-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-08-30 16:34 | カテゴリ:ニュース-気になる話題
【ニュース記事】
野田民主党代表が第95代首相に…衆参が指名
菅内閣の総辞職を受け、国会は30日午後、衆参両院本会議で首相指名選挙を行い、民主党の野田佳彦代表(54)を第95代、62人目の首相に指名した。
衆院では、野田氏が308票の過半数を得て、首相に指名された。
一方、参院は1回目の投票で、野田氏が110票、自民党の谷垣総裁が85票を獲得したが、過半数に達せず、両氏による決選投票の結果、野田氏が110票で、谷垣氏の107票を上回り、首相に指名された。決選投票では白票が24票あった。野田氏の首相指名が正式に決まった。
-------------------------------------------------------
【マイコメント】
昨日の民主党大会で代表に選出された野田佳彦氏が、本日衆参両院本会議で新しい第95代日本国総理大臣に指名されました。今回の民主党ドタバタ劇で、国民にとっては関心の薄い総理戦でしたが・・一応シナリオ通りの反小沢で一本化した主流派+中間派連合の勝利といった形になりましたな。やはり、世論を意識してか・・小沢さんの息のかかった政権を嫌ったという結果になったようです。誰が総理になっても難題山積の民主党政権ですが、さて野田さんのお手並み拝見と言う見方が多いようです。
彼の経歴は、松下政経塾の第1期生で旧日本新党で初当選した後、現在の民主党に移籍して財務省関連の要職を歴任したとあります。もちろん実績は十分なのでしょうが、彼の言う信念と政策が民主党の複雑なお家事情・・いや、日本の現状をドラスティックに変えて行けるのかどうか・・。信頼回復のためには、この先1~2年の手腕が問われそうです。(そこまで持てば・・の話ですが)
特に応援をしている訳ではないのですが、ちなみに住んでいる所が・・ごくごく近所です。近所の評判は悪くありません。自宅も質素な構えです。そう言えば、何年も前に最寄り駅で街頭演説をよくやっていたな~・・という記憶があります。演説は確かに上手でした。何となく誠実感と実務的という印象がありましたね・・。
まあ、期待はしてませんが・・日本再生の大構想を打ち出してもらいたいものですな。震災復興が大事なことは言うまでもありませんが、日本経済の立て直し・・それが全てのカギを握っていると思います。雇用の回復と安定・・元気な日本を取り戻すためには不可欠な課題です。それが無ければ、増税も無いでしょう。野田さんの知名度と経済の回復が、右肩上がりになることを願って止みません。
スポンサーサイト
2011-08-29 07:23 | カテゴリ:小次郎パパの徒然日記
昨日は今年度の6'THチェッックを受けてきました。言わば免許更新のための試験みたいなものです。SIMを使っていろいろな科目を実施する訳ですが、もちろんエンジントラブルとかその他機器の不具合による引き返し判断、悪視程の中での着陸操作等なども含まれています。審査時間は約2時間20分程度。コロコロと状況(シチュエーション)も変わりますので、実運航よりもかなり疲れますね。それを相棒(同じ被審査者)とPF/PM交互に行います。PFというのは操縦操作担当で、PMというのは操縦以外の業務(ATCやFMS操作)をこなします。いずれも審査の対象となりますから集中力の維持が重要です。都合、5時間近い箱の中の戦いは・・年に一度の「関ヶ原の決戦」みたいなものなんですね~。

一応、今年も無難に審査を終えました。先日の路線審査(実運航での審査)とあわせて技能に関するチェックは全て完了です。あと半年に一度の身体検査もありますが、しばらくは免許証の有効期間が長らえて業務ができるわけです。毎年毎年同じことの繰り返しなんですが、これが我々の品質保証を担保しているのだと思えば・・辛さよりも誇りに繋がると言うものです。自己節制とあわせて、第三者に厳しく評価されるということは・・安全維持の上で大事なことだと思いますね。まあ、とにかく一段落です・・。
昨晩は、自宅で久しぶりに伊赤ワインのバローロを飲みました。"勝利の美酒"は心地よい眠りを誘ってくれたようです。\(^ ^)\

