-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013-07-31 09:01 | カテゴリ:エンジョイ那須生活
昨日は天候不順でゴルフが取りやめになったわけですが、お昼近くから天候も回復してきたので・・いつもの青木練習場向きから急遽近場で練習ラウンドをしようじゃないかと言うことになりました。

それで最初に向かったのが、初めて行くコース「那須ハイランドゴルフクラブ」。言わずと知れた、那須高原別荘&リゾートエリアの一角にある高原ゴルフ場です。平日火曜日のスループレーが、なんと¥3000で出来るということで即決定です。車で走ること約10分。到着後受付をしてみると・・「はい、本日¥6000になります」という言葉がありました。「え?今日は火曜日で¥3000じゃないの?」と返すと・・「夏休み期間中の平日火曜の特典日扱いはやってないんですよ」という返答。おいおい、マジかね?3人が顔を見合わせて「どうする?」ってな感じ。言い出しっぺのY氏が「止める?」と言い出した途端・・声を合わせるように「そうだね!」という寸時の合意が・・。(笑)まあ何も高い料金で、平日いつでも出来るゴルフバカ達が、無理してやることもないと思いますよね。この料金なら、那須エリアどこでも出来ますし、もっと安くて良いコースがいっぱいあります。当然の決断でしょう!

しかし、シニア族ともなると・・恥ずかしいとか申し訳ないとかいう意識が薄まるんでしょうかね?カートにバックまで搭載してもらってからのキャンセル・・。普通は遠慮して「まあいいか、やるか!」ということになるんでしょうが、ここはキッパリと自己主張をします。(笑)「地元だから、また来るね〜」の一言で、このゴルフ場を後にしました。さて、この後どうするか?3人の頭の中は、ゴルフモードになったままです。

そして結局、時々練習ラウンドで使っている「25那須ゴルフガーデン」に行ってみようということになりました。ここは、間違いなく午後からのプレーが回り放題で¥3000で出来るゴルフ場です。ただし、距離がやや短く(約2700Yくらい)9ホールのアメリカンスタイルのゴルフ場です。最初からここに来れば良かったかな?と思いつつ・・12時過ぎのスタートで、やっとゴルフの開始です。

さて、問題はここからにありました。昨晩以来、いや3日前くらいから降り続いた雨の影響でしょうか・・2番ホールで放ったティーショットのナイスな一撃が、コースど真ん中で見えなくなりました。ティーグラウンドでは、確かに落ち所が見えたのですけど・・泥が跳ね上がったような嫌な残像が・・。その場に行ってみると、どこを捜してもボールは見あたらず、落ちた形跡すら見えません。私以外の2人も見ていて、確かにフェアウェイど真ん中に飛んだと言います。引っかけたわけでもないのに、どうしても納得がいきません。結局ロストになったわけですが、フェアウェイ全体がカジュアル状態。ジュクジュクです。おそらく大地にめり込んで、そのまま上から塞がれたのではないかと思います。こんな経験は、さすがに初めてでした。まさに、田んぼの中でゴルフをやっている気分です。靴もクラブもボールも、みんな泥だらけになります。ここで、もうテンションは下がりまくり・・。グリーン上でも集中できず、3パットの連続です。まあ練習ですから、良いんですけど・・これじゃゴルフになりませんわ!

何だかんだで、最初の9ホール最後まで来ましたが・・最後の9番ロングホールで長い距離を歩いたため、肺機能の状態が悪くなってハーフでリタイアと相成りました。コースと体の悪いコンディションで相手の方に迷惑をかけるわけにも行かず、やむを得ない判断です。しばらくして体調は回復しましたが、そのまま帰るのもシャクだという思いもあって、30分くらいパター練習をして帰って来ました。まあ、豪雨のあとにラウンドなんてするもんじゃないな・・というのが、この日の教訓です。従って、スコア記録はありません。やっぱり、ゴルフは良いコンディションでやりたいものですね。チャン、チャン!
スポンサーサイト
2013-07-30 15:59 | カテゴリ:エンジョイ那須生活
本日、メイフラワーGCでラウンド予定でしたが、天候(予報含む)および他の諸事情によりキャンセルとなりました。残念ですが、別の日にセットすることになりました。結果論ですが、午後からお天気・・良いじゃな〜い?しかし、今朝方までの降り方ならやむを得ませんね。ホント、よく降りましたわ・・。(´ー`)

那須高原は、夏休みの観光客で賑わっています。平日とはいえ、他府県ナンバーの車でいっぱいです。(ってか・・自分もそうやろっ!)これから、いよいよ本格的な暑さに戻りそうですね。夏は、やっぱり・・暑くなきゃ!(~o~;)
2013-07-29 08:57 | カテゴリ:ゴルフースイング考察
ゴルフとは・・あらためて言うまでもなく、結果が全てのスポーツです。あーだこーだ言っても、スコアが上の人には敵いません。ドライバーがいくら遠くに飛んだとしても・・それは単なる1打であって、問題はホールアウトした時に何打で上がっているかと言うことだけなのです。途中の過程では、そりゃまあ・・いろんなトラブルもありますわね〜。運もあります。でも、「18ホールの結果(打数)=自分の実力」・・なんです。(言われなくとも、分かっている・・てかっ!)
結局、100の壁、90の壁、80の壁・・いろいろとありますが、それぞれの壁にはそれなりの意味もある訳でして・・。技術と意識のレベルで、その壁は越えられるようになるのだと思います。では、その技術と意識のレベルとは一体どういうものなのか?自分なりに考察してみました。(上級者の方には、おこがましい話ですが・・)

