-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2012-03-28 21:39 | カテゴリ:ゴルフースイング考察
昨日のラウンドで、概ね安定していたドライバー。その原因について少し考えて見よう。
ご一緒したベテランのH渕氏(ゴルフ歴30年以上)から、最近の上達に関してお褒めの言葉をいただいた。ま、お世辞半分もあろうかと思うが、嬉しいことである。特にドライバーに関しては、コンパクトに振り切れており、打球方向が安定しているとのことだ。「その打ち方なら、あまり失敗はないでしょう・・」と言われました。自分でもある程度納得出来るスイングが出来ていたので、更に自信を深めた次第である。ドライバーは、このところの3~4ラウンドでは好調を維持している。飛距離220Yくらいで、大した自慢は出来ないが・・とにかく真っ直ぐ飛んでくれることが一番嬉しいね。2年目にして、やっとホンマのクラブ(MG-710)が自分の道具になってきたようだ。

さてその好調の原因であるが、大きく3つの要素があるように思う。

まずはアドレス。これは、とにかく土台作りの基本であるから丁寧にセットしたい。スタンス幅は肩幅くらいであることは以前にも述べたが、更にボールとの位置関係(体からの距離)、これが以外と重要なのである。私は、自分の一番気持ちよく振れる距離が、クラブ(ヘッド)のネックからグリップ先端(ヘッド寄り)までの距離になることを発見した。そこに両足のつま先をセットして立つようにしている。練習場でナイスショットが出たときの感触から割り出した距離である。人によって多少の差異はあるかもしれないが、私の場合、一応これが基本になる。

2つ目は、捻転を意識したテークバック。体が回らないと、上体だけの手打ち傾向となり左右にブレる原因となる。それを防ぐには、しっかりとした腰からの始動で、ゆっくりと大きく体を回すことに尽きる。腹筋に適度な力を入れることも有効だ。さらに、コンパクトに振り切れるだけの余力を残してテークバックに入ることが重要で、打ち急ぎは禁物。フィニッシュで5秒間くらいホールドできるくらいのスイングバランスが望ましい。そのくらいのほうが、かえってヘッドスピードは上がるようだ。また、重心のかけ方にも注意している。これまではビハインド・ザ・ボールを意識してやや右に傾けすぎた構えだったが、やや体を起こしてシャフトを上げやすくしている。トップでヘッドの位置が下がりすぎるのも、不安定になる要素の一つである。とにかく、シンプルにスイングプレーンを描くだけに徹している。

3つ目は、プレショット・ルーティーン。これには、それぞれ自分なりのリズムと仕草があるであろう。意外に重要な儀式なので、しっかりと実施したい。ただし、あまりに長いルーティーンは、かえって迷いと緊張の増長となるので控えたいところだ。私の場合であるが、プレショット・ルーティーンは1回だけ。しかも、ゆっくりと軽くスイングプレーンを確認するだけの「見た目いい加減」な所作なのである。守っていることはフィニッシュで2秒間のホールド。以前は、何回もブンブン振り回して力みを取ることをイメージしていたが・・それはあまり意味がない(と思った)ので止めた。また、目標を確認したら、あまり景色を見すぎないようにすることも大事だ。情報が多く入れば入るほど、プレッシャーと迷い、更には力みに繋がってしまう。

以上3点を念頭において、ティーショットを気持ちよくスイング出来るよう心がけているのだが、このところのラウンドでは良い結果として表れているようだ。朝イチでは、以前ほどの緊張感も無くなってきている。飛距離を押さえてブレのないドライバーショット・・。これこそが、シニアの為のシニア的ドライバー打法であると心得たり!
スポンサーサイト
2012-03-27 19:07 | カテゴリ:ゴルフーラウンド報告
120327-0002.jpg

本日は、千葉県のど真ん中ーゴルフ銀座通り(R-297)にある「ゴールデンクロスCC(旧埴生CC)」へ行ってきました。今月4回目のラウンドです。いつもの千葉ゴル友のY田氏、そしてその友人のH渕氏との3サムです。
3人ともお初のコースになりますが、評判通りのハザード地獄(池、クリーク、バンカーが多い)に悩まされるのか・・とても楽しみなコースです。