ハ#12441;ローロ
2011-08-25 07:37 | カテゴリ:小次郎パパの徒然日記
昨晩無事に自宅に帰ってきましたが、途中宇都宮近くで突然のゲリラ豪雨に襲われました。
朝から天気予報でそれとなく感じてはいましたが、予想以の激しい雨で・・まるで洗車機の中にいるようでしたね。一時は、ワイパーMAXでも前方視界が数十mくらいになるほどでして・・。久しぶりに車で緊張しました。

しかし、ドライバーの中には何を考えて運転しているのか・・無知な輩が多いですな。普通の雨ならともかく・・1時間に40mmを超える豪雨ですよ。要するに、バケツをひっくり返したような雨量です。高速道路の路面も一時的に冠水状態になっているわけです。「ハイドロプレーン現象」って言うのを知らないのかなぁと思ってしまいました。

「ハイドロプレーン現象」とは、ご存知の方は危険なことを承知されていると思いますけど、ブレーキを踏んでもブレーキが利かない状態になってしまうことです。路面上に雨(水分)の膜が出来てしまって、摩擦係数が極端に落ちるわけです。もちろん、ハンドル操作も意のままにはなりません。そんな所を車間距離をつめて(10mくらいに)追走してくる車がいるんです。怖いですよね~。「兄ちゃん、何考えてんの~!」って言いたかった・・。

雷雨に見舞われたのは、矢板北PA辺りから栃木ICくらいまでだったでしょうか。とにかく辺りは真っ暗。まるで「アルマゲトンがやってきた」・・みたいな空気になりましたね。あれじゃ、宇都宮周辺の地域は停電や冠水状態になるでしょうな・・。びっくりしました。でも、佐野SAが近づくと雨も治まり青空が見え始めたので、ちょっと休憩して運転の疲れを取った次第です。ワンコ(小次郎)も、緊張のあまり・・おしっこを漏らそうになってましたからね!(笑)

今日はこれから早速仕事で北海道に向かいます。あまり爽やかな天気ではなさそうですが、今日も元気で頑張ってまいります。元気が一番、現金が二番!
2011-08-23 18:10 | カテゴリ:エンジョイ那須生活
昨日から今日にかけて、風邪を引いてしまったらしい・・。
熱は微熱程度ですが、鼻水とクシャミが止まらないし・・何となく気だるい・・。
いや~、夏風邪の典型的な症状ですな。(´ー`)

気温の変化も急激だったけど、このところの連続勤務で少々疲れが溜まっていたのかな?
さすがに今日は、ゴル練にも行きませんでした。(パターは部屋で出来ましたけどね)
明後日からの仕事に備え、早く治さなければ!
この後、夕食を食べて薬を飲んで・・早めに就寝しようと思います。