まずは、技術のレベル。これは言うまでもありませんよね。スイング技術のことですが、アドレス、グリップに始まって、各人各様基本的なチェックポイントがあると思います。ライの見立ても、この範疇に入りますね。100を切るためには、それほどシビアーな条件はないと思います。ドライバーからアイアンまで、そこそこ当たれば前に進むわけでして・・ボギーとダボの繰り返しで(たまにラッキーでパーが来ますから)切れるようになると思いますね。ただし、OB連発や3パット以上の量産は御法度です。
次に90切りのレベル・・これは、ハッキリ言ってボギーペースで回ることが前提となります。その為には、ある程度コースを熟知した戦略が必要となるでしょう。最初から打ち所(落とし所)を見極めて、絶対に危険な場所は避けることですね。方向と距離感が大事になってきます。振りすぎないことも、ショットの安定に繋がるかもしれません。振りすぎないこととは・・手打ちになることではなくて、テークバックをコンパクトにして振り切ることです。そうすることで、ショットの精度が高まり、ボギーオンは容易になると思います。我々のレベルでは、ボギーオンで上等なんです。欲をかいたら・・ろくなことはありませんね。
そして80切りのレベル・・まだ80を切ってないので想像になりますが、かなりショットの精度と思い切りの良さが要求されるのではないかと思いますね。ドライバーの飛距離も、パーオンするためのアドバンテージになりますので、やはり飛ぶ方が80切りのための近道となるのでしょうね。そして、不用意にダボは打たない、ボギーで耐え凌ぐ・・と言うしぶとさが大きな必要条件かと思います。1つ2つバーディーが来てくれると、きっと目標達成が楽になるような気がします。まだ私には、少しハードルが高いようですが・・。(;-・。・-;)

もう一方の意識レベルについて。意識とは、メンタルのことです。これがなかなか難しいわけでして・・性格、当日の調子、精神的状態などによって個人差があります。しかし、100切りレベルなら、さほどプレッシャーを感じることもないと思いますね。要するに安全な場所を見極めて打っていけば良いだけですから、意識の持ちようでハードルは低くなります。いつまでも100が切れないという場合は、「逆転の発想」を使うことに効果があるかもしれませんね。つまり、グリーンが近づいても「グリーンを見ない、カップを見ない(もちろん、イメージはありますよ)」・・と言うことです。2打目以降でグリーンに強く意識が行くと、必ず力みが入ります。と言うことは、ミスに繋がりやすく多叩きの可能性があると言うことです。私の場合ですが、100切りを容易にするために、あえてグリーンを外したりバンカーを故意に避けたりしましたね。「君子危うきに近寄らず」・・という格言が、100切り達成のキーワードになるかと思います。
次に90切りの意識レベルについて。これは、現在も常に私が思い描いていることですが・・やはり無理(冒険)をしないと言うことでしょうか。楽にボギーを取っていけるようにすれば、自ずといくつかのパーチャンスがやって来ますね。それを逃さないようにすれば、自分のリズムが出来てメンタルが安定してきます。最近、これが出来る時と、そうでない時があります。ダメな時は、大体がパターで崩れていくケースですね。90切りのためには、パッティングは大事ですね〜。
最後に80切りの意識について。これに関しては、経験値がありませんので全くの想像になります。恐らく・・かなり強靱なセルフコントロールが必要なんでしょうね。私のハーフベストは41なんですが、その時は・・最後にスコアが頭にちらついて(ダボで)潰れました(笑)。計算上は、バーディ×1、パー×4、ボギー×4・・と言うのが理想なんですけどね。まあ、これが出来れば・・実力シングルと言うことになります。(^_^;)

