-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2010-11-30 21:37 | カテゴリ:ゴルフの話題
久しぶりの更新みたいな気がします・・。
ちょっと仕事や遊びで忙しくしておりました。(^_^;)
しかし、至って・・老体は元気です!

今日は明日のコースラウンドを控えて練習に行ってきました。
ドラは絶好調。最初はアイアンもなかなか良い感じ・・。
でも、しばらくすると突然シャンクが出始めて、最後は山本リンダ状態に。
もう・・ど、う、に、も、止まらない、、、♪♪♪(;-・。・-;)

シャンクとシャックリだけは・・自然消滅を待つしかないのでしょうかね?
それにしても、明日のラウンド・・私、大丈夫でしょうか?
心配無用、明日は明日の風が吹く・・ってか。
いやなイメージはスパッと忘れて・・今夜は、はよ寝よ、寝よ!…(__).。oO
スポンサーサイト
2010-11-25 20:20 | カテゴリ:愛しのペット
爆睡中

小次郎くん、呼んでも起きましぇ~ん。

爆睡中~~~w!
2010-11-25 19:27 | カテゴリ:エンジョイ那須生活
漆黒の闇って・・経験ありますか?

今夜は闇夜で、山荘周辺は真っ暗です。

いつもなら、前のホテルの駐車場の灯りや常夜灯で薄ら明るいのですが・・。

今日は休業日のようで、全く周囲の気配を感じ取ることが出来ません。

恐らく、懐中電灯で照らしても側溝の場所さえ分からないことでしょう。

今時、都会じゃ・・絶対に経験できない漆黒です!

これこそが・・自然同化生活なんでしょうね。

たまにゃぁ、いいもんだぁ~。(*^_^*)
2010-11-25 15:22 | カテゴリ:ゴルフの話題
戸田のゴルフ練習場ショートコース。パー27の9ホール(3×9)です。
2回まわって35+34=69(19+20)でした。
いや~、良い練習になりますね・・ショートコースは。

今回は、地元在住のY氏とガチンコ強化練習のつもりでやりましたが、お互い切磋琢磨の充実した時間でした。
内容的には、バーディ×3、パー×4、ボギー×5、ダブルボギー×5、トリプルボギー×1。
やはり課題はパッティングですかね・・。なんと、4パット×1、3パット×4もありました。(1パットは3回)

ここのグリーンは、小さくてアンジュレーションの効いたサーフェスです。一応、ちゃんと芝目もありますのでグリーンを読む力が養えますね。なかなか、馬の背の下とか・・エグいところにカップも切ってあります。(-_-;)
半年前にも来ましたが、自分なりに成長している証が確認できてホッとしています。(距離感&打ち出し方向は、まずまずでした)

何回回っても、一日中やってても・・平日¥1,000(土日¥2,000)です!(安い!)
那須観光のついでに立ち寄ってみるのも・・良いんじゃないでしょうか?(^o^)
2010-11-24 22:03 | カテゴリ:エンジョイ那須生活
クリスマスツリーのイルミネーション。

やっぱり灯りがあると・・雰囲気が出ますね。

飾り付けは、クリスマスタウン「シュシュ」のプロスタッフにお願いしました。

[広告] VPS

2010-11-23 17:09 | カテゴリ:小次郎パパの徒然日記
人生の教訓

知人の不動産屋さんのU氏から頂いた、人生の道しるべ。

こう言うのを、時々目にはしていましたが・・。

なかなか味わい深いものがありますな。(-_- )



60歳からのスタートって・・素晴らしいじゃありませんか。

楽しいことに、どれだけ一生懸命になれるか・・?

人生は、健康で楽しまなくっちゃ!(^_^)v
2010-11-22 20:19 | カテゴリ:エンジョイ那須生活
レグザ

山荘のテレビ設置が終わりました。結局UHFアンテナ取り付け工事だけで済んだのですが、BSアンテナのほうは強風と積雪で設置箇所がずれてしまって用を足さなくなっていたみたいです。それで改修と再設置をお願いして問題なく映るようになってます。新たな購入部品は無いのですが、UHFアンテナに関しては、何故か分解組み立てをする必要があるとのこと。一応、信用できる業者さんなので言われるままにお任せしました。やはり、餅は餅屋・・ですかね!(^_^)
結果、全てのチャンネルが綺麗に見られて満足のいく環境になって喜んでいる次第です。これで我が山荘の地デジ化も完了です。少々経費はかかりましたが、千葉から運んできてもらって正解でした!
2010-11-21 19:38 | カテゴリ:グルメ
ボジョレー2010

遅ればせながら・・ボジョレー・ヌーボー!