コ#12441;ールテ#12441;ンクロス-1

クラブハウスは煉瓦造りの瀟洒な建物。フロントロビー内も落ち着いた雰囲気で、清潔感がありました。好感度 ◎です!(^o^)

練習ク#12441;リーン

早めに到着したので、いつも通りパターの練習を・・。けっこう、早いです。
ここはショットの練習場はありませんが、バンカー練習場があります。(しませんでしたが・・)

コ#12441;ールテ#12441;ンクロス3番

今日は少し余裕がありましたので、途中のホールを少しiPhoneで撮影してみました。OUTの3番、145Y-PAR3です。煉瓦ブロックに囲まれた池がとても綺麗でした。ここは、3人ともワンオン成功!私はPARゲットです。(^_^)v

コ#12441;ールテ#12441;ンクロス13番

こちらは、INの13番、330Y-PAR4です。2ND地点がけっこう狭いのでプレッシャーがあります。ティーショットはフェアウェイキープするも、4オン2パットでダボ。確か、洋芝に食われて・・ダフリがあったような気がします。

前振りが長くなりました。本日の結果です。
50(18)+48(17)=98(35)でした。まあ一応100は切ったものの・・大魚(90切り)を逃がしたようなラウンドでしたね。
120327-0001.png

<本日の反省>
1.DR、FW3は概ね安定しており、FWキープ率80%くらいでしょうか。まあ、合格点をあげられます。
2.アイアン系のショットが精度を増し、ほぼ意図する所へ打てた。理由は、テークバック改善か?
3,短いアプローチショットで何度かミスが出た。右手首が悪さをしたか・・。
4,バンカーへは3回入った。一度はナイスアウト。後の2回は、ややクリーンに当たってピンオーバーとグリーンオーバー。
5.パッティングは良くもなく・・悪くもなくといった感じ。
6.前後半で、突然の多叩き・・。アプローチのOBで精神的に崩れた。
7.折角よいリズムをキープしていながら、流れを止めるミス(チョンボ)が痛かった。
8.グリーン周りが難しかった。(OB杭も近くにあり、窪地が多い)
9.グリーンはやや早めで、アンジュレーションが効いている。微妙に傾斜が読めなかった。

フロント7番ー10打の言い訳
3打目を打つまでは順調に来ていた。しかし、運命の3打目・・PWでグリーンオン狙いだったが、左にそれてグリーン左横の小山にあたる。窪地あたりに止まっていると思いきや・・球が無い!なんと・・すぐ脇にOB杭があって、白球はその外にあった。小山の上からAWでアプローチするも、ここで又・・なんとトップして向こうのバンカーへ。ようやく5オンである。そして、精神的に追いつめられた結果が・・なんと3パット。8打+2打罰の10打・・と、まあこう言うわけである。ああ情けなや・・情けなや・・。(泣;)

<総括>
全体的には、ショットは良くなっていると思うが、まだまだ短いアプローチの技倆レベルが低いかな?勿体ないミスが目立つ。あと、上がりの2ホールでは精神的なもろさが出てしまった。ゴルフとは、体力、精神力、知力の3つのバランスがとれてスコアに繋がると心得たい。
コースとしては、予想以上に戦略性が楽しめる設計で面白かったと思う。ゴールデンクロスという名の通り、アプローチでクロースた(苦労した)が・・またチャレンジしてみたいコースの一つである。とにかく、洋芝が・・綺麗だった!
2012-03-26 14:53 | カテゴリ:小次郎パパの徒然日記
タイヤ交換

そろそろ雪のシーズンも終わりと言うことで・・。

スタッドレスからノーマルタイヤに交換しました。

自分で交換するのも大変なので、いつものお店でやってもらってます。

換装時間は約30分、費用¥2,100也!(手間のことを考えると、リーズナブルかな?)