それぞれのレベル。問題は、いかにして自己の平均レベルを向上していけるか・・と言うことになります。たった一度レベルをクリアーしたからと言って、自分でレベルアップしたと勘違いしないことですよね。これは、自分への戒めとしても、常々言い聞かせております。プレー中には、OBまがいのショットにもかかわらず、運良くOBにならずに済んだケースも間々あります。その逆で、ナイスショットが運悪くOBゾーンに入る場合もあります。最後には、ちゃんと「平均の法則」が成り立って、自分の実力がはじき出されるという計算になりますね。結果は結果として素直に受け入れ、自分に厳しくすることが・・ゴルフ上達への誠の道かと思います。ゴルフと言うスポーツには、「人生の哲学」に通じるような理(ことわり)が・・いっぱい詰まっていますよね〜。( -_-)
2013-07-29 07:08 | カテゴリ:ニュース-気になる話題
【ニュース記事】
ヤンキース・松井 NYで引退セレモニー
米大リーグのヤンキースなどで活躍し、レイズを最後に昨年引退した松井秀喜氏(39)が28日、ニューヨークにある本拠地ヤンキースタジアムで1日限定のマイナー契約を結び、ヤンキースの一員として引退セレモニーに出席した。
式典を前にヤンキースとの契約書に笑顔でサインし、記者会見で「本当に光栄。1日だけヤンキースの一員になれて、引退できることを感謝したい」と話した。
ヤンキースが他球団で現役を終えた選手の功績をたたえる引退式典を行うのは異例。「ゴジラ」の愛称で親しまれた松井氏はプロ野球巨人から2003年に加入後は中軸打者として活躍し、09年のワールドシリーズ優勝に大きく貢献した。
130729-0001.jpg
-----------------------------------------------------------------
【マイコメント】
米国人も粋な計らいをするもんですな〜。最近は、日本人のメジャーリーガーも数多くなってきましたが、こうした名誉ある扱いはかつて無かったようだ。日本人としてはもちろんのこと、松井選手本人が一番嬉しく思っていることだろう。日本から遥か太平洋を越え、日米の野球ファンに夢を与えた彼の偉大なる業績は、ヤンキースの地をもって幕を閉じたことになります。甲子園で、あの伝説の4連続敬遠というセンセーショナルなスタートを切った野球少年が、最後は夢のメジャーリーグの舞台で最大の敬意と賞賛を浴びて歴史にその名を刻む・・何と素晴らしいストーリーではありませんか。長嶋監督じゃありませんが、「背番号55は、永遠に不滅です!」と言いたかったことだろうね。長い間、おつかれさまでした。そして、夢をありがとう!
しかし、こうした前例が出来ると・・イチロー選手の場合は、相当な舞台が用意されるんでしょうな。セレモニーの主幹がマリナーズになるのか、ヤンキースになるのか、はたまたその内容がいかなるものなのか・・。そして、イチロー自身の反応がどうなのか気になるところです。出来れば、「マリナーズの背番号51」を永久欠番にして、日本国民栄誉賞と日米野球殿堂入りを同時に与えてあげて欲しいものですな。彼は、大袈裟なセレモニーよりも・・真の敬意を大事にすると思いますから。松井引退セレモニーの裏で、当然イチロー選手の引退シナリオにも注目が集まることになりそうだ。彼にしてみれば、もう少し現役のままで野球を楽しみたいと言うのが本音だろうが・・。
2013-07-28 06:57 | カテゴリ:ニュース-気になる話題
【ニュース記事】
隅田川花火大会も土砂降りの雨、30分で中止に
東京の夏の風物詩「第36回隅田川花火大会」(隅田川花火大会実行委員会主催、読売新聞東京本社など協賛)が27日夜、墨田、台東両区の2会場で開かれた。
だが開始後まもなく土砂降りの雷雨となり、風も強かったため約30分で中止になった。始まってからの中止は初めて。再開催はない。
今回は2020年東京五輪招致の成功を祈願し、例年より2800発多い2万2800発が打ち上げられる予定だったが、実際に打ち上げられたのは約7900発にとどまった。五輪の輪や金メダルの色をイメージした「オリンピック花火」は、上流の第1会場でのみ予定通り打ち上げられた。
会場近くの東京スカイツリーも赤や緑、黄など五輪の色にライトアップされた。
主催者発表によると、両岸には約78万8000人の見物客が集まった。
130728-0001.jpg
--------------------------------------------------------------------
【マイコメント】
昨晩、歴史ある隅田川花火大会の様子がテレビ放映されましたが、なんと・・途中から無情にも雷雨となって中止となりました。自然現象には勝てませんが、あまりにも急な展開で・・観ている側にしてみれば、主催者、関係者、花火師さんたちの努力が、あまりにも気の毒に思えて仕方ありませんでしたね。観客の方たちも、ずぶ濡れになって大変だったことでしょう。あと1時間持ってくれていればね〜・・。司会の高橋英樹さんも、もう事態に呆れると言いますか・・笑うしかない!といった感じでした。今年は、2020年オリンピック招致を祈願して「金メダル花火」なども打ち上げられましたが、さすがに天空の閃光大花火には勝てません。この時点で・・早々とTKO負けになりました。まあ安全第一ですからね、実行委員会の判断は正しかったと思います。長い歴史ある中で、きっと、別な意味で記憶に残る花火大会だったことでしょう。残った1万発以上の花火は・・いったいどうするんでしょうね?
2013-07-25 21:58 | カテゴリ:小次郎パパの徒然日記
蒸し暑い日が続いてますよね〜。(~Q~;)
ちょっとバテ気味なので、この夏を乗り切るために・・精のつくものを買ってきました。
精のつく食べ物と言えば・・そう、ウナギです!

IMG_0582 のコピー

今年はウナギが捕れないとかいって、けっこうお値段のほうも・・ウナギ上りなんですね〜。(^_^;)
我が家のある船橋には、昔からの鰻老舗がたくさんありますが、いつも買うのは決まって「鶴長」さん。このお店、船橋駅南口の路地裏商店街の一角にあります。テレビ番組の「ちい散歩」や「ゆう散歩」(加山雄三さん)などで紹介されたものですから、地元じゃ知る人ぞ知る有名なお店です。いや〜、ホントにいつ食べても美味しいですね!

そして、北陸福井産の「小鯛のササ漬け」。こちらは那須でお世話になっているH氏からの頂き物です。上品な鮨酢に漬け込まれた、高級な食材です。ちょっと贅沢ですが、今夜は二品の主役を酒の肴とさせていただきました。あと脇役ですが、地卵のだし巻き・・こちらは家内の力作です。ほんのり薄味がついていますが、主役はしっかりと引き立てております。(^_^)v

