史ある隅田川花火大会の様子がテレビ放映されましたが、なんと・・途中から無情にも雷雨となって中止となりました。自然現象には勝てませんが、あまりにも急な展開で・・観ている側にしてみれば、主催者、関係者、花火師さんたちの努力が、あまりにも気の毒に思えて仕方ありませんでしたね。観客の方たちも、ずぶ濡れになって大変だったことでしょう。あと1時間持ってくれていればね〜・・。司会の高橋英樹さんも、もう事態に呆れると言いますか・・笑うしかない!といった感じでした。今年は、2020年オリンピック招致を祈願して「金メダル花火」なども打ち上げられましたが、さすがに天空の閃光大花火には勝てません。この時点で・・早々とTKO負けになりました。まあ安全第一ですからね、実行委員会の判断は正しかったと思います。長い歴史ある中で、きっと、別な意味で記憶に残る花火大会だったことでしょう。残った1万発以上の花火は・・いったいどうするんでしょうね?
スポンサーサイト