IMG_1105.jpg

ああ、今回は天候にも恵まれず、体調も崩してしまって・・。
ちょっと残念な山荘ステイとなりました。
まあ、ゴルフと同じで・・こんな時もあるわな。(。_。)
2011-08-22 22:02 | カテゴリ:オヤジのぼやき
【ニュース記事】
国交省:トラック無料化打ち切り 悪用相次ぎ8月末まで
国土交通省は22日、東日本大震災の復興支援を目的とした東北地方の高速道路無料化のうち、トラックなど中型車以上の無料化を当初予定していた8月末で打ち切る方針を決めた。同日開かれた高速道路の在り方に関する有識者委員会の会合で、打ち切りに強い異論がなかった。
中型車以上の無料化をめぐっては、被災地への物資輸送と無関係な車両が悪用し、料金を払わずに通行する例が横行していた。被災・罹災(りさい)証明書を持った被災者や原発事故の避難者が運転、同乗する車両の無料化は中型車以上を含めて継続する。
有識者委座長の寺島実郎日本総合研究所理事長は会合後、記者団に「当初の方針を変えて延長すべきだという意見はなかった」と述べた。
国交省によると、制度の悪用が疑われるトラックなどの利用割合が東北道の白河インターチェンジ(IC)で11~17%、磐越道の新潟中央ICでも13~17%に上っていることも判明。常磐道の水戸ICでは10~14%の車両が制度を悪用したとみられることが既に分かっており、無料区間の南端に位置する三つのICすべてで不適切な通行の割合が10%以上だったことになる。
---------------------------------------------------------
【マイコメント】
制度の打ち切り・・当然です!当初から、こんな“抜け道(制度の悪用)”のある愚策は即刻廃止すべきだと思っていましたが、やっと正式に廃止されることが決定しました。民主党政策の先見性の無さが、ここでも露見した形です。これも、社会実験の一環だと言い逃れをする気でしょうか・・。大体が、悪用されるような制度を作るほうが悪い。そもそも、渋滞70kmの中で無料の車と有料の車が混在するって・・どうなのよ?被災地の人たちは仕方ないにせよ、関係のないトラック(中型以上)が日々の渋滞を助長させることになっている訳です。よく黙って走っていられるなと思いませんか?
それにしても、あまりにも見通しが甘く、被災地支援という美辞麗句(人気取り?)を盾にしたお粗末な政策に呆れるばかりです。”子供手当”や”原発処理”の施策についてもしかり・・。最初は希望を持たせておいて、後で足下をすくうような「口先だけの甘策」が多いですな。誰の責任とは申しませんが、今の政権のふ(ん)がいなさに・・憤慨しているのは私だけではないでしょう。ここに来て、総理の首を挿げ替える話になっていますが・・全く国民不在のお家騒動で、興味もなければ期待もなし。MでもNでもKでも・・勝手にせい!(`ε´)
2011-08-20 20:26 | カテゴリ:エンジョイ那須生活
誕生日の夕食は、山荘のサンデッキで・・。
メインディッシュは、安愚楽牧場の黒毛和牛フィレステーキです。
ニュース等では、民事再生断念だとか資産売却だとか言われておりますが・・。
どうやら、本店とレストラン営業は存続するようです。(良かったね!)

誕生日テ#12441;ィナー

今日は、娘が新幹線で東京からワインを持って駆けつける予定でしたが・・。
都合が悪くなったので、誕生会は家内と私と・・プラスワン!▽・w・▽(写真で右隅に耳だけ写ってます)
ワインは、自腹で地元のスーパーより調達。フランス・ブルゴーニュの赤ワインを選びました。以前、飲んだことのある銘柄なので・・味は分かっています。やや酸味があるものの、サッパリした口当たりと芳香感が特徴です。肉料理には・・バッチリ!

誕生日テ#12441;ィナー-2

今日、こうして過ごせるのも・・健康あってこその話です。退職後、恵まれた生活が出来ることに感謝・・。
豊かな自然の森に囲まれて、まさか誕生日に仏ブルゴーニュワインと那須の和牛を口に出来るとは、思いも寄りませんでした。来年も再来年も・・、この山荘で至福の時間を過ごせることを願って・・乾杯~!(*^。^*)

誕生日テ#12441;ィナー-3
2011-08-20 07:21 | カテゴリ:小次郎パパの徒然日記
昨日は午後からのスタンバイ勤務で、お昼過ぎに羽田に向かいました。
朝から首都圏の道路は軒並み真っ赤っかの大渋滞・・。こりゃ大変だと思い、予定より早めに自宅を出発。ディズニーランド付近の湾岸を避けて首都高7号線を選択したものの・・錦糸町から箱崎を抜けるまで、案の定ノロノロ運転となりました。銀座経由でレインボーブリッジを渡って有明ICに合流するルートを走行中、この時点で・・出社時刻まであと10分。恐らく若干遅刻になるかと思い、会社にその旨を連絡。結局、15分ほど遅れて会社にたどり着きました。2時間近くかかったのは、震災以降久しぶりです。結論的に言えば、雨が降って大変でも公共交通機関(電車)を使って行くべきでした。荷物があると、ついつい車利用になりますが・・計算出来ない行程はリスクがありますね。