三種の神器・・ならぬ、三種の馳走。ああ、今夜は久しぶりにアルコールが進むね〜♪(*^。^*)
2013-07-25 08:55 | カテゴリ:オヤジのぼやき
【ニュース記事】
民主党:敗戦処理、迷走 菅氏「除籍」に反発強く 代表求心力、低下の一途
参院選東京選挙区で民主党が公認を取り消した大河原雅子氏を支援した菅直人元首相への処分が、当初の提案より軽減され党員資格停止処分となる見通しになった。「除籍は重すぎる」との声に押された形だが、あまりの迷走ぶりに海江田万里代表の求心力が低下するのは必至。同党の参院選惨敗の敗戦処理は混迷の度合いを深めている。
常任幹事会に先立ち海江田氏は東京都内のホテルで菅氏と会談。「身を引いてください」と自発的な離党を求めたが、菅氏は拒否。その後、海江田氏は常任幹事会で「菅氏の言動は参院選に影響を与えたことを踏まえ厳しく対処すべきだとの多くの意見があった」と説明。菅氏を「除籍」とし、さらに菅氏が比例代表で当選したことから議員辞職で議席の返還を求める「公職の辞任勧告」とする処分案を提示した。
菅氏は「ご迷惑をおかけして申し訳なかった」と謝罪したが、大河原氏については2007年参院選で民主党からの出馬を自らが説得した経緯を説明、離党する考えはないとした。出席者からは「何らかのけじめは必要だ」と厳しい処分を求める意見が出る一方で、「除籍は重すぎる」「排除の論理で誰かを切り捨てるべきではない」など擁護論も噴出し紛糾。約2時間の議論でも結論は得られなかった。
海江田氏らが菅氏に厳しい処分を求めるのは、菅、鳩山由紀夫の両元首相らが民主党への国民の信頼を失墜させた張本人で、両氏が党から出ることで党の「生まれ変わり」をアピールできるとの思いがあるからだ。
だが、党内では海江田氏の責任を問う声も強い。同氏は常任幹事会で「党の改革・創生に取り組んできたがまだまだ道半ばという感を改めて強くした」と続投への意欲を示したが、8月末に辞任する細野豪志幹事長の側近議員が「体制刷新に向けて決断いただきたい。代表選を行うべきだ」と辞任を求める場面もあった。処分決定を先延ばしにした海江田氏には、「なぜ処分を決められないのか。党内で不信任の声が出るだろう」など不満も噴出した。
常任幹事会では、沖縄・尖閣諸島を「中国側から日本が盗んだと思われても仕方がない」と発言した鳩山氏に、抗議する方針が了承された。執行部側は除籍する方向で調整したが、鳩山氏は5月末に離党しており、「過去にさかのぼっての処分はできない」と判断し見送った。
---------------------------------------------------------
【おやじのぼやき】
先の参院選挙で惨敗を喫した民主党。今もなお、その敗戦処理と以前からのゴタゴタを引きずって、党内が混乱を極めているようだ。2006年に「トロイカ体制」をしいて政権交代の舞台を演出した鳩山元総理、菅元総理、そして小沢元代表だが・・今やかつての存在感は見る影もない。ハッキリ言って、この御三方の引き起こした国政混乱の罪は大きいと思うね。それぞれ関与した内容こそ違うものの、国益を失し国民を愚弄するに値する大罪です。しかも、自分自身は・・大義名分を理由に、皆身勝手ときている。まあどうでも良いことだけど・・党内処分の様子を聞いていても、開いた口がふさがらないことばかりだ。政治家というのは、ほとほと身内に甘いね!
今回の菅さんの処分(除籍)については、第三者からすれば当然というか・・普通に思えるのだが。党内の一部には厳し過ぎるという意見(あの日教組のドンと言われる方か?)もあるようで、それを押し切れない海江田代表のリーダーシップも極めて弱い。選挙に負けた本当の原因は、トップの戦犯者だけではないと思うね。政権を取ってから何も決めきれない、決めても実行できない、何事にもことなかれ主義的な党内体質に、国民がヘキヘキしたのではないかと思うのだが。そして、最近の鳩山氏、菅氏などの言動。まあ、ピントがずれてますわな。こんな人たちに一時でも国政を任せていたのかと思うと・・国民の一人として(政権交代を託したのは)恥ずかしい限りだ。ましてや、身内の失態に対して甘いご沙汰となれば・・もう勝手にやれやと呆れるばかりである。国民は、よく分かっている。今の体制維持では、何も変わらないというか・・退化するのみ。一度解党して、政治理念を一致できるものの集団にしたほうが良いと思うのだが・・これも余計なお世話かも知れない。結局、民主党のゴタゴタなど、どうでも良い話題になってしまっている。
2013-07-22 07:51 | カテゴリ:ニュース-気になる話題
【ニュース記事】
松山、初出場で6位タイ「自信になる」 ミケルソンが初優勝/全英OP
男子ゴルフのメジャー第3戦、全英オープン選手権は21日、英北部ガレーンのミュアフィールド・リンクス(7192ヤード、パー71)で最終ラウンドが行われ、松山英樹(21)=東北福祉大=は2バーディー、1ボギーの70で回り、初出場ながら通算2オーバーで6位タイに食い込む大健闘。来季の出場権を確定させるとともに、6月の全米オープンに続くメジャー2大会連続のトップ10入りを果たした。猛チャージをみせたフィル・ミケルソン(43)=米国=が通算3アンダーで大会初優勝を飾った。
130722-0002.jpg
-------------------------------------------------------
【マイコメント】
伝統ある第142回全英OP選手権「THE OPEN」で、P.ミケルソン選手(米)が見事に逆転優勝を果たしました。松山選手も、初出場ながら+2というスコアで6位タイの成績を残しました。前日の不運(ワンペナ事件)もありましたが、強い気持ちを持っての堂々たる上位入賞です。これで来年の出場権も獲得し、メジャーに参戦する機会も増えることでしょう。益々、今後の活躍が期待されます。ミケルソンも太鼓判を押してますからね!
それにしても、本当にこの全英OP(メジャーは全てそうですが・・)は、最後の最後まで予測できないことが多いですね。ミケルソンは、最終日までジッと良い位置をキープして・・最後に最高のプレーを見せて栄冠を勝ち取りました。流石・・役者という感じです。タイガーも良く頑張ったと思いますが、最後はパットの差でしたね。
しかし、メジャーのグリーンとは・・想像を絶する早さなんでしょうね。テレビの画面を見ていても、その転がりたるや・・尋常ではありません。まさに、「ガラスのグリーン」と言われるのがよく分かります。そしてフェアウェイやグリーン周りに配置されているポッドバンカーの数々。ミスショットをしようものなら、まずバンカーに転がり落ちるように設計されていますね。しかも、アゴが高いと来ている・・。プロといえども、相当苦労している姿がありありと見えました。
4日間、寝不足気味ではありましたが・・松山選手の上位活躍をはじめ、ホントにゴルフの素晴らしさと難しさを、画面を通じて楽しませて貰いました。やっぱり、メジャーは・・一味も二味も違いますね!
2013-07-19 20:57 | カテゴリ:ゴルフーラウンド報告
本日、急遽ラウンドのお誘いが入り、久しぶりに「アイランドGR那須」に行って来ました。1週間で3回目のラウンドです。おいおい・・大丈夫かぁ〜!(^_^;)
同伴者は、定住者ゴル友のH田氏、Y田氏、それと陰のシングルプレーヤーS藤師匠の3人です。このメンバーでやるのは、ホント久々ですね。天気のほうは、涼しいと言うより・・朝方寒ささえ感じる気温でした。なんと、山荘出発時(朝6時25分)には気温15℃、ゴルフ場に着いた時点でも18℃という・・信じられない気温です。今日も続くと言う首都圏の猛暑予報が、嘘みたいに聞こえますね。そんな別天地ゴルフを、今日も一日堪能して帰って来ました。