セレモニーなので、廉価品を買いました。これで十分!

お味は・・、まあこんなモンですかね!

明日はゴルフがあるので、ほどほどに・・。(*^^*)ポッ

でも、三分の二くらい飲んじゃいましたけど・・。
2010-11-21 14:23 | カテゴリ:小次郎パパの徒然日記
今日から後半の連休で、那須にやって来ております。
今日は、途中ちょっとしたトラブルが発生して大変でした。実は、外環道を走っている最中に・・突然ウオーニングメッセージが現れて警報が鳴りました。ランフラットタイヤの「空気圧低下」を示す警報でした。話には聞いておりましたが、まさか本当に表示されるとは・・。

直ちに車を路肩に寄せてディーラーに連絡。日曜日の営業時間前だったので一寸心配しましたが、幸いアドバイスを得られて最寄りのサービス工場に直行することになりました。埼玉県蕨市のSサービス工場です。トラブル発生地点から約10kmのところ。車載コンピュータの案内では、時速80km以下で走れば大丈夫とのこと。何とかサービス工場まで無事に走行することが出来ました。

点検の結果・・、やはり左側後輪タイヤに、ねじ釘が刺さっていたそうです。頭は走行中に折れたのではないかと思います。(写真)何となく走行中の感じでは、左側かな~?と思っていましたが、案の定でした。でも、警告が鳴らなければ分からないくらいの運転感覚だったので、コンピュータが搭載されていて良かったです。恐らく、走行中に偶然拾ったものでしょう。(運が悪かった・・)

ねじ釘

ランフラットタイヤは、パンクしてもしばらく通常走行が出来るところにメリットがあります。従って、スペアタイヤは搭載されておりません。パンクで空気圧が徐々に下がってくると、タイヤの内径が変化して感知する仕組みになっているそうです。高速に入って速度を上げたことにより、一気に内圧が上がって空気圧の低下に繋がったのでしょうね。事故にならずに幸いでした。近くに修理工場があったことも、不幸中の幸い・・。一時は、タイヤ交換も覚悟をしましたが、パンクの修理のみで終わって安堵してます。
2010-11-20 20:10 | カテゴリ:PC&デジタルグッズ
3Dビエラがやって来て、もう一つのお宝AVグッズが復活した。
ヤマハのワンボディ5.1chサラウンドスピーカーシステム<YSP-4000>だ。
これまでは、大きな音を出せない集合住宅の悩みから、その使用を憚っていたのである。
ヘッドホンを使用して視聴するのも・・なんだか面倒で。(バチが当たるような言い訳なのだが・・)

しかし、せっかく3D大画面ビエラを買ったわけだし、宝の持ち腐れにならぬよう生かすことにした。
接続は、いとも簡単。HDMIケーブルと光ケーブルを使って、ビエラリンクであ~っという間に完了である。さすがに迫力ある音質と臨場感は・・言うだけのことはある。まるで劇場にいるみたいだ。コイツは、はまる・・。
前機種の東芝レグザを購入したときに一緒に買ったものであるが、ここにきてようやくその真価が発揮されることになった。今年の年末は、おそらく我が家全員がテレビオタクとなること・・間違いない!(゚_゚;)

