FC2ブログ
2009-11-11 17:24 | カテゴリ:ニュース-気になる話題
【ニュース記事】
ガソリン、1リットル5円減税=温暖化対策税で税率案-環境省
環境省は11日の政務三役会議で、ガソリンなど化石燃料に課税する地球温暖化対策税(環境税)の税率案を決定した。現行のガソリン税率は1リットル 55.84円だが、暫定税率を廃止して環境税を導入した後の税率を50.84円と設定。現行より5円の減税となる。近く政府税制調査会に提案し、2010 年度の導入を目指す。
環境税は、二酸化炭素(CO2)排出抑制のため、ガソリンや軽油、灯油などすべての化石燃料を対象に課税する。税率は原則炭素1トン当たり3900円としたが、石油石炭税の負担が軽い石炭や、消費者の負担能力があるガソリンについては税率を上乗せした。税収は2兆円を見込み、地球温暖化対策向けの政策や減税に優先的に充てる。
-------------------------------------------------------------------------
【マイコメント】
な~るほど・・。ガソリンの暫定税率廃止には、そう言う筋書きがあったのですな。全く廃止してしまったら、地球温暖化対策(CO2削減目標)との整合性はどうなるのかなと思っていましたが・・納得。まあ、安くなることは良いことですが、環境汚染が進むのも困ったことだし、「アメとムチの作戦」・・正解かも知れない。
とりあえず来年の4月には暫定税率は廃止されることになっていますし、国民に嘘をつくわけにも行きませんから・・いったんは安いガソリンや灯油の恩恵に授かれるのだと思います。ただし短い期間でしょうが・・。(環境相は来年度の導入は難しいと言っていますが・・)
つまり、来年4月以降環境税導入後は、現在の水準よりも約¥5安い相場になるということですな!高速道路の一部無料化との合わせ技?・・は、果たして民主党の“有効”ポイントに繋がるか?
スポンサーサイト



2009-11-11 10:05 | カテゴリ:ニュース-気になる話題
【ニュース記事】
全日空、欧米線の客室一新 ビジネス席をてこ入れへ
全日本空輸は10日、日本と欧米を結ぶ路線に導入する米ボーイング777の新造機から客室を一新し、特にビジネスクラスの居住性を高めると発表した。2010年2月に成田空港-米ニューヨーク線で就航させ、ドイツのフランクフルト、ロンドンの両線にも順次導入するなど、11年度までに計6機入れる。
不況による出張抑制で国際線のビジネスクラスは不振が続いており、魅力を高めて利用客を取り戻すのが狙い。一部の従来機の改修も含めた投資額は約170億円。
新造機のビジネスクラスは座席を互い違いに配列し、どの席からも直接通路に出ることができ、就寝時はベッドのように真っ平らになる。17インチのタッチパネル式の液晶パネルを採用し、10年4月以降はパネルに触れれば好きな食事を注文できるサービスも導入する。
------------------------------------------------------------------------------
【マイコメント】
飛びもの話題の連続です。昨今の冷え込んだ海外出張のてこ入れに、青社が新たなニーズ掘り起こしのために選んだのは・・「新フルフラット・シート」と「おもてなし料理」。これまで「フルフラット・シート」はファーストクラスの聖域でしたが、この度企業戦士の皆さんや“ちょいセレブ気分”を味わいたい方々にも是非“プレミアムな空間と至福サービス”を提供したいとの思いから、新サービスの企画実現に至ったようです。
しかし、食事はともかく・・長旅でのフルフラット・シートは良いですよ~ん♪疲労でクタクタになることもなく、座席を立ったときのフラットする感覚もありません!なんちゃって。(^_^;)とにかく、大空で真横になって寝られるという至福感・・。これ、最高ですよ~♪
私も個人旅行で使ってみたい気はしますが、さてどうでしょうかね?当初は、予約殺到する感じがしないでもないですが・・。いずれチャンスがあったなら・・。(新シート、フランクフルト線やシカゴ線導入時がそうでしたから・・)
来年から始まる羽田の深夜枠活用。これを使って欧米へのアクセスは格段に良くなる予定です。新機材のB787も導入される事ですし、沈滞した航空界の起爆剤となって需要復活に繋がることを願うばかりです。ただし、B787が予定通り入ってくるかどうかが・・問題ですけど。(-。_)。。o〇

img_7_1257848998.jpg
img_7_1257849005.jpg