タイヤプレッシャーを調整してもらい・・これで高速道路も安心して走れます。

2012-03-24 08:22 | カテゴリ:オヤジのぼやき
巷で話題になっている「年金基金ー代行部分」の取り扱い問題。AIJ投資顧問の運用破綻を引き金に、穴埋めをめぐって厚生年金の国民負担にまで波及しそうな心配が懸念されてます。加盟する企業の破綻が進めば進むほど・・連帯責任制のドツボに嵌まるというシステムになっており、抜けるに抜けられぬギャンブルの世界みたいなところがあるようです。その負け分をどうするか・・なんですが、自分で払え切れなくなったから、親(国)に泣きついてきた子供みたいな感じがしてなりません。要するに、税の国民負担増大に繋がる問題なわけです。まあ当事者からすれば、イカサマに会っての話なんだから、自己責任では無いようなことを言われておりますが・・。

しかし、これって自己責任の範疇であることは疑いの余地がないことですよね。いわば、多くの年金基金がその運用管理を自らの責任においてバブル期より続けてきた「功罪」の総括なわけです。良い時には、かなりの運用益を得て美味しい恩恵もあったはずです。悪くなったら誰か助けて・・では、なかなか国民理解が得られないと言っても過言ではないでしょう。そこに天下り公務員OBがかかわっていたということが、そもそもの悲劇の始まりだったと言うことでしょう。監査役である国も、その実態をこれまで見抜けなかったことには責任を感じるべきだと思いますね。

まあ残酷なことを言うようですが、「年金基金を解散して自分たちで何とかしなさい」・・と言うしかありませんね。それでもダメな場合は、そこからは国が考えることだと思います。世の中には、株や投資信託で多くの損失を抱えた人が五万といます。言うならば、それと同じ問題なんです。私も(銀行の)甘い言葉にそそのかされて失敗した一人ではありますが・・誰に文句も言えません。要するに・・自己責任!なんです。

そもそもが、某赤社の破綻を国が公的資金投入で救ったことも影響しているのかも知れませんね。安易に救済するとなると・・次から次へと同じような問題が出てくることになり、収拾がつかなくなります。国民が負担するにも限度がありますわ。それにしても、AIJ投資顧問の浅川社長という人物・・あれは悪(ワル)ですな~。運用実態を隠して、自らの月給は¥600万だった・・と!ボーナス入れれば、恐らく年収¥1億じゃない?刑事責任を免れないだけでなく、全国引き回しの上・・無期懲役ものです!(怒!)←と、思いませんか?
2012-03-23 19:23 | カテゴリ:ゴルフーラウンド報告
先日の水曜日、「アイランドGR那須」に・・中一日おいてリベンジマッチに行ってきました。ですが・・、見事に返り討ちにあいました。この時期、那須の芝は・・なかなか手ごわい相手でしたね。2戦連敗です!
まあとにかく、このところアプローチがしっくりきません。毎日練習場でしっかり打ち込みをしたんですが・・やっぱり練習場と本番では環境が違いすぎました。冬芝は・・難しいですわ。

恥ずかしいスコアですが、一応報告をしておきます。ここ半年ではワーストではないかと思います。
北コース:53(20)+東コース:53(22)=TOTAL:106(42)
120323-0001.jpg

はい、恒例の反省自己分析です。
1.全体に、コース戦略法が明確でなかった。(2打目の狙い所が甘い)
2.ティーショットはまずまずながら、アプローチの精度が悪い。(薄い芝は難しい・・)
3.パッティングが乱調。(広いグリーンとアンジュレーションに悩む)
4.過去最悪の5パットを記録した。(※言い訳文参照)
5.強風にやられました。(番手の選択ミス多し)

しかし、このところ完全に負のスパイラルに落ち込んでしまったようです。何となく、アプローチに自信をなくしてしまってますね。理由は、練習で疲れた時に出るシャンクのイメージが残っているのかも。実際にコースでシャンクしたわけではないのですが、若干その時の不安が頭をよぎります・・。中途半端なのかも知れませんね。