070820_yamaha_ysp_350_350.jpg

<以下、ネット記事より抜粋>
「YSP」シリーズは、ワンボディの中に3cmの小型スピーカー40個、11cmのウーファー1個そしてアンプを搭載したサラウンドシステムだ。 40個のスピーカーを内蔵することで、ワンボディながらリアルな5.1chサラウンドを再現できることが特長となる。
本体には、サラウンド効果を余すところなく楽しめる「5ビーム」モードをはじめ、リスニングエリアが広い「3ビーム」モード、ステレオ音声再生に最適な「ステレオ」など多彩なビームモードを装備。部屋の視聴環境に合わせてフルオートセッティングが可能な新「インテリビーム」も搭載しており、約3分間の測定、調整で理想の視聴環境を構築できる。
HDMIケーブルを用いて接続すれば、東芝の薄型テレビ「REGZA」による「レグザリンク」やパナソニック「VIERA」の「ビエラリンク」などとの操作連携を実現。ビデオA/D変換や1080i/720pアップスケールなどにも対応する。
サラウンドシステムのほかに、YSP-4000をラック一体型にした、YSPラックシステム「YSP-LC4000」も同時リリース。幅 1300mmで37型~52型までの薄型テレビのAVラックとして使用可能だ。
天板には飛散防止強化ガラスを採用し、両サイドはピアノ調シートを施した。キャスター付きで移動も楽々行える。
2010-11-20 08:04 | カテゴリ:小次郎パパの徒然日記
ビエラ&小次郎

昨晩自宅に帰ったら、3Dビエラ(54型)が届いておりました。
結局、液晶かプラズマかを検討した結果・・。
我が家の仕分け担当大臣の強い意向で、プラズマになりました。
どうも・・自分の都合の良いように仕分けをするようです。(爆)
今まで使っていたテレビは、那須の山荘へ移動中です!

さすがに発色は自然で柔らかい感じですね。
特に赤と黒の色彩表現は特筆できると思います。
更に、映像の奥行き感は液晶に一歩リードしていると言えそうです。
気になった消費電力ですけど、2年前に検討したときよりも約半減しているようです。

今キャンペーン中だとかで、おまけがドッサリ!(おまけに・・弱い世代です)
はがきを送れば、3Dメガネが追加で2個、さらに3Dビデオの体験版やアバターの非売品版、BDなどが送られてきます。年末はテレビ視聴が楽しみ、楽しみ!でもまだ3D放送は少ないんですよね。

人が楽しんでいると、必ず出てくるお邪魔虫が・・画面手前の我が家のやんちゃ坊主。常に自分が中心にいないと嫌なようです。どうやら、存在感が薄れることを心配してるのかも・・ね。
2010-11-19 06:15 | カテゴリ:小次郎パパの徒然日記
夜明け

今朝は、綺麗な夜明けです。
コーヒーは、まだ飲んでません。
東の空には、明けの明星が輝いてます。
雪雲もなく、何だか北海道・・らしくない。

今日は全国的に(沖縄を除いて)穏やかな小春日和だという。
やはり、寒いより暖かなほうが良い。
冬に入る前に、季節は一時の安らぎを与えてくれているようだ。

さて、今日は午後から東京に戻って、その後福岡を往復(仕事)する。
“いい日旅立ち”ではないけれど、旅をするには最高の季節でお天気かも知れない。
早起きで、三文得をしたような気分・・。
一日の始まりは、気分良く行きたいものだ!(^_^)
2010-11-18 18:20 | カテゴリ:オヤジのぼやき
【ニュース記事】
柳田法相の問責可決見通し-国会軽視発言で
柳田稔法相の国会軽視発言をめぐり自民党が参院に提出方針の法相問責決議案は18日、可決の見通しになった。公明、社民両党に続き、共産党とみんなの党も賛成方針を表明。5党を合わせれば問責可決に必要な過半数となる。
これに対し、民主党の輿石東参院議員会長は記者会見で「柳田氏は『これからは真剣に取り組んでいく』ということだから、それでよろしいのではないか」と述べ、辞任の必要はないとの認識を示した。
共産党の穀田恵二国対委員長は記者団に「(柳田氏は)反省をしておらず、菅直人首相が罷免しないなら問責決議案に賛成する」と述べた。みんなの党の渡辺喜美代表も「国会軽視の発言は問責に値する。(問責賛成は)当然だ」と強調した。
柳田氏は18日午後の参院予算委員会で「誠実に真摯(しんし)に答弁する。大変申し訳なかった」と重ねて陳謝した。
------------------------------------------------------------------
【マイコメント】
今日、テレビで国会中継を見た。たまたまスイッチを入れたら、参議院の予算委員会。先日来より、尖閣問題の法的取り扱いに関して与野党の攻防が熱気だっている。今焦点になっている熱い話題は、柳田法務大臣の迂闊な「ひとこと」。国民が聞いても、呆れるほどの無神経さと言いましょうか・・高飛車で脇の甘いご発言。庇う立場である内閣の面々も、やや苦渋の表情で野党のつっこみを聞いているだけ。ヤジを跳ね返す声も、心なしかトーンが低い。内部でも意見は分かれているようだ。さすがの菅さんも・・内心カン忍袋の緒が切れているのでは?
しかし、当該大臣はかたくなに対応の正当性を繰り返すだけ・・。首相は、野党要求に対して罷免はしないという一辺倒で押し通した。誰の目にも、この内閣は・・アップアップ状態。とても発足当時の期待感と斬新感は無くなっている。このままだと・・内閣崩壊は時間の問題ですな!
今日本の国会で、このようなやりとりを真剣に大の国会議員の先生方が、大事な時間を割いてまで議論(?)しているのかと思うと・・何とも空しくなりますな。国民は、皆嘆いておることでしょう。それにしても、最近のお大臣様は・・失言の多いこと!加えて、品位もない!もう少し日本語の表現勉強をしてから、発言席についてもらいたいものだ。下らん揚げ足取りで、中身のない審議を何度も繰り返さないで欲しい。(与野党全てに言えること)悪いところを、素直に認める潔さも大事ではないか。国民は、そういうところを見ているのである。菅さんには・・勘の良さを期待したい。KYな総理は・・You are sorry!である。
2010-11-18 15:09 | カテゴリ:小次郎パパの徒然日記
本日、千歳上空は爽やかな晴天です。前回ステイ時とは大違い・・。

