FC2ブログ
2009-11-29 15:32 | カテゴリ:愛車
【ニュース記事】
日産、電気自動車の走行距離2倍に 電池新技術で300キロ
日産自動車は従来に比べて充電できる電気の容量が2倍になる電気自動車用リチウムイオン電池の開発にメドをつけた。電池の心臓部である電極に充電容量が大きい材料を採用。これまで課題だった耐久性を解決した。1回の充電で従来の約2倍に当たる300キロメートルの走行が可能で、同社は2015年までに電気自動車への搭載を目指す。
開発では東京大学と神奈川大学の協力を得た。成果は30日に京都市で始まる電池討論会で発表する。リチウムイオン電池では、主要部品である電極の性能が充電容量を大きく左右する。日産は正極の材料を改良。現在の主原料であるマンガンに、ニッケルとコバルトを加えた複合材料を採用した。
im20091114AS2M1400D1411200913.jpg
----------------------------------------------------------------------------
【マイコメント】
ちょっとだけブログ更新をサボっておりました。(^_^;)本日、愛車が車検上がりで戻って参りまして、リニューアルされたような気分でハンドルを握っております。特に大きな不具合は無かったのですが、3年目ということで・・バッテリーの新品換装+ワイパーブレード交換+エンジンオイル補充+エアコンフィルター交換などなどをやって貰いました。一つだけ、高速走行時にメーターパネルの奥の方で時々カタカタするような音が出ていたため、点検を依頼したら・・一つ針の部品が欠落しかかっていたので新品パネルに交換したと言われました。もちろんクレーム処理扱いなので・・無償交換です!(ラッキー!)有償だと、約¥8諭吉超だと言うことらしいです・・。何だかんだで20諭吉ちょっとかかりましたが、室内もボディも綺麗になって少しだけ新車気分・・。買い換えするよりは、相当無駄を省いた家庭内仕分け判断だったと自負しております。(^-^)

さて、本題の電気自動車の話題ですが、前回の記事でも述べたように・・バッテリーの問題で早くも明るい見通しが発表になりました。300kmを走れる充電池が開発されれば、更に電気自動車の需要拡大の期待が膨らむことは明らかです。行楽時におけるマイカー族の平均的一日走行距離は300~350kmくらいでしょうから、日帰りなら十分に楽しんで来られる距離。ガソリン車に対しても引けを取りませんよね。しかも高速時の静粛性・快適性を考えれば、ドライブの疲労も軽減されてスーパーエコな自動車となり得ます。2015年からの実用化を考えているとのことですが、多くのユーザーが買い換えの対象として検討することも頷けそうな気がします。実際、私もハイブリッドよりは大いに興味のあるところですし、いずれ乗ってみたい気持ちもありますね。日産自動車には、21世紀の大ヒット車を作り上げて欲しいと期待してみたい・・と思います。
技術革新と環境保護。この二つを同時進行させてこそ、21世紀の産業革命と言えるのではないでしょうか。このところの日産は、面白い車を作るし・・理念を感じるメーカーにイメチェンしている・・。最後は電気だから、電気(元気)もいい・・。(^凹^)ガハハ
スポンサーサイト