今回最悪だったのは、後半東コースの7番で出た5パット!私自身、信じられないような初体験でした。経緯はこうです。まずはドライバーのティーショット、まずまずの飛距離とFWやや右サイドキープでOK。続く2NDショットはUT4を使用。これもグッドショット。残りまだ200Yくらいあるので、UTで2度目の刻みを選択。このホール、560Yと長いので最初から4オン狙いです。しかし、最初の悲劇は3打目のUTで起きました。真っすぐ安定していたUTですが、何故か左へ引っかけ気味のミスショットとなり、くぼ地のラフへ・・。ここは絶対に左へ打っちゃいかんのです。両サイドOBなんですが、特に左サイドはグリーンまでが樹木でスタイミーな状況になります。そして、見事にはまりました。4打目はラフからの打ち損ないで、5打目は木の枝の下を抜けるような低いハーフショットで何とかグリーンオン。しかし、乗った場所が悪かった。カップまで約20mくらいを残して、しかも馬の背越えのライン・・。どっひゃ~!・・な神様のくれた試練です。最初のパッティングで、球は馬の背上に残りました。カップまでは、まだ8mほどあります。1打目は打ち切れませんでした。ここからは、2打目下りのややフックライン。しかし下りの傾斜を過少視しすぎたのか・・なんと4mほどオーバー。返しの3打目パットも50cmほど残す羽目に・・。しかし、これが惜しくも入らず・・なんと5パットの完成です!(カップ周り・・難しすぎでした)お恥ずかしい限りで・・。

この時期のゴルフは、なかなか難しいですね。特にグリーン周りの芝には手こずりました。2戦連続での100オーバー・・私にとっては苦い薬となりましたが、逆に良い経験にもなったように思います。また一つ、ゴルフの怖さと面白さが分かったような気がしますね。上手く行っても行かなくても・・ゴルフは楽し!です。v(^ ^)v
2012-03-20 07:51 | カテゴリ:グルメ
昨晩の夕食です。レストラン「寿楽」のサイコロステーキ定食。(¥1,300)

ボリュームも満点、味も満足な・・いわゆる定番商品です。

特に、肉は柔らかくてオリジナル・ステーキソースが効いてますね。まいう~♪(^_^)v

まいう~♪と言えば、過去にその番組も来ているようです。(店内に色紙が飾ってあります)

那須に来たら・・一度は立ち寄りたい、気になる店ですね。ごちそうさまでした!

サイコロステーキ定食
2012-03-19 17:12 | カテゴリ:ゴルフーラウンド報告
本日、急遽「那須チサンCC」でラウンドを楽しんで来ました。去年の正月明け以来ですですから、1年3ヶ月ぶりになります。果たして、その時のイメージは残っているのでしょうか・・?

結果から申しますと、今日は・・見事に沈没しました。前後半共に50オーバーの多叩きです。このところ調子の悪くなかったアプローチが・・大荒れ!じゃじゃ馬みたいで、言うことを聞いてくれませんでした。
ドライバーとパッティングはさほど悪くなかったのですが、あれだけグリーン周りのアプローチが悪いと、スコアになりませんね。冬芝を侮ると・・痛い目に遭うという証拠です。それと、砲台グリーンには手こずりました。甚く反省しております。(スコアカードは、あまりのひどさでどこかに置き忘れてきました。確か、104くらいだったかと思います。)明日は・・当然、反省練習ですね。OB×1回(ドラ)ワンペナ×1回(ロスト)でした。p(^^;)q
パッティングは、好調とまでは行きませんが・・まあまあと言ったところです。確か、34回くらいかな?距離感が良かったです。

とにかく、今日の敗因はアプローチだけですね。あんなにチョロったり、ダフッたりしたのは久々です。途中で、情けないと言いますか・・自暴自虐的になってきましたね。まあ言い訳になりますが・・前日の降雨でフェアウェイのカジュアル部分の多いこと、それにラフもベアグラウンドから打つケースが多くて、非常に難しいショットを強いられました。カジュアルは救済も受けられますが、大したことないと思って安易にショットしたのが大失敗。下をえぐってしまって・・ミスショット!ベアグラウンドからは、リーディングエッジに当たってトップするという・・下手くそを絵に描いたようなショットが多かったですね。