そして会社に着いた途端、早くも仕事のお声が・・。羽田は悪天候(雷雨)と地震の影響?でダイヤが大乱れ。福岡からの乗り継ぎ便が遅れているため、担当者の代わりに千歳をピンチヒッターで往復してくれとのこと。ショーアップ時刻までは30分。直ぐに準備にとりかかり、不本意な失態を取り繕う私でした・・。内心は、仕事が与えられて喜んでいたんですがね・・(笑)。関東周辺は前線も通過して、悪天候は徐々に収まりつつありました。北海道は、爽やかな24℃の晴天でした。相棒は、一年前の退職記念FLTでCopi役を務めてくれたS木機長。こちらも爽やかでナイスガイな男です。便は大幅に遅れたものの・・爽やかな仕事ができて良かったです!

さて本日は、恥ずかしながら・・私の生誕日。人に言うほどの歳でもありませんが・・まあ今年も健康で一つ歳を重ねることが出来ました。ご先祖様に感謝ですね。一年、本当にあ~っと言う間で早いです・・。

今日から5日間ほど那須へ出かけます。折しも、皇太子家と滞在期間がかぶります。ご近所様なのでご挨拶を申し上げたいところなのですが・・きっと不審者扱いされるのが分かっていますから止めておきます。(笑)
那須もめっきり涼しくなってきたようです。衣類は、秋物が必要かもしれませんね。風邪を引いて帰ってこないよう・・注意しようっと!
2011-08-17 22:02 | カテゴリ:ゴルフーラウンド報告
灼熱の千葉ラウンド。本日、初めての長南パブリックコースへ行ってきました。(茂原市郊外長南町にあります)
朝から湿度90%という蒸し暑さの中、果たしてプレーの完遂は成るのか否か・・。シニア3人、熱中症の不安と戦いながら頑張ってまいりました。結論から申しますと・・一人の体調不良者も出さず、元気に最後まで楽しくラウンド出来たことに感謝です。午前中は、いささか雲が多い天気で直射日光の殺人光線も浴びず・・何とかスタミナを切らすことなく終えました。午後は、若干日差しが強くなって途中バテ気味になった感もありますが・・水分補給を絶やさず気をつけたことで18ホール回ることが出来ました。疲れましたが・・前回の18ホールスループレーに比べれば、余力は残っていましたね。

さて、前置きはこのくらいで・・。本日のスコア、44(15)+50(17)=94(32)でした。
スコアー長南ハ#12442;フ#12441;リック

<前半>
しっかりとボギーペースを意識して回った結果、私としては満足な44回というスコアになりました。パット数の15回も、まずまず満足な数字です。3連続パーから上がり2ホールの連続ボギーまでは、完全にリズムを掴んだ感じになりましたね。ティーショットはそれほど良くありませんでしたが、3打目以降のアプローチとパッティング感が良かったようです。後半への期待を感じつつ・・ハーフ終了!

<後半>
出だしの10番で、いきなりのバーディゲット!グリーン外からの5mパットがチップインしました。続く2ホールも連続ボギーで無難におさめ、幸先の良い流れです。しかし、ゴルフというのは上手くできていますよね~。内心油断があったのか・・13番で痛恨のOB!(第3打が白杭のやや外)成り行きはこうです・・。第1打ティーショットは、やや左にスライスしフェアウェイ外のラフ(斜面)へ。第2打はUT4でグリーン方向を狙ったものの、あいにくスタイミーな木の枝に捕まり根元に落下。続く第3打は、木々の隙間からピンが見えていたため、6Iを手にして低い弾道で花道狙い・・。これが間違いの元でした。結果は、ボールが地面に当たって跳ねた方向が運悪く・・OB。まあ、調子の良さが「悪魔の甘いささやき」に負けてしまったということでしょう。冒険は行けませんな・・。石川遼選手でもあるまいし・・。結局、8打もかかってしまいました。続く14番でも、尾を引く形となって連続ダブルパー。(この時は5オン3パット)この時点で、密かに狙った80台は・・淡い夢と消えかかってしまいました。最後は、またボギーペースに持ち直して何とか50回でホールアウト。ちょっと残念でしたが、まあ自己責任ですから・・仕方ないですね!