こんな日だったら、ゴルフは気持ちいいでしょうな~。

明日の午後まで、のんびりです。(パターンが早→遅)

テレビは、ビエラになりました。財務大臣の、強い介入がありましたので・・。(^_^;)

3D・・楽しんでみたいと思います!

千歳市内
2010-11-17 20:14 | カテゴリ:グルメ
いよいよ、あと数時間で今年のボジョレーが解禁される。
毎年、この日を楽しみにしているのだが・・今年は明日から仕事。試飲できるのは、どうやら帰ってきてからになりそうである。

img_01.jpg

=以下、ウィキペディアより引用=
ボージョレ・ヌヴォー(Beaujolais Nouveau)とは、フランスのブルゴーニュ地方南部に隣接する丘陵地帯・ボジョレーで生産されるヌヴォー(プリムールまたは試飲新酒)仕様の赤ワインである。したがって、ボージョレの通常の赤ワインとは異なる。試飲酒だけに、通常のワインが出来上がるより早く試飲できなければ意味がないために、ヌヴォー(試飲新酒)用のボージョレは、ブドウを収穫したら速やかに醸造してボトルへ詰め、収穫したその年の11月に出荷を済ませる。ヌヴォー(試飲新酒)仕様で軽い仕上がりの赤ワインである。
ボージョレ・ヴィラージュ(Beaujolais Villages)と呼ばれる、より限定された地域のものにもヌヴォーがあり、こちらには「ボージョレ・ヴィラージュ・ヌヴォー」というラベルが貼られる。つまり、これらヌヴォーとは、その年に収穫されたブドウ(ガメ種)の出来具合を確認するための試飲酒のことである。そのために、短期間でワインとして完成させなければならず、MC(マセラシオン・カルボニック)法と呼ばれる急速発酵技術を用いて数週間で醸造される(新酒=通常のワインの出来たての状態、試飲新酒=ヌヴォー)。業者などの毎年大量にワインを購入する人にとっては、その年の購入量を決めるための指針ともなる。このことから、多くの日本人のようにヌヴォーのみを購入する人々は、本末転倒であるとしてワインの知識がある人から蔑視されがちであるが、ワインの好みや飲み方は人それぞれであり、明確なルールがあるわけではない。

それぞれの国の現地時間で11月の第3木曜日(=11月15日~21日のうち木曜日に該当する日)の未明の午前0時に一般への販売が解禁される。特に日本は時差の関係から先進国の中で最も早く解禁の時を迎えると言われ、この時のためにワインとしては例外的に空輸される。24時間営業のスーパーマーケットやレストラン、バーなどではイベントも兼ねて当日午前0時になった瞬間に販売を始めるところもある。梱包箱には「○○年11月○○日午前0時以前の販売および消費 厳禁」の文字が書かれている。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。