FC2ブログ
2013-07-01 20:29 | カテゴリ:オヤジのぼやき
今日、近くの病院に行って呼吸機能再検査の予約をしてきました。再検査の予約をするだけなのに、何で直接病院に行かなきゃならんのか・・全く持って分かりません。電話でその旨(検査の日程変更希望)を伝えたら、取り合ってくれませんでした。しかも・・会社嘱託医の紹介状(予約外診療のため)を携え、低姿勢でお願いする状況になり、少々プチ切れ状態になりました。でも、医者と喧嘩しても何の得にもなりませんから・・グッと我慢しましたけどね。朝早くから2時間半待たされて、ようやく検査予約変更が許されました。(`ε´)

IMG_0561 のコピー

さてさて、何をそんなに憤慨されているのかと思うかも知れませんが・・最初から、どうもこの病院の担当医(肩書きが医学博士で、なんたら内科部長さんとのこと)とは波長が合いませんね。いきなり初診で、私の症状を診て「この病気は厄介で治らないもの」とか「欧米の学会では、治療すると更に重篤化する可能性があるので経過観察していくしかない」とか言われました。さらに、頼んでもいないのに・・「私なら、あなたの操縦する○○○には乗りたくない」とか面と向かってダイレクトに仰られます。まあ経験と深い知識はおありなのでしょうが・・医師として患者に応対する言葉遣いがなってませんな。やんわりとは言ってますが、非常に上から目線の言い方です。それだけでは終わらず、「航空身体検査の基準がおかしい」とか「再検査を依頼してくる会社の嘱託医の感覚を疑う」とか言い出します。さすがに私も、「私に言われても・・」と返答しましたら・・「そりゃそうですよね・・」と返ってきます。「一体、あなたは何が言いたいの?」と聞きたくなりますね。何か、よっぽど航空指定検査医に対して恨みでもあるんですかね?(自分が口出しできない領域のせいだからなのかは分かりませんが・・)いやいや・・医者というのは、プライドが高く気むずかしい方も中にはおられるようですな。

まあ、そんなこんなで・・とりあえず来週の月曜日に再検査の予約を入れてもらうよう頼んで帰って来た次第です。最後は、一応私と会社嘱託医の真意を少しだけ分かってくれたようですが・・なんだかねぇ。(-_- )
1週間で肺活量がどれだけ改善するのか分かりませんが・・とりあえず頑張ってみます。以上、ストレスの溜まっている親父のぼやきでした!
スポンサーサイト