FC2ブログ
2010-01-09 14:26 | カテゴリ:ゴルフの話題
6189702.jpg

昨日、家内がビデオで録画しておいてくれたNHK趣味悠々の「悩めるゴルファーのかけこみ道場~高松志門・奥田靖己が伝授~」という番組を見た。いわゆる、“ゆるゆるグリップでゴルフ開眼”・・という内容だ。とにかく、私にとっては一種のカルチャーショックであった。何もかもが、今まで教わったことを完全にブレイクしている。

早速、本日試しにいつもの練習場へ・・。最初はなかなか上手く打てなかった。どうしても違和感がある。特にロングサムからショートサムへの移行。なんだかクラブがすっぽ抜けてしまいそうな気がして・・。しかし、ものの数十発も打っているうちに段々と肩の力やグリップを握る力が抜けてきて、「おおっ、これがヘッドを効かす」ということなのかという実感が出始めた。やはり、ポイントはグリップであったか・・。ボールは、さほど曲がらず真っ直ぐに飛んでいく。アイアンやユーティリティも何となく感じを掴みかかったし、ドライバーにおいては、概ねコンスタントに250~270ヤードほどは飛ぶようになった。(但し、曲がらなければの話であるが・・)先日購入した例のドラコンチャンピオン・ドライバーの「ネクスジェンND-801」であるが、素人の私が軽く振ってもこれだから・・プロが400ヤード飛ばすというのも頷ける。

まあとにかく、ビデオを視聴した収穫はあったということ。この番組は3月まで約3ヶ月にわたって放映されるらしいが、出来れば毎週収録してレッスンの参考にしたいと思っている。関西出身の両プロの話しぶりも軽妙な感じで面白い。最終的には、DVDに編集して保存版として残そうと思う。NHKも時々役に立つ番組をやってくれるので、これなら視聴料を払っても十二分に価値はある。今の自分にとっては、「渡りに船」の番組であった。

しかし、しかし・・である。ゴルフというのは、そんなに易しいスポーツではないことも周知のこと。先ほど良くても、番手を変えて打ってみると微妙に打てないのが奥の深さ・・。やはり、ある程度は時間とお金をかけて、せっせと練習場通いをせねば本当の“開眼”とはならないであろう。別にシングルやプロを目指そうとしているわけではないのだが、自分の思うようにボールが飛んでくれるようになるまで修行(反復練習)の日々が続くのみ・・。

本日の教訓。ゴルフや仕事に共通して言えることは・・、「いかにヘッド(頭)に仕事をさせるか」が、スコアメイク(仕事の達成感)の鍵ですな!もう少し早めに再スタートを切るべきであったと・・つくづく実感!
2010-01-06 21:21 | カテゴリ:ゴルフの話題
自分へのお年玉と言うことで、新しいゴルフのキャディバッグを一つ買っちゃいました!
まあ自分勝手な言い訳ですが・・。(^_^;
選んだのは、これ。オークリーのSKULL GOLF BAG(GREY)です。アキバのヨドバシカメラにあるゴルフショップで買いました。前にオークションで入手したBMWバッグは、那須の山荘に置いてあります。

オークリーバッグ-1

分割形式は、まあ一般的な6分割。ただし、非常に扱い易いです。14分割も考えましたが、結局は面倒だと思い・・これに決定。正解でした!

オークリーバッグ-2

背面はこんな感じです。シンボルのスカルが大きくデザインされているタイプ。収納ポケットも大きく機能的に作られています。色も形も気に入ったので、店員さんに「これ、オークリ~!」と言って買いました・・とさ。