<教訓>
ゴルフとは、色気や慢心が出た時点でアウト。常に、謙虚に慎ましく振る舞うべし。間違っても、身の程知らずの冒険や、プロの真似ごとなどするべからず。自分の心にブレーキをかけられる余裕を持って臨むべし!

長南パブリックコース。思った以上にコストパフォーマンスは良かったです。(平日なので、食事込みで¥8000弱)コースも、適当に難しいところがあって面白かったですね。また機会があればチャレンジしようと思います。
2011-08-15 20:02 | カテゴリ:小次郎パパの徒然日記
今日は「終戦の日」。仕事で沖縄ステイです。この日に泊まるのは、何だか考えさせられるところがありますね。観光客と帰省客?らしき人たちで、ホテルは大盛況。今夜は満室状態みたいです。
沖縄も暑いですが・・東京の暑さとは質が違うといいましょうか・・、なんとか我慢の出来る暑さです。時折吹いてくる海風が、歩いていて心地よく感じられるほどです。やっぱり、ここは・・南国なんですね!

さて、今夜の夕食は久しぶりにジャッキーのテンダロイン・ステーキを食してきました。お店には混雑を予想して早めの入店。6時前には、案の定・・満席となりました。相変わらず、よく流行っていますね・・この店は。
Mサイズの肉をミディアムに焼いてもらい、A1ソースをかけて食べる・・。オリジナルスープは、何ともいえないノスタルジックな風味を醸し出しています。私は好きですね・・この味。¥1900で食べられる、お一人様向けプチディナー。コストパフォーマンスは最高ですよ~♪(写真がなくてスミマセン!)「終戦の日」なので、今夜はノンアルコールでした。

明日も暑くありそうですが、平和な良い一日でありますように・・。
2011-08-11 20:11 | カテゴリ:小次郎パパの徒然日記
暑いっすね~!(~Q~;)
今日は沖縄まで行ってきました。お盆の帰省時期だけに・・さすがに下りは満席でしたね。乗り継いで、離島へ休暇を過ごしに行く方達も、結構いらっしゃったでしょうか・・。

沖縄が暑いというイメージは過去のこと。最近では、東京よりも遙かに涼しいと思います。今日の午前中は、気温28度で海風が心地よいくらいでした。島なので、当然ヒートランド状態にはならないんですよね。関東周辺の灼熱地獄は・・やっぱり異常だ!(*_*)

帰りの便で東京にアプローチする際、富士山の北側に凄い筒状積乱雲が出てました。遠目で見る限りは夏の風物詩として思えるのでしょうが・・、さぞかし雲下の地域はゲリラ雷雨で悩まされていたことでしょう。丁度、昨日の那須のように・・。

明日は、年に一度のルートチェックです。福岡へ行きますが、今日の積乱雲の位置が・・まさに出発コースとかぶります。でも朝早いので、まだ発達するほどにはならないと思います。この時期、仕事をするなら朝早いのが一番です。ゴルフもフライトも・・格好良く涼しい顔でこなしたい・・。(^_^)v



2011-08-10 15:37 | カテゴリ:エンジョイ那須生活
台風9号、10号の影響が無くなり、夏の暑さが戻ってきたと思いきや・・まだまだ日本列島上空の大気の状態は不安定なようです。昨日を除いて、那須高原は毎日ゲリラ雷雨で悩まされております。何故か昨日だけは、雷さん来なかったんですよね~。

今日も2時半ごろから突然の雷鳴と共に厚い雲で覆われ始めました。今夕自宅に帰らなければならないというのに・・豪雨になったらどうするか?とりあえず、帰り支度だけは始めようかと思っています。直ぐ側では、愛犬の小次郎がビビリまくっています。地震、雷さんは・・超怖いようです。…>_<…