よし、明後日もう一度リベンジだ!次は「アイランドGR那須」(本日セット)。準ホームコースみたいなところですが、グリーンの大きさとアンジュレーションが難しいコースです。本日の鬱憤晴らしをするにはなかなか手強いコースなので、返り討ちに遭わぬよう・・心して臨みたいと思います。

120319-0001.jpg

余談ですが、ゴルフの帰りに「日帰り立ち寄り温泉」に寄ってきました。自荘から5分ほどの所にある「ホテルエピナール那須」。こちらのお風呂は、本当にゆっくりと楽しめて良いですね。もちろん露天もありますし、サウナもあります。普段は¥1000以上取られるところ・・ネットの割引チラシを持っていれば半額の¥500。これはナイスなサービスです。最後に、ゴルフの悪いイメージをサッパリと洗い流して帰ってきました。(^^)/
2012-03-18 10:06 | カテゴリ:小次郎パパの徒然日記
本日これより那須へ移動します。
今回は、みちのく一人旅・・。

本当は昨日から息子同伴で行く予定でしたが。
あいにくの天候で取りやめに。
結局、私一人でぶらり旅となりました。

明日は、那須友のS氏と2サムでラウンドです。
久しぶりの「那須チサンCC」をとりました。
「明日やりますか・・」で、簡単に予約できるところなんぞは・・。
さすが那須ですね!(^ ^)

では、行ってきま~す♪
2012-03-14 18:15 | カテゴリ:ゴルフースイング考察
昨日のラウンドで、後半突如乱れたドライバー・・。何となくスイングに落ち着きが無くなり、振りの早さや軸のブレが気になってどうしようもありませんでした。OB×2発は、いずれも右へのスライス系弾道。要するに上体の捻り不足で手打が原因だったようです。そしてその原因究明のため、本日早速鳥カゴで反省練習をしてまいりました。

今日の特打は、もちろん・・ドライバー。いつものように、ゆっくりと素振りを1回行ってアドレスに入ります。フィニッシュの形を2秒間ホールドすることがポイントです。他に注意することは、グリップとテークバックのリズム、トップの位置と形・・などなどです。とにかく、早く振りすぎないことに気をつけました。そして最後まで振り切る・・。フィニッシュで5秒間体が停止できれば、丁度良いバランスが保たれていることになりますね。

で、何球か打ってみたところ・・まあまあ悪くはありません。が、何か釈然としないものが感じられます。それは何か?要するに、出玉の角度と勢いなんですね~。球の上がる角度が高いのと、何となくこすり玉みたいで方向性にバラツキがでます。う~ん、さてと・・どうしたものだろうか?これじゃぁ、昨日の後半に出たスライスが、いつ又出るか気が気でない・・。

そこで閃いたことは・・。そう、「体の軸」と「スタンス幅」なんですね~。体の軸は、少し右寄りに倒れていたのを縦側に修正してやりました。気持ち的角度で2~3度くらいでしょうか。そうすることで、打ち出し角度は低くなると思ったわけです。風の吹く日に、吹け上がる球はいけません。
そしてもう一つ、ここが本日のキモなんですが・・スタンスの幅だったんですね~。スタンスの幅が、ここまで大きな影響を与えるとは・・思いもよらなかったと言うのが本音です。自分じゃ肩幅くらいと思っていたのが、実際はやや広めだったみたいです。気持ち4~5cmくらい狭めてやってスイングすると・・なんとなんと、体がよくまわること!つまり、スタンス幅が広すぎると、疲れと共に上体の捻転が足りなくなって手打気味になるって言うことです。完全に私の理論が的を射ているわけではないかも知れませんが、少しでもスイング改善の効果が現れるのなら・・目から鱗の即効薬ですわいわい。わっはっは・・。(^_^)v