オークリーバッグ-3

ヨドバシ近くにある、気になるゴルフショップ「ゴルフ・パートナー」へも行ってきました。ここでは噂の“黄金ドライバー”がお目当て。中古ショップなんですが、オリジナルや型落ちの新品クラブも扱ってます。

golfpartner_1.jpg

昨年末に沖縄で開催されたドラコン・チャンピオン大会で、2年連続で優勝に輝いた黄金比率のチタンドライバー「NEXGEN(ネクスジェン)-ND801」。今年も驚きの401ヤードをかっ飛ばして優勝した、安楽プロ(ゴルフパートナー契約プロ)使用の超有名ドライバーです。石川遼くんも出場していましたが、彼は350ヤードくらいで終わったみたいですね。ついでにと言ってはバチが当たりそうですけど・・、手にした陶酔感を味わうまま・・いつの間にかカードを出しておりました。(゚o゚;はい!もちろん買ったのは新品でございます。

クラブ-1

ヘッドの形状はこんな感じです。フェースにはNewTVCチタンとかいう素材が使われていて、クラウンは高強度二重カーボンと6-4チタン鋳造のコンポジット設計になっているようです。実際のところ、よく分かりませんが・・。(^^ゞ

クラブ-2

確かに、フェース面積は広いみたい。テニスで言う、スイートエリアが広い・・ってやつですね。少し心を外しても、反発係数が高いので弾道低くぶっ飛んでいくみたいです。今度北朝鮮のテポドンと勝負してみっか!(^ー^)目標、300ヤード!

クラブヘッド

クラブをアレンジしてセットしてみました。「NEXGEN(ネクスジェン)-ND801」が一際白く目立ってます。
明日休みになったので・・近所の練習場に行ってこよう~っと!(*^o^*)

クラブセット
2010-01-06 11:17 | カテゴリ:小次郎パパの徒然日記
【ニュース記事】
羽田の国内線増枠 全日空に11.5、日航に7.5配分
国土交通省は5日、羽田空港の4本目の滑走路が10月に完成するのに伴って増える国内線の発着枠の配分を発表した。1日37便のうち、全日本空輸に11.5便分、日本航空に7.5便分(端数は出発、もしくは到着に限定された分)を振り分ける。全日空と日航以外の新規航空会社に約半分の17便分を配分。現在の発着枠に今回配分される分を加えると、新規会社が持つ発着枠の合計が初めて全体の2割を超える。
今回配分が決まった発着枠は、今年10月と来春の2回に分けて増やされる。今回は、地方路線網の維持や過去5年間の飛行実績などを基準に配分した。経営再建中の日本航空は不採算路線の撤退を進めているため、全日空に比較的厚くなる結果となった。
スカイマーク、スカイネットアジア航空、エア・ドゥ、スターフライヤーの4社への配分は、これまで大手に偏りすぎていた配分を調整するため増やした。利益率の高い羽田便の増加で、新規航空会社の競争力強化を促す。さらに100席未満の小型機を使った路線を開設する航空会社向けに1便を配分する。
今回の配分は前政権下の配分方式を踏襲した。前原誠司国土交通相は、有識者でつくる国交省の成長戦略会議の議論を踏まえ、2013年の再増枠時には配分方式を抜本的に見直すことにしている。
TKY201001050514.jpg
-------------------------------------------------------------
【マイコメント】
昨日、羽田空港新滑走路OPENに伴う発着枠の配分について発表がありました。結果は、ニュース記事の通り(表参照)です。航空不況を脱却する大きなポイントとも言える羽田の増枠獲得戦。公正な判断で仕分けられたと思うのですが、やはり配分比率は予想通り・・後進のエアラインに手厚い形となったようです。大手二社の配分に関しては、まあ今の状況を考えれば妥当なところでしょう。特にどちらを有利にと言う話ではないと思いますね。
ただし、問題なのは世の中の経済状況。今のまま需要低迷が続くとなれば、如何に発着枠を増大させようとも収益の拡大には直結しません。そこをどう工夫してニーズの開発につなげるかが重要になってくるのでしょうね。パイは決まったわけですから、各社これからが戦略手腕の見せ所。魅力ある路線の開拓と、サービス内容で勝負!・・と言いたいところですが、本当の競争は国内では陸対空の構図になっています。「戦う敵は地上にあり!」と言うのが真なり・・と思うのですが。ハッキリ言って、新幹線便利良いですからね!結局、勝負は国際線かな?(-_- )
2010-01-04 21:09 | カテゴリ:小次郎パパの徒然日記
寅のヘッドカバー

