FC2ブログ
2013-07-25 21:58 | カテゴリ:小次郎パパの徒然日記
蒸し暑い日が続いてますよね〜。(~Q~;)
ちょっとバテ気味なので、この夏を乗り切るために・・精のつくものを買ってきました。
精のつく食べ物と言えば・・そう、ウナギです!

IMG_0582 のコピー

今年はウナギが捕れないとかいって、けっこうお値段のほうも・・ウナギ上りなんですね〜。(^_^;)
我が家のある船橋には、昔からの鰻老舗がたくさんありますが、いつも買うのは決まって「鶴長」さん。このお店、船橋駅南口の路地裏商店街の一角にあります。テレビ番組の「ちい散歩」や「ゆう散歩」(加山雄三さん)などで紹介されたものですから、地元じゃ知る人ぞ知る有名なお店です。いや〜、ホントにいつ食べても美味しいですね!

そして、北陸福井産の「小鯛のササ漬け」。こちらは那須でお世話になっているH氏からの頂き物です。上品な鮨酢に漬け込まれた、高級な食材です。ちょっと贅沢ですが、今夜は二品の主役を酒の肴とさせていただきました。あと脇役ですが、地卵のだし巻き・・こちらは家内の力作です。ほんのり薄味がついていますが、主役はしっかりと引き立てております。(^_^)v

三種の神器・・ならぬ、三種の馳走。ああ、今夜は久しぶりにアルコールが進むね〜♪(*^。^*)
スポンサーサイト



2013-07-25 08:55 | カテゴリ:オヤジのぼやき
【ニュース記事】
民主党:敗戦処理、迷走 菅氏「除籍」に反発強く 代表求心力、低下の一途
参院選東京選挙区で民主党が公認を取り消した大河原雅子氏を支援した菅直人元首相への処分が、当初の提案より軽減され党員資格停止処分となる見通しになった。「除籍は重すぎる」との声に押された形だが、あまりの迷走ぶりに海江田万里代表の求心力が低下するのは必至。同党の参院選惨敗の敗戦処理は混迷の度合いを深めている。
常任幹事会に先立ち海江田氏は東京都内のホテルで菅氏と会談。「身を引いてください」と自発的な離党を求めたが、菅氏は拒否。その後、海江田氏は常任幹事会で「菅氏の言動は参院選に影響を与えたことを踏まえ厳しく対処すべきだとの多くの意見があった」と説明。菅氏を「除籍」とし、さらに菅氏が比例代表で当選したことから議員辞職で議席の返還を求める「公職の辞任勧告」とする処分案を提示した。
菅氏は「ご迷惑をおかけして申し訳なかった」と謝罪したが、大河原氏については2007年参院選で民主党からの出馬を自らが説得した経緯を説明、離党する考えはないとした。出席者からは「何らかのけじめは必要だ」と厳しい処分を求める意見が出る一方で、「除籍は重すぎる」「排除の論理で誰かを切り捨てるべきではない」など擁護論も噴出し紛糾。約2時間の議論でも結論は得られなかった。
海江田氏らが菅氏に厳しい処分を求めるのは、菅、鳩山由紀夫の両元首相らが民主党への国民の信頼を失墜させた張本人で、両氏が党から出ることで党の「生まれ変わり」をアピールできるとの思いがあるからだ。
だが、党内では海江田氏の責任を問う声も強い。同氏は常任幹事会で「党の改革・創生に取り組んできたがまだまだ道半ばという感を改めて強くした」と続投への意欲を示したが、8月末に辞任する細野豪志幹事長の側近議員が「体制刷新に向けて決断いただきたい。代表選を行うべきだ」と辞任を求める場面もあった。処分決定を先延ばしにした海江田氏には、「なぜ処分を決められないのか。党内で不信任の声が出るだろう」など不満も噴出した。
常任幹事会では、沖縄・尖閣諸島を「中国側から日本が盗んだと思われても仕方がない」と発言した鳩山氏に、抗議する方針が了承された。執行部側は除籍する方向で調整したが、鳩山氏は5月末に離党しており、「過去にさかのぼっての処分はできない」と判断し見送った。
---------------------------------------------------------
【おやじのぼやき】
先の参院選挙で惨敗を喫した民主党。今もなお、その敗戦処理と以前からのゴタゴタを引きずって、党内が混乱を極めているようだ。2006年に「トロイカ体制」をしいて政権交代の舞台を演出した鳩山元総理、菅元総理、そして小沢元代表だが・・今やかつての存在感は見る影もない。ハッキリ言って、この御三方の引き起こした国政混乱の罪は大きいと思うね。それぞれ関与した内容こそ違うものの、国益を失し国民を愚弄するに値する大罪です。しかも、自分自身は・・大義名分を理由に、皆身勝手ときている。まあどうでも良いことだけど・・党内処分の様子を聞いていても、開いた口がふさがらないことばかりだ。政治家というのは、ほとほと身内に甘いね!
今回の菅さんの処分(除籍)については、第三者からすれば当然というか・・普通に思えるのだが。党内の一部には厳し過ぎるという意見(あの日教組のドンと言われる方か?)もあるようで、それを押し切れない海江田代表のリーダーシップも極めて弱い。選挙に負けた本当の原因は、トップの戦犯者だけではないと思うね。政権を取ってから何も決めきれない、決めても実行できない、何事にもことなかれ主義的な党内体質に、国民がヘキヘキしたのではないかと思うのだが。そして、最近の鳩山氏、菅氏などの言動。まあ、ピントがずれてますわな。こんな人たちに一時でも国政を任せていたのかと思うと・・国民の一人として(政権交代を託したのは)恥ずかしい限りだ。ましてや、身内の失態に対して甘いご沙汰となれば・・もう勝手にやれやと呆れるばかりである。国民は、よく分かっている。今の体制維持では、何も変わらないというか・・退化するのみ。一度解党して、政治理念を一致できるものの集団にしたほうが良いと思うのだが・・これも余計なお世話かも知れない。結局、民主党のゴタゴタなど、どうでも良い話題になってしまっている。