ゴルフのスイングとは、そんなに簡単なものではないと思いますが・・シンプルに考えてこそ、そこに上達の秘訣が隠されているものだとも思います。自分なりの試行錯誤も、ゴルフの楽しみ方の一つなり・・。
2012-03-13 18:56 | カテゴリ:ゴルフーラウンド報告
本日、お初の「源氏山ゴルフクラブ(千葉県市原市)」に行ってきました。天候は、申し分のないピーカンでした!
午前中、やや気温が低く寒風が吹いていたものの・・午後には気温も上昇して小春日和みたいな一日となりました。これで、寒~い・・なんて言っちゃあ、叱られますわ。まあ、お天気運の強い男が4人・・房総の源氏山に集結し、ゴルフ版ミニ源平の戦い?と相成りました。誰が源さんで、誰が平ちゃんかは・・問題にしないでおきます!(笑)
ここ「源氏山」の名の由来ですが・・昔、源頼朝が関東一円を治めるにあたって、自軍の拠点を敷いたことから来ていると石碑に記されておりました。一応、由緒ある歴史的名門コースなようです。なかなか、コース設計も良かったですね。(-_-)

源氏山GC

さて、前置きはこのくらいにして・・。本日の決戦の結果です!
フロント:45(16)+バック:53(18)=98(34)

120313-0001.jpg

まあ、ハッキリ言って・・後半壇ノ浦の負け戦みたいな気分でした。3番でロスト(扱い)、5番と8番で痛恨のOBです。特に、3番のロストは凹みましたね~。フェアウェイ左寄りに真っ直ぐ飛んだティーショットは、やや小枝をかすめながらも真っ直ぐ行ったと思いましたから・・。あれで、何でボールがないの?って感じです。左に引っかけてのOBなら諦めもつきますが・・非常に納得いきませんでした。ルール上5分以上は捜索に時間をかけられませんからね。まあ仕方ありませんが、神隠しに遭ったみたいです。(このことが、それ以降波に乗れなかった大きな原因となりましたね・・)これしきのことで、自分の気持ちを抑えきれない自分は・・まだまだ未熟者なんだと言うことなのでしょう。前半、非常に良い感じでラウンドしていただけに・・勿体なかったなぁ!

まあ何だかんだ言っても、毎度のことながら・・ゴルフのスイングと言うヤツは・・ホントに難しい。調子が良いと思っていても、突然狂いますからね。特に、後半疲れが溜まってくると下半身が言うことを聞きません。まあ歳ですから・・って、何の話や?!(おっと、危ない下北半島!・・笑)踏ん張りが効かなくなります。
今日は、後半ドライバーが不調に陥りました。右へのOB×2発が、その象徴です。恐らく、体が回らなくなって手打ち気味になっていたのでしょうね。カートはリモコン操作だったので、その分歩いてまわる時間がいつもより多かった気がします。それも疲れの溜まる原因だったのかも知れません。とにかく・・疲れました!

スコアのことはともかく、今日も好天の中、好きなゴルフが出来たことに感謝です。細かな反省点はあるものの、怪我無く、元気で、楽しくラウンドすることが一番の喜びですよね。我らアマチュア・・それで良いじゃない!
さて、「明日からまた仕事頑張るぞ~!」って思っていたら・・会社から「明日は生産調整で休みです」という連絡がありました・・。何だか複雑・・。世の中って、なかなか自分の思うようには行かないものだね・・。(´。`)
2012-03-11 21:56 | カテゴリ:小次郎パパの徒然日記
そろそろ確定申告の締め切りが近づいてきた。

毎年、早めに申告を済ますのだが・・。

今年は、何故かズルズルと提出時期が遅れてしまった。



いつもは税金払いすぎで還付金があるのだけど・・。

今年は、給与所得+雑所得で、年貢を納めなければならないようだ。

後で納税というのは、誠にきびしいものがある・・。

まさに・・年貢の納め時となってしまった。(゚o゚;)



一年間の医療費をかき集めて見たものの・・。

焼け石に水。

ああ、今年の納税は・・国税が酷税に感じられるなぁ・・。

深刻さが確定した・・確定申告(深刻)だ!
2012-03-11 06:39 | カテゴリ:小次郎パパの徒然日記
丁度一年前の今日、未曾有の大災害をもたらした東日本大地震が発生しました。