今日は新年の初フライトをしてきました。羽田ー沖縄の往復です。
北は雪が降って大変そうでしたが、南国沖縄は冬とは思えないような気温17℃の快晴。もちろん道中のエンルートも上々の天気でした。こんな天気なら、毎日でも飛んでやるゾーってか!実は、明日も同じなんですけどね・・。(^_^)フフフ
今年の飛び始めは、何事もなく順調に終わり・・無事安全運航で幸先の良いスタート!計算通りのフライトでした。何事もなく平凡なフライトっていうのが・・実は一番ホッとするのです・・。

早めに帰宅できたので、夕飯前に一汗かきに近くのゴルフ練習場へ出かけました。まだ正月休みの人が多いせいか、練習場はお客さんで一杯です。30分ほど空席待ちした後、200球ほどクラブを振り回して今年の初打ちをやって来ました。「鉄は熱いうちに打て!」・・じゃありませんが、気持ちが熱いときに集中してやるのは良いものですね。しかし、ゴルフは奥が深い・・。同じ番手でも日が変わると・・。(;-・。・-;)ムムム
我にしてみれば、「ジャンボを操るほうが・・まだ容易きこと」なり。遼君が神様に見えてきた・・。

※写真は寅さんのヘッドカバーです。ウッドにかぶせているので、私のマスコットは“タイガーウッド”と呼ばれております。(*_*)
2010-01-02 11:56 | カテゴリ:ニュース-気になる話題
【ニュース記事】
日航国際線の継承打診、競争力強化狙う全日空
全日本空輸が日本航空の国際線引き受けを政府に打診した背景には、航空業界の国際的な再編が加速していることがある。海外では、国境を超えた経営統合により「メガキャリア」と呼ばれる巨大航空会社が次々に誕生している。全日空が日航の路線を大きく取り込むことができれば、アジアのメガキャリアに一歩近づくことになる。
海外の航空大手は、欧州ではエールフランス―KLMなど3社、米国もデルタ航空など3社に集約された。これに対しアジアでは、最大のキャセイパシフィック(香港)でさえ世界の10位に入らず、メガキャリアを目指した合従連衡が活発化するとの観測もある。
全日空は1986年に国際線に参入し、「アジア・ナンバーワン」を目指して中国などアジア路線を中心に積極的な路線開設を進めてきた。ただ、国際線を長く独占してきた日航が成田空港の発着枠を多く持ち、年間の旅客数が約1000万に上るのに対し、全日空は約400万人と少ない。関係者の間では、「全日空が将来的に成長を続けるには、欧米を含む国際線の事業拡大が欠かせない」(航空関係者)との見方が強まっていた。
一方、09年12月に日米の当局が航空自由化で合意したことを受け、全日空は、提携関係にある米ユナイテッド航空、米コンチネンタル航空との3社で、太平洋路線の共同事業化を進める計画だ。
日航の太平洋路線を大幅に引き受けることになれば、共同事業化に不可欠な米独占禁止法適用除外(ATI)の審査に影響を与える可能性がある。その結果、ATIの認定が遅れたり、取得できなかったりすることが考えられるが、国際線拡充の利点の方が大きいと判断している模様だ。
ただ、日航の路線リストラの詳細は、企業再生支援機構などが描く再生シナリオに大きく左右される。全日空の思惑がどこまで実現するかは予断を許さない面もある。
------------------------------------------------------------
【マイコメント】
年末年始に、にわかに浮上した赤社の国際路線継承案。最近のかつて無い航空不況の中、赤社の経営再生を推進するためには一つの提案なのでしょう。これまで世界の各地へ張り巡らされていた赤社の国際線路線網。赤社が行ってない所は無い・・とさえ言われてきたほどの運航実績があります。それは航空会社にとって最大の財産であることは間違いありません。しかし、昔半官半民であった頃の名残で、一部は確かに政策的路線であったのかも知れません。政府が後押しする環境の中で、漫然と路線拡張を行ってきたツケが今一気に吹き出してきている訳です。既に10年前には気がつくべきであったことですが、競争とプライドから判断を誤ったという見方もあります。青社は、この時点(10年前)で不採算路線とビジネス路線の仕分けをキッチリやって、ビジネス路線へと転換を打ち出していました。搭乗率の良かった観光路線もありましたが、思い切った経営方針には不安と共に半信半疑な気持ちでもありました。その後、社内の労務環境改善に取り組み、ユーザー第一(顧客優先)の方針を打ち出して競争の渦中へと入っていった訳です。その間、経営的苦境を何度か経験し、雑草魂とか野武士的根性(昔はよく言われましたが)で凌いできた経緯があります。今にして思えば、よく頑張った・・と言うよりは、耐えてきたと言うのが正直な感想です。まだまだ思い半ばの状況ですが、「時代の流れを先読みし、判断を誤ることなく、チャレンジする」というのが最近の社内標語となっています。
今回の国際線継承案ですが、確かにビジネスチャンスであることは間違いありません。しかし、拡大成長欲にとらわれて、身の程(自力)をわきまえないと・・今の政府みたいに大きな負債を背負ってしまうことにもなりかねない。つまりは、社員や投資家にツケが 回ってくると言うこと。その点は抜かりないと思いますが、よ~く判断して「甘いぼた餅」と「甘くないぼた餅」を見極めていただきたいものですな!まあ、打診したと言うことなので・・ぼた餅は「食う!」と言う判断なのでしょうが・・。ああ、正月から餅で腹一杯になりそうだ!(-。_)。。o〇