そうこうしてるうちに・・大粒の雨が降り始めました。気温が下がるのは良いけれど、これじゃしばらく外に出られません。まさにゲリラ豪雨・・。バケツの水をひっくり返したような雨です。こんな日に那須高原へいらっしゃる方は気の毒ですね。さてと・・、自然の天気には勝てませんので、様子を見ながら下山時刻を判断するとしましょう。

明日からお盆を挟んで、しばらく仕事に精を出す日々が続きます。大体が、世の中の人が遊んでいる時に忙しくなるのが私の仕事。また暑い都会に戻って熱帯夜と格闘することになりますが、小遣い稼ぎが出来ると思って頑張ります!
2011-08-09 21:01 | カテゴリ:ゴルフーラウンド報告
CIMG1075.jpg

本日、灼熱のアイランド・ゴルフリゾート那須へ行ってきました。スタートは、早朝の07:53分。とは言っても・・既に気温はうなぎ上り。レンジで30球、パターの練習を約10分間で早くも汗がじわっと・・。

とりあえず、スタートホールで同伴者の方達と記念撮影。今回は、那須在住のH氏、Y氏、それに別荘族のS氏との4人プレーです。プライバシー保護の観点で顔は伏せておきますが・・みなさん歴としたご老体です!しかし、気持ちはペヤング焼きそばです!(笑)代わりに、爽やかなグリーンの芝を載せておきますね。

さて、今日は結論から申しますと・・非常に疲れました~!
午後から雷雨がくるといけないからという理由で、暑い中18Hスルーでプレーしました。が・・最後は脱水症状寸前でした。気力だけで何とかクラブを振っていたようです。
で、肝心のスコアはと言いますと・・50(20)+52(22)=102(42)。完全に、真夏の太陽に負けましたね。しかも、風が無くて体力を消耗した感じです。まあ、仕方のない102打でしょう。遼君じゃないけど・・我ながらよく頑張ったと思います。詳しいホール毎のスコアは次の通り。

アイラント#12441;GR-0809

私以外の皆さんも・・さすがにオーバー100を叩いていました。ベテラン上級者のS氏も、普段と勝手が違っていたようです。初めてのコースで、グリーンが難しいとなると・・そう簡単には攻略できないと言うことでしょうね。更には、暑さで集中力も欠いて・・。でも、皆さん倒れることなく、最後までホールアウト出来たことは立派なものです。脱水症患者がでなくて、良かった良かった・・!(^-^)

<ラウンド分析>
①OBは3回。(ドラ×2、UT×1)それ以外は、概ねドラ及びアイアンでの・・そこそこナイスショットが多かった。
②アプローチでのシャンク×1回。(自分としては、初めてSWで発生)
③バンカーショット×3回。(いずれも1発でOUTできたが、豪雨の翌日で乾泥水のパンパン状態)
④パッティングは最悪。とにかく3パットが多いし、4パットも1回。ワンパットは、2回のみ。
⑤バーディ1回ゲット。(ショットホールでピン1.5mに)唯一、納得の行くアイアンショット。
⑥バーディやパーをゲットした後、リズムに乗りきれなかった。(暑さでボギーペースを忘れる)

<総括>
とにかく、OB×3発と42パットではスコアをまとめるにもまとまらない。他のショットがまずまずであっただけに悔いが残る。ドライバーは、練習での成果はある程度見られた。これは収穫。暑さ対策への意識が不十分だったかも・・。暑さをなめていたということ。(´ー`)
このところ90台が続いていたが、久しぶりに100叩き。まあ、ゴルフなんてそう言うものでしょう・・。私ごときのレベルでは、当日打って見なきゃわからないのが本音。ゴルフは・・難しいスポーツです!

