FC2ブログ
2010-01-23 21:43 | カテゴリ:ゴルフの話題
またまたゴルフの話題で恐縮です。
昨日のおさらいの続き・・。
志門流クローズド・スタンスでアイアンを打つ!

結果は・・想像以上に違和感なし。距離・方向共に、我ながら上手く打てました。
全ての番手で試してみたところ、フックもせず・・ほぼストレートの出玉。思わず、ニンマリ!(^_^)
改めて志門流の凄さに敬服しました。

なぜクローズドでフックしないのか?理屈ではそうなると思うのですが・・しません。不思議・・。
自分なりに考えたのは、普通のスタンスでフック・グリップで打てば、間違いなく手首を返した際にフックすると思うのです。しかし、志門流では足はクローズドでも、上半身の肩はスクウェアに目標に向かってます。そして、斜め45度にゆるゆるグリップで正確にテークバックして正しいトップにヘッドを納める。その後は、静止することなく振り子作用で思いっきり左に振り切る・・。結果は、真っ直ぐボールは飛んでいく・・。ただし、ボールを置く位置によっては弾道が高くなるので、自分で調整する必要あり。
これらを守って素直に打ったら・・狐につままれたかのように前日とは雲泥の差のショット。まさに、恐るべし志門流です!距離に関しては、ボールの位置を気持ち左足よりに置いて、右足膝で左足のふくらはぎを押してやるような感じで打てば、もう少し距離が出るかなと思いました。

まあとりあえず、本日のレッスンは大いに収穫あり!でした。なかなか完璧に打つことは難しいですが、少しづつ番手毎の打ち方を習得しつつあります。いまゴルフが面白い時期なのかも・・ね。(^_^)v
結局、15年ぶりということで、真っ白な状態でやっているから良いのかも知れません。ある程度形が出来上がった上級者は、なかなか志門流の打ち方には馴染めないところがあるかも。しかし、私には合っているようです。ゴルフがどうのこうの言うには10年早いかも知れませんが、結果がすべて。要は、自分のスタイルが出来て、スコアメイクがある程度出来るようになれば・・それで良いのではないかと思います。そこから先は奥の深い話・・。まずは自分流の確立に向かって日々精進あるのみです!

スポンサーサイト



2010-01-23 09:41 | カテゴリ:オヤジのぼやき
【ニュース記事】
小沢氏、午後に参考人聴取 原資4億円どこから
民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体「陸山会」の土地購入を巡る政治資金規正法違反事件で、東京地検特捜部は23日、小沢氏本人から参考人として任意で事情聴取する。政治資金収支報告書の虚偽記入を知っていたかどうかや、土地購入代金に充てた4億円の出所などについて説明を求める。小沢氏は虚偽記入の認識を否定した上で、4億円の原資を「個人資金」などと主張するとみられる。
政権与党の現職幹事長が事情聴取を受けるのは異例。聴取は同日午後に始まり、4時間程度とみられている。
関係者によると、陸山会は2004年10月、東京都世田谷区の宅地を約3億5千万円で購入した。会計事務担当だった衆院議員、石川知裕容疑者(36)=政治資金規正法違反容疑で逮捕=は特捜部に対し、土地購入の4億円について「小沢氏の個人資金を借りた」などと供述。石川議員は虚偽記入を認める一方で、小沢氏本人の関与を否定しているという。
--------------------------------------------------------------
【マイコメント】
国民の大多数が、その説明責任を果たしていないという結果が出ている小沢民主党幹事長の土地購入資金問題。本日東京地検にて任意の事情聴取が行われることになっているが、どこまで土地購入の真意が明らかになるのか・・、またその資金の流れが明確に説明されるのか・・、大いに興味のあるところである。とにかく、元秘書である現職の国会議員が逮捕に至っているという結果を踏まえれば、親分である小沢幹事長が一切関与せずとか、知らなかったという道理は通用しないのが国民の常識的感覚である。口べたなのは百も承知であるが、その説明姿勢や発言内容に誠意すら伝わって来ないところが・・“小沢一郎的小沢一郎のこころ”なのかも知れない。まさに金権政治の象徴であった古き自民党の元大番頭。その政治的豪腕ぶりは、政界の誰しもが認めるところである。個人資産約7億円とも言われているが、親の遺産相続はともかく・・国民の血税を踏み台にしたり、土建業者からの賄賂で築いた財が一部でもあるならば、決して許されるべきものではない。そうでないことを願ってはいるが・・叩けば皆ホコリの出る傀儡の集団であるからして、事態は深刻な局面であることは間違いない。同じホコリでも、国民に対して“誇り”ある行動を取ってもらいたいものである。
これ以上ボヤクと、心電図検査に差し障りがあるといけないので、今日はこのくらいで止めにしよう。(`ヘ´)