M000017572_368.jpg
ちなみに、ぼた餅は好きです!
2010-01-01 15:38 | カテゴリ:小次郎パパの徒然日記
雪景色-2

那須の山荘・・えらいことになってます・・。(;-・。・-;)
殆ど日本海側の天気と同じですな。
行かなくて、良かった・・。

雪景色-1

この分で行くと・・、いったい何cm積もるのでしょうか?
元日なので、前の道路の除雪は入らないみたい・・。
時々車が走っていきますが、ホントに気をつけて運転していただきたいものです。
スキー場まで行かなくても、前の道路がゲレンデになりそうな降り方・・。(゚o゚;

※写真は、ライブカメラの映像です。
2010-01-01 11:29 | カテゴリ:小次郎パパの徒然日記
成政

お正月と言えば・・お屠蘇。
今年も、やっぱり特上の日本酒でおせち料理をいただくことにしました。正月ですから・・。
正月限定・・富山の大吟醸「成政」。近所のデパートに毎年入ってくるので、今年も・・やっちまったなぁ~!(^_^;)
とにかく、旨い!上品な舌感と飲み心地・・。いや~、絶品ですな!
以前ブログでも紹介したことがありますが、お薦めの日本酒です。間違い・・ない!
2010-01-01 00:17 | カテゴリ:小次郎パパの徒然日記
寅

2010年、新年明けましておめでとうございます。<(_ _)>
昨年中は・・と言うより、数時間前まではお世話になりありがとうございました。
今年も、拙い当ブログのご愛顧のほど・・隅から隅まで、ずず、ずい~っと御願い奉り候・・なんちゃって!

結局、新年は自宅で小次郎とゴロ寝ですかね。那須行きは、大雪で大変そうなので止めました。
今年は寅年ですが、我が家はもちろん・・戌年です!干支の置物が、チワワに見える人・・大好きです。(見えるか?)
本年も、よろしくお願いしますだ、おかだ・・。(・_・)(._.)ああ、今年もダメだワン。