CIMG1079.jpg

山荘に帰って、しばらく仮眠をとりました。かなり疲れ切っていたようです・・。
疲れた体に栄養を補給。今夜の夕食は、スタミナ焼き肉にしました。栃木を応援する意味も込めて・・安愚楽本店の和牛です。もちろん検査済みの食肉牛。店頭に出ているものについては、厳しい検査を課して販売されているようです。しかし・・お客さんは少ないですね~。風評被害をなんとかせにゃね~。
2011-08-08 07:35 | カテゴリ:ニュース-気になる話題
【ニュース記事】
石川遼4位タイ、米ツアー初優勝ならず
男子ゴルフの世界選手権シリーズ、ブリヂストン招待は7日、米オハイオ州アクロンのファイアストーンCC(7400ヤード、パー70)で最終ラウンドが行われ、首位と1打差の2位から出た石川遼は5バーディー、4ボギーの69とスコアを一つ伸ばしたが、通算12アンダーで首位と5打差の4位タイに終わり、米ツアー初優勝はならなかった。
首位スタートのアダム・スコット(豪)が17アンダーで優勝した。13アンダーの2位に22歳のリッキー・ファウラー(米)と世界ランキング1位のルーク・ドナルド(英)。池田勇太は17オーバーの75位。タイガー・ウッズ(米)は1オーバーの37位だった。
110808-0001.jpg
------------------------------------------------------
【マイコメント】
4日間に渡る世界ゴルフ選手権は、アダム・スコット(豪)選手が余裕綽々のバーディ・ホールアウトで見事に優勝しました。彼のゴルフは強いですね。とにかく・・崩れる感じがしません。
期待の石川遼選手も、一時はトップタイに並ぶものの・・ここ一番で突き放せず、最後はいつもの自ら崩れるパターンで4位タイにスコアを落としました。まあ、彼のスタイルですからしようがないと言えば・・それまでですが。(-_- )残り2ホールで、既に「勝負あった!」感が強かったが・・それでもバーディを獲りに行く日本の若武者。出来れば2位確保に頭を切り換えて欲しかったと願うファンも多かったのではないでしょうか。ドラを手にした瞬間、危険な賭けの匂いを感じましたね。ティーショットは、右に曲げてFWバンカーへ・・。最後の18番は、絶対にFWキープが譲れないところではありますが・・そこが彼の良いところなのかも知れません。まあ、最終的には4位タイで33万ドルもの賞金を獲得できたのですから、立派なものです。サッカーで言うなら、ワールドカップで4位になったようなもの。心から「よく頑張った!」と賛辞を送りたいと思います。全般に、パットは良くなってきているし、今後の活躍に期待が持てそうです。(^_^)v
2011-08-07 18:47 | カテゴリ:小次郎パパの徒然日記
110807-0002.jpg

先日、お披露目飛行で日本にやってきたB787(ドリームライナー)。
いよいよ、正式引き渡しの日が近づいてきたようです。
1号機は、特別塗装でその日を待ちます。(^_^)v

シアトル郊外にあるボーイングのエバレット工場。私も、B747-400の製造過程を見学しに行ったことがありますが、とにかく広いです。確か、ジャンボ機を同時に8機製造出来る格納庫があって、滑走路は4,000mだったと記憶しています。もう20年以上も前の話になりますが・・。(-_- )