IMG_0574 のコピー

さて、さすがに1週間に3回ラウンドというのは疲れますね。一日おきにゴルフ場通いをしています(爆)。今日は難易度の高い「アイランドGR那須」。東→南コースで廻りました。特に、ここのグリーンはワングリーンで大きく、しかもアンジュレーションが強いんです。今日のピンポジは、けっこう難しいところに切ってありましたね。3パットは当たり前、乗せ場所が悪いと4パットも覚悟しなけりゃならない高速グリーンです。ああ、早くも難儀しそうな予感が・・。

本日の結果。見事に高速グリーンにやられましたね。スコアのほうは、以下のとおりです。自己平均より悪く、ちょっと不甲斐なさを感じる内容でした。
東コース:49(22)+南コース:47(15)=TOTAL:96(37)
130719-0001.jpg

本日の反省。前半スタート2ホールは、散々たるものでした。ショット自体は、特段悪くなかったんですが・・何が酷いって、パットが入りません!何と、痛恨の4連続3パット。信じられないのは、2番ホールで打った8打の内容です。ティーショット及びセカンドは悪くなかったのに、3打目でグリーンに乗った場所が運悪かった・・。大きなひょうたん型グリーンの一番手前にボギーオン。しかし、ピンの切ってある位置(右奥)まで15mほどの距離が残ってます。しかも、途中長いセカンドカットエリア(約6mほど)を横切らなくてはなりません。本当ならウェッジを使うシチュエーションなんでしょうが、グリーンに乗っているためパターしか使えません。そこから放ったパターの第1打は、あろうことか・・なんとダフってカラーエリア(ラフ)の中間に止まってしまいました。続くパターを使った2打目も、距離感合わず大ショート。頭が混乱して、そこから屈辱の3パットをやってしまい・・計8打というわけです。OBでもないのに・・最悪ですわ。記録上は3パットにしていますが、正確にはグリーンに1回乗っているわけですから・・4パットになりますかね?(+_+)スタートホールの3パットを引きずって、ここでも大きなミスをやってしまい、早くも危険信号が点りました。結局、この後2ホールも短いパットを決めきれず・・3パットの量産に繋がりました。レ・ミゼラブル・・。久々に大野さんの登場です!(Oh,No!)前半は、正直ここで終わってますね。さすがに50オーバーは覚悟しましたけど、その後の開き直りで何とか49回。とにかく、パットイップスになるかと思うくらいの絶不調に陥りました。大きくて、曲がるグリーンの怖さですね!

そして後半の反省は、ショートホールでの失態ですかね。2番ホールでは、よもやのOB。アイアンの引っかけが原因でした。そして8番ホール(ショート)の4パットですね。これは、もう・・屈辱を通り越して、懺悔そのものでしょう。最初の下りパットで距離感が合わず、大オーバー。早い早い・・。返しのパットも入らず、その後たった50cmの距離を2回も打ってしまいました。カップ回りの曲がりが、尋常ではありませんでしたね。自分のパターのヘタさ加減が嫌になったホールです。それまでは、良い感じで来ていたんですけどね・・。(´。`)