今もなお、記憶の中にハッキリと蘇えります。

そして、その後にやって来る巨大津波と余震の連続・・。

東日本全体が壊滅的な被害を受け、一時は日本沈没か?とさえ思われた歴史的な忌み日です。



未だに被災地では、がれきの処理に難題を残し、日常生活の復旧もままならない状況が続いています。

また福島の原発事故処理では、根本的な問題は何ら進展していないとさえ言える状態です。

家族を無くし、全ての財産を失った人々は必死に生き、被災地での再出発を願っています。

本当に、一刻も早く震災前の生活に戻れるよう・・真に願ってやみません。(亡くなられた方は戻ってきませんが・・)



一年目の今日・・被災者への追悼とともに、地震国日本で生きることの意味を考えなければなりませんね。
2012-03-08 19:41 | カテゴリ:ゴルフースイング考察
あ~、長い休暇も今日で終わりました。明日から少し仕事に出かけてまいります。
それにしても、今回は那須行きを断念したせいで、ゴルフの練習やら確定申告やら小次郎くんのシャンプーやら・・いろいろと雑用を済ませることが出来ました。

ゴルフの練習と言えば・・先週末の土曜~日曜にかけて息子が帰ってきたこともあり、親子練習で休日を過ごしました。そして、その後の月曜からは・・再びひとりで鳥カゴ通い(皆勤賞)。打つこと、延べ1400球・・。まあ、しっかりとゴルフの練習に打ち込むことが出来ましたね。その間、シャンクも出たし新たな開眼もあったし・・ゴルフの修行って、ホント不思議と楽しいものですわ・・。(。_。)あ、エルボーは徐々に快方に向かっております。

開眼と言えば・・そう、テークバック。以前もテークバックに関して「スイング考察」のところで述べましたが、今回は正真正銘?の開眼になりそうな感じです。またか・・って?(笑)まあ、良いじゃないっすか!自己流は全て自己責任。当たるもハッケ・・当たらぬもハッケ(?)・・。気持ちよければ、それで良し!(インパクトが気持ちいいんです)要は・・ショットの結果が全てですよね。ポイントは、全て文字にしたためて残しておきました。

かいつまんで言いますと・・「テークバックの形」と「トップの収まる位置」が全てなんですね~。以前はコックを早めに形成して、コンパクトに肩上に担ぎ上げるみたいな動作をしてましたが、それはそれで良いんですけど・・、今回はあまりコックを意識せず、左腕を曲げずに顎下まで真っ直ぐ引き上げることに留意しました。その結果、インパクトでボールを芯で捉まえられ易くなりました。トップの位置では、過剰にコックを取りすぎないのがポイントです。私の場合ですが、トップでコックを取りすぎると(手首が緩んで)軌道が狂いやすくなるみたいです。その結果、ダフリや方向性の狂いに繋がりますね。当初、コックは飛距離をアップするものだと信じていましたが・・結局肝心なことはミート率なんですね。芯に当たれば、距離はさほどロスしません。それよりも、大事なことは方向性(ライン出し)だと確信した次第です。これはウッド系からアイアンまで全て同じことが言えます。基本的に、ティーアップして打つドライバー以外に共通して使える打ち方だと思いました。先日のシャンク事件でも、原因をいろいろと考えて見ましたが(原因が何かは分かっているが・・)、私の場合は「テークバックの形」と「トップの位置」が原因であることに疑いの余地はなさそうです。左手グリップの緩みと、下半身のぐらつきも大きな素因として考えられますが・・。(-_- )