787とくると・・なぜか多叩きのスコアを連想するのは、私だけでしょうか?(爆)
明後日は、マイナーチェンジしたスイングでラウンドに挑みます。出来れば、スコアは・・下二桁の数字並びが良いですね!(^^ゞ
2011-08-07 13:23 | カテゴリ:ニュース-気になる話題
【ニュース記事】
原発30キロ 義援金配分で割れる南相馬 圏内「悪平等だ」/圏外「不安同じ」
東日本大震災で原発事故や津波被害を受けた福島県南相馬市で、7月末に始まった義援金の第2次配分をめぐり、住民間の不和が深刻化している。原因は、原発事故の避難区域外である「原発から30キロ圏外」の世帯にも義援金が配分されたことだ。避難区域の住民らは「本当に困っている人への配分が減る悪平等だ」と主張。一方、30キロ圏外の住民は「原発被害は線引きできず、平等が望ましい」と訴える。どちらにも“理”があるだけに、事態は深刻だ。
南相馬市は7月30日、国と県の義援金の第2次配分(約160億円・配分方法は自治体判断)の概要を発表した。警戒区域・計画的避難区域・特定避難勧奨地点・自宅全壊の世帯は1人当たり30万円(各項目は重複せず)▽住家半壊の世帯は同25万円▽緊急時避難準備区域の世帯は同22万円▽これ以外の世帯は同20万円-などとなった。
30キロ圏外に自宅があり、かつ自宅が損壊していない世帯には、1人当たり20万円が配分されることになる。20万円という額は、周辺の自治体の同条件での配分額が2万円だったり、配分なしだったりするのに比べ“破格”とも言える額だ。
南相馬市の担当者は「原発事故当初、南相馬は全市で避難を行った経緯がある。このため30キロ圏外の住民を義援金の対象外としたり、大きく差をつけたりすることはできない」と説明する。

◆線引きできない
しかしこの配分について、30キロ圏内の住民の反応は手厳しい。担当者は「配分概要の発表から『なぜこんなに配分額が少ないのか』というお叱りの電話が鳴りやまない」と疲れた声で明かす。
30キロ圏内に住む自営業の男性(42)は「自宅を流されても独身なら30万円のみ。しかし30キロ圏外で自宅もある7人家族は140万円。どっちが本当に困っているかは明白」という。
主婦の女性(55)も「避難して仮設住宅などで暮らす人と、30キロ圏外で普通に暮らす人の差が小さい。30キロ圏外の世帯の配分を減らして、その分をそうした人に回した方がいい」と批判する。
一方で、30キロ圏外の住民側にも言い分はある。
主婦の女性(61)は「30キロ圏外の地域は、仮設住宅用の土地提供や避難区域の子供の受け入れなど行政に貢献している。それなのに(30キロ圏内では減免対象となる)国民健康保険税や介護保険料は免除されない。さらに東電の仮払い補償(1世帯100万円)も対象外だった」と指摘。「原発事故は30キロなどで線引きできず、健康への不安は同じ。このまま区別されるなら、地域を離れる人が増えてしまう」と訴えた。
こうした思いは30キロ圏外の多くの住民から聞こえてくる。

◆3つに再分断
南相馬市は平成18年に3市町の合併で誕生した。しかし原発事故で、旧3市町の境界をなぞるように20キロ圏内、20~30キロ圏、30キロ圏外へと“再分断”された。
桜井勝延市長(55)は震災後、「南相馬は一つ」と強調してきたが、裏を返せば、そう強調する必要があるほど「市民の一体感はまだ未熟だった。そのことも不和の背景にある」(市政関係者)とされる。
同市の20~30キロ圏で会社を経営する男性(50)は「今は市民が一体となって政府や東電と対決すべき時期なのに…」と心を痛めている。
110807-0001.jpg
--------------------------------------------------------
【マイコメント】
やっぱり義援金分配で様々な問題が出てきたようですな。予想はしていましたが・・。結局、時間が経つと・・それぞれの思いや他人への妬み等が募って、欲や不満が頭をもたげてくるということです。行政の不手際だけでなく、義援金の分配方法で事前説明が足りなかったことも考えられますな。タイミングを失すると、こう言うことになるという見本みたいなもの。
しかし、生きていくためとは言え・・同じ地域住民の中での揉め事はいただけませんな。お互い助け合い励まし合いながら将来に向かって頑張らねばならない状況で、一部の人だとは思いますが・・目先の金銭(義援金)に群がるハイエナもどきの行動や発言は慎んだほうが良いですな。政府や地方も、もっと被災民の細かな生活状況を把握して対応を考えるべきです。時間は十分あったはずですから・・。それにしても、2次配分で一人当たりの見舞金が20~30万円というのも少ないようだが・・。
お金の分配よりも・・一刻も早く放射能汚染の除去作業が進んで、自分の家へ戻れる日が来るのを願ってやみません!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。