結論から言いますと・・ここのコースは難しい!なかなか90を切るのが困難です。これまでのコースベストが90ですから、まあまあ実力からいって・・こんなもんでしょうね。でも、今日は本当に・・パターの出来が前半と後半で天と地ほどの差がありました。調子が良いのか悪いのか・・よく分かりませんわ!とにかく、100叩きの刑だけは免れた感じですね。
2013-07-18 13:58 | カテゴリ:ホントは教えたくない、お薦め店
買い物帰りに、時々立ち寄っていたパン屋さんが休みだったため、初めての「パン工房ドリーム」さんに寄ってみました。名前は前々から聞いてはいたのですが・・今回が初めての訪問です。那須高原にはたくさんのパン屋さんがありますが、どこもそれぞれ特徴があって・・美味しいお店が多いですね。こちらは、もともとテニスコートだった敷地に店舗を建てて、パン工房にしているようです。そして嬉しいのが、ワンちゃん連れのお客さんでしょう。外にはドッグコート(元テニスコートの一角)も併設されていて、ワンちゃん同伴の飲食も可能です。ちょっとお店にたどり着くまでが、細道で分かりづらいのですが・・お店の周囲は那須高原そのまんまの雰囲気が溢れていますね。

IMG_0573 のコピー

オーナーの老夫妻も大変感じの良い方で、初めての客なのに・・とても礼儀正しいもてなしを受けました。店内では、アンティークな家具を味わいながら食事も出来るようです。ワンちゃん連れなら、5%引きというのも嬉しいですね。今日は、食パン半斤とアップルパイ、あんパン、チョコクロワッサンなどを買って帰ってきました。我が山荘から約2kmほどの距離なので、時々利用してみようかなと思ってます。お薦めですね!(^_^)/
2013-07-17 19:06 | カテゴリ:ゴルフーラウンド報告
今日は那須定住者のY内さんと2サムで「那須ちふり湖CC」に行って来ました。一昨日の息子との親子ラウンド以来、中一日おいてのラウンドです。朝から、曇り空ながら風も弱く・・気温も24度くらいで丁度良いゴルフ日和でした。しかし、天気予報では午後3時ごろから雨の予報が・・しかも、雷雨(?)まあ、とりあえず出来るところまでやってこようとの思いで、朝9時ごろ山荘を出発しました。ゴルフ場までは、車で15分ほどの距離です。何と言っても・・近いのは、良いですね〜。(^o^)
このゴルフ場は、4月に友の会メンバーになったので、言うならばホームコースみたいなものです。ほぼ、コースの特徴は頭に入ってきましたね。でも、なかなか戦略性のあるコースなので、打ち所を間違えると・・多叩きもある侮れないコースです。(ビジターの方が、お風呂で難しいコースだと言ってました)

IMG_0568 のコピー

ラウンド前に、新しく作ってもらった友の会メンバーのネームプレートを確認。うんうん・・あるある・・。良いですね〜、メンバーになった気分です。正規会員さんは上段に掲示されていますし、月例でハンディキャップも与えられています。友の会メンバーでも、過去5回以上のスコア提出で自分のハンディキャップがもらえるそうです。こうして見ると、おおよそ3分の2くらいは友の会メンバーなんですね。最近は、ゴルフ場の経営も厳しいようですから・・いろいろと考えるんでしょうね。

IMG_0571 のコピー

今日はOUT→INの使用です。朝からコンペが入っていて、しかもシニア&レディス特典日だとかで・・少々混んでました。スタートは10時06分。前組は、我々と同年代のご夫婦2サム。その前組は、親子連れの2組夫婦(4サム)で、しかも初心者?みたい・・な。おっと、今日はスローペースを覚悟せにゃいけませんかな?早くも、メンタル勝負のハードルが敷かれました。まあ、前半ハーフは焦らないでじっくり行こう・・と心に決めて第一打を放ちました。お〜〜、FWセンターに・・ナイスショットじゃないですか!(^_-)-☆

まあ、前振りはどうでも良いですよね。結果を先に言いましょう。
OUTコース:44(15)+INコース:45(19)=TOTAL:89(34)
130717-0001.jpg

勝手知ったるコースではありますが、スタート直後の3ホールは・・いつもながら緊張しますよね。今日は、まずまず無難にスタートが切れました。そして前半最終の9番を迎えるまで、パーとボギーの安定ゴルフが出来ました。最後は2打目をラフに打ち込んで、そのライが逆目で深いときてました・・。3打目トップしてグリーン奥の傾斜ラフに。そこから何とか寄せて2パットのダボという結果です。パット数も15回は上等ですね。最後のホールだけが残念でした。

お昼は、軽めにビーフカレーセットを注文。味は、まずまずかな?しいて言うならば・・無難なボギーくらいの味ですかね?怪我はしない味でした。(笑)

さて、後半のハーフはINの10番から。このコースでは、HDCP1のホールです。何が難しいかと言えば・・かなりの打ち上げホールで399Y(レギュラーティ)あります。しかも、180Y以上打てないと、谷越は出来ません。DRで250Y以上打てないと、2オンするのは至難の業ですね。もちろんここは、ボギーオン狙いです。あわよくば・・寄せワンでパーを拾うという戦略ですね。結果はボギーで、まあ予定どおりでした。そして嫌いな14番。右ドッグレグの谷越になります。いつもFWバンカーに捉まることが多いので、FWやや左目を狙って打ちました。FWの良い場所に飛んでくれましたが、残り距離がやや長くなって180Yあります。2打目届かずで、3オン2パットのボギー。ここも、これで十分です。この2ホールが、私にとって鬼門のホールですから・・。しかし、その後がいけませんな〜。3連続ダボを食らってしまいました。何となくパッティングに微妙なズレが生じてきて、ほんの少しのラインが狂います。ここで3パットを2回しでかしました。