そんなことをウダウダと考えながら、長い休暇は終わりました。今度のラウンドは来週の火曜日。何だかとても楽しみなラウンドとなりそうです。
2012-03-08 18:14 | カテゴリ:ニュース-気になる話題
【ニュース記事】
新型iPad、日米などで16日発売 画質向上
米アップルは7日、画面にさわって操作する板状のタブレット端末「iPad(アイパッド)」の新しい機種を発表した。昨年春に発売したiPad2よりも処理速度をアップさせ、画質やカメラなどの性能も向上させた。16日にまず米国や日本で発売する。
独自の半導体を使い、フルハイビジョンの高画質も表示できるのが特徴だ。鮮明な動画も撮影できる。次世代の高速通信「LTE」などに対応。処理速度が大幅にあがる。日本語の音声認識もでき、語りかければ電子メールなどが作成できる。
画面サイズや厚さは、iPad2とほぼ同じ。価格は、一番安いモデルで499ドル(約4万円)、日本では4万2800円に設定した。今までの「iPad2」は、8日(日本時間)から一番安いモデルで3万4800円まで1万円値下げした。
RTR201203080001.jpg
-------------------------------------------------------------
【マイコメント】
いよいよ新型iPadが16日に発売になりますね。気になるネーミングですが・・以外にあっさりと「The New iPad」で落ち着きました。と言うことは・・もうこの手の商品はこれでお終い(一段落)と言うこと?
最先端の技術を駆使し、今や必携Life Toolと進化した第3世代のiPadコンピュータ。果たして、他社の類似製品の追随を許さず、独走態勢を築き上げることができるのでしょうか?それにしても、見事に完成度の高い製品に仕上がったようです。さすがアップル社の企画コンセプトは素晴らしい・・。iPhoneからiPadに至るまで、簡単で説明書の要らない取り扱い方の一貫性が感じられます。今回は、私の連れ合いも欲しがってますわ。(日本語のボイスコントロールが魅力らしい・・)う~ん、どうしたものか・・。(-_- )
2012-03-05 11:01 | カテゴリ:小次郎パパの徒然日記
福島原発事故の処理は、いったいどこまで進んでいるのでしょうかね?

ニュース等では、ロボットを使った内部の状況確認で様子が次第にわかってきたと報じられていますけど・・。

事態は、手つかずの部分が多く一向に進展していないようにも見受けられます。

甚大なる放射能拡散の被害は止まっているかもしれませんが・・。

未だに福島周辺では、日によって放射能値が高いこともあるようですね。

本当の真実を知らされないことは・・知ることの恐れよりも、はるかに怖いことです。(-_- )

震災後まもなく一年を迎えようとするわけですが、除洗作業やがれきの処理にはまだまだ時間がかかるようですね。

地震国日本に住む我々としては、正しい知識で放射能とうまく付き合っていくしか無いのでしょう。

そこで、最近は一般家庭向けの放射線測定器が安く提供されるようになったことから、我が家もついに購入するに至りました。

戸外での放射線量(食品には不可)しか測定できませんが、身近な生活空間の状況を正しく知っておくことは大事なことだと思いまして・・。

特に、福島に近い那須生活では生活必需品の一部になるかもしれませんね。

測定器

でも、私はちっとも怖いなんて思っちゃいないんですよ。まあ、この歳ですからね・・。(笑)

しかも、若い時から散々海外を行き来して、宇宙線(放射線)は他人の何倍も浴びてますしね・・。

今更、自分の寿命にはさほど影響は無いんじゃないかと思ってます。(それよりも、ボケが怖い!)

しかし、成長過程の小さなお子さんのいらっしゃる家庭では気になることだと思いますね。

わずかな放射線でも気になるお母さんたちもいらっしゃるでしょうし・・潜在的にノーと言う方もいらっしゃるでしょう。

でもね、放射能漏れが起こったことは事実なんだし、元に戻すには何十年もかかるんです。

風が吹けば世界のどこまでも飛んでいくし、雨が降れば野山の土に染みこんで海へ流れていきます。

もともと、私たちの周りには放射線はいっぱいあるんです・・。

こうなったら、正しい知識と知恵を持って、過敏に恐れることなく付き合って行こうじゃありませんか!

東北のがれきも、みんなで受け入れてあげれば良いんじゃない?!(除洗済みなのだから・・)

※ちなみに、本日の我が家では0.08μシーベルト/hでした。(平常値範囲)測定器は、最少0.05μシーベルト/hを示します。

〔参考ニュース〕「福島県民は誰も甲状腺ガンにならない」
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。