そして残り4ホールまで来たところで、雷鳴と共に雨が降り出してきて・・。前組の親子連れ2カップル、こちらさんが・・何とも遅いんですわ。(前半前組の夫婦は早朝スタートだったようで、午後からは居なくなりました)まあね、予想はしてたんですけどね・・プレー進行が遅い上に、雨が降り出したもんですから・・余計にいらつく!-_-#こうなると、集中力がそがれます。残り3ホールを早く上がろうとしますから、早打ちミスショットが目立つようになって、ダボに繋がったような気がしますね。結局、自分の気持ちに負けてるわけです。でも、最後の最終ホールをパーで締めくくれたのは、よく頑張ったと思いますね。これが大事なんですね〜。はい。

終わってみれば、まずまずのスコア。コースベストは出ませんでしたが・・まあ合格点をやれるでしょう!今日は咳き込みも少なかったような気がします。理由はスコアのせい?・・じゃなくて、コースで大体平らなところにショットを集められたせいだと思います。やはり、FWか傾斜のない場所に打つことが、何よりも肝心だと言うことでしょう。(^_^)v
2013-07-16 12:40 | カテゴリ:エンジョイ那須生活
息子と娘が東京に帰って、今日から静かな山荘生活に戻りました。やっぱり、親子と言えども他人のリズムに合わせて生活するというのは・・疲れますね。でも、自然に囲まれた生活の素晴らしさを、少しでも感じ取って帰ってくれたようで良かったです。

さて、今日は午前中に庭の雑草処理をしようと思っていたのですが、早朝娘を新幹線の駅まで送って行ったために、疲れてウトウト眠ってしまいました。気がつけばお昼前・・。気温が少し上がってきたので、明後日以降に先送りですね。明日はY内さんと「ちふり湖CC」で2サムの練習ラウンドがありますので、それで一日つぶれます。果たして体力が持つかどうかですが・・平野部よりもいくらか涼しいと思いますので、無理しない程度に運動してこようと思ってます。「出来るうちに・・したいことを・・」と言うのは、シニア人生における大事な確言ではないでしょうか。(^_^)
2013-07-15 21:36 | カテゴリ:ゴルフーラウンド報告
今日は、栃木県大田原市山中にある「ゴルフ倶楽部ゴールデンウッド」に、息子との親子ラウンドに行って来ました。このゴルフ場・・地元の方をお誘いすると、大体がいい顔をしてくれません。プレー費も安いのに、何故でしょう?それは、トリッキーでブラインドホールが多く、上級者泣かせの設計だからかも知れませんね。フェアウェイも、見た目以上に狭いところが多いです。私は今回が2度目で、息子は初挑戦。前回は、丁度1年半くらい前に初チャレンジして、スコアは98(49+49)という記録が残っていました。さて、今回の親子決戦たるや・・いかなる結果になったのでしょう?(^_^)

IMG_0567 のコピー

3連休の最終日・・前日の悪天候も回復して、朝からまずまずの曇り空。風も弱く気温22℃と、文句の付けようがない天気でした。ゴルフ場は意外に空いていて、さほどイライラする渋滞もなく、スムーズにプレーすることが出来ました。でも、人気無いのね・・ここは。お昼のレストランも、ガラガラです。(笑)そして午後からは少し晴れ間も広がって、気温も29℃くらいに上がったでしょうか・・。熱中症にかかるほどではなかったので、比較的体力的には楽でしたね。ただし、前半だけは・・(謎)。今日はIN→OUTでスタートです。

では、ラウンドの結果を発表致します。今日は息子との練習ラウンドのつもりでしたが・・途中から真剣モードに!(__;)
INコース:47(17)+OUTコース:47(19)=TOTAL:94(36)
130715-0001.jpg

今日の結果からすると、前回より4打改善して94でした。年間平均スコアと同じなので、最低限の数字はクリアーしましたが、内容的には反省点が一杯ですね。イージーパットを外して、勿体ない1打が3〜4回程ありました。そしてOBが2回。2回とも、UT使用での3打目です。1回目は、INの11番ホールでFW右サイドの木に当たり、跳ね返りの角度が悪かった為OBゾーンへ行っちゃった〜というもの。そして2回目は、OUTの8番ホールでブラインドになる地点からのショットが、めくら状態で打ったため運悪くカート道で弾んで行っちゃった〜というもの。いずれも、芯を食った良い当たりでした。でもね・・結果は最悪でしたね!(>_<)

午前中の反省点は、OBになった1打とパッティングの切れの悪さですかね。微妙〜に乗り切れませんでした。そして午後からの反省点としては、自分のスタミナの無さですね。8番ホールで放ったティーショットは、力なくFW右サイドの急斜面へ。これはスライスでも何でもなく、傾斜を利用して狭いFWに戻そうと考えての1打でした。しかし、ボールは急斜面(約45度)の中腹に止まりました。このシチュエーションは、先月行った「ニューセントアンドリュースGC」悪夢の16番と同じです。傾斜を登っていった時点で・・既に息切れ。大体、アドレスそのものが出来ません。クラブを短く握って、下半身固定で上半身の手打ち・・と決めてかかったのですが、かかとが浮いてしまってスイングすら出来ません!(1回は珍しく空振り)FWに戻すまでに、既に4打を費やしました。そしてその後、痛恨のUTでのOB。ここで、自分の中では集中心が切れましたね。折角良い感じで来ていたのに・・ハアハアゼイゼイでは、ゴルフになりませんわ。やや負荷がかかった場面では、息切れしながらクラブを振ることが多かったですね。情けないけど、どうしようもありません。言い訳になりますが、平坦な所ではそれほど息も上がらずに、そこそこ上手く打てるんですけどね・・。(ToT)今日は、つくづく自分の体力低下を認識させられました。後半・・負けてるやん!

しかし、今日の息子は昨日の練習の成果がよく出ていましたね。概ね、ショットは彼なりに上出来だったと思います。昨日、チャンと教えたとおりに打っていましたね。OBも無しで、ミスらしいミスは、いつもより少なかったです。なんと、100切りは1年ぶりだそうで、94は自己ベストタイと言ってました。バーディーも1つありましたし、スコア的には同点でしたが・・気持ちでは完全に負けていましたね。私と違って練習量の格段に少ない息子ですが・・少しずつ私に追いついてくるのを感じるのが楽しみになりました。これからは、親子と言えども・・容赦はしませんぞ!
彼は、本日夕方の新幹線で東京に帰って行きました。たぶん、今夜は嬉しくて眠れないんじゃないかなぁ〜。(^O^)
2013-07-13 18:30 | カテゴリ:エンジョイ那須生活
IMG_0564 のコピー

本日より、那須にやってきました。渋滞を避けるべく、自宅をお昼過ぎに出発したのですが・・案の定、3連休で道路(一般道)は激混み状態。三郷南ICまで1時間20分ほど時間を要してしまいました。いつもなら35分〜40分の距離なんですがね・・。その後、幸い高速道路は渋滞もなくスイスイと走ることが出来ました。こちらは予想どおりだったのですが、一般道が予想外でしたね。(´ー`)

東北道を走ってきて、さすがと思ったのは・・その気温。宇都宮ICを過ぎた頃から徐々に気温が下がってきて、那須高原に着いたら・・なんと外気温は24度でした。湿度こそありますが、冷気を感じるには十分ですね。都会のうだるような猛暑が嘘のようです。夕方になってくると更に気温も下がりはじめ、夕方6時現在で22度くらいかと思われます。外は小雨が降ってますけど、早くもヒグラシが大合唱をくりひろげて、高原の夕暮れ時を演出してくれてます。いやいや・・すっかり夏ですわ〜。(^o^)

いつも休業している向かいのホテルも、今日は営業中みたいです。上の貸別荘にも、若者のグループ客が来ています。やっぱり、ある程度賑やかなほうが良いですね。久しぶりに、山荘周りにも活気が蘇っています。しかし、我が山荘の雑草たちよ・・ちょっと伸びすぎましたなぁ・・。(!_+)

今回は、息子が片道同伴してくれました。おかげで重い荷物も持たずに済んで、到着後に楽をさせてもらいました。明日は、明後日の親子ラウンドに備えて練習することになりそうです。一かごじゃ足りんだろうなぁ〜(笑)。
そこで、一句!「夏の日に 親子夢中で 球遊び・・」整いました!(^_-)-☆
2013-07-13 07:57 | カテゴリ:ニュース-気になる話題
【ニュース記事】
大谷 反省「100%、僕の責任。見ていなかっただけ」
11日にフリー打撃の打球が直撃し、「右頬骨(きょうこつ)不全骨折」した日本ハムの大谷翔平投手(18)が12日、遠征先の仙台から空路、札幌へ移動した。
右頬の腫れも引き「大丈夫です。今でも動けると思うし、あしたからまた様子を見ながらすぐに試合に出られるようにしたい」と軽症を強調した。
骨にヒビが入っている状態だが、食事する際に多少の痛みを伴う程度だという。前日から3日間の安静が必要と診断されたため、13日まで休養し、14日から練習を再開する予定。19日の球宴第1戦(札幌ドーム)で中継ぎで登板させる方針を示していた栗山監督は「たぶん大丈夫。でもたぶんではダメなのでしっかり判断します」と話した。また、予定されていた15日西武戦(札幌ドーム)の先発は消滅したが、野手としては早ければ14日から出場できる可能性も出てきた。
外野で歩行中にフリー打撃の打球を受けたアクシデント。指揮官はこの日、札幌ドームで大谷と話し「叱ったよ。“俺も悪いけど、お前も悪い”と」と注意したという。大谷自身も「100%、僕の責任。(打球を)見ていなかっただけ。目や耳ではなくてよかった」と反省していた。
--------------------------------------------------------------
【マイコメント】
プロでもこういうアクシデントがあるんですね〜。かなりのピンポイント命中率で当たったわけですが・・まあ運が悪いと言いましょうか、偶然のなせる怖さですよね。しかし、不幸中の幸いで・・目とか頭の急所でなくて良かったと思います。こめかみにヒビは入っているようですが、若いので治癒力もあるでしょうし、回復するまでにそう時間がかからないことを願うばかりです。何せ、日ハムの宝だし、日本球界のホープです。経過はしっかりと観察してもらいましょう。今度から、打撃練習中は打球をしっかりと見て移動することですね。本人も、当然分かっていることでしょうが・・。スポーツ選手に集中力が必要なことは言うまでもありません。しかし、危機管理能力としては、神経の集中と分散が大事です。要するに、試合中と練習中の神経配分を考えろ・・と言うことですね。これは、日常生活でも結構必要なことだと思いますね。
しかし、気の毒なのは二岡選手ですわ。自分の打った打球が、非常に少ない確率で動く選手に当たったのですから・・。相当心配したことでしょう。その時、「ファ〜〜〜!」と言ったかどうかは分かりませんがね。(ーー;)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。