-------- --:-- | カテゴリ:スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-08-31 20:53 | カテゴリ:グルメ
生キャラメル-1

花畑牧場の生キャラメル、マンゴー・バージョンです。

口に含むと、トロッとした舌触り・・で、不思議な感触ですね。(生だけに・・半練り状態!)

これまで人気商品だったために、なかなかGET出来ずにいましたが・・。

今回、やっと口に入れることが出来ました。(え~、今頃~って言われそうかも)

生キャラメル-2

福岡で買った宮崎と帯広のコラボ味・・。(田中義剛さんと東国原知事のイメージが踊ってます)

我が家では、なかなか美味しいと好評でした。(^_^)v

それにしても、一粒約70円とは・・高価な生キャラメルです!(5秒ほどで溶けてしまいます)

私には、グリコのキャラメルのほうが・・一粒で2~3分楽しめそうで\(^_^)\ピースです。
スポンサーサイト
2009-08-31 10:31 | カテゴリ:オヤジのぼやき
衆院選挙結果2009

日本の国を変える、歴史的選挙の審判が下りました・・。
結果は、308(民主)対119(自民)で、民主党の圧勝!他は、公明が大幅議席数を失ったものの、概ね前回と同様の勢力維持。まあ、大体予想通りの展開でした。

それにしても、自民党の惨敗は目に余るものがあります。閣僚経験の大物議員が、相次いで小選挙区で落選。かろうじて何名かは比例区で残るという屈辱的な結果であったと言えるでしょう。そういう方は、第一線から身を引いて、若返りした党幹部を支えるほうに回るべきでしょうね。私から言わせてもらえれば、一度総理や大臣の座を経験した方で今回落選の人は、潔く政界から引退されたほうが良いと思うのですが・・。それと、自ら職務を放棄された方。そう言う方が、まだ第一線にしがみついて“どぶ板選挙”をする有様は見たくもありませんね。国を憂えて心配されるより、党のために自ら引退を決意されるほうが、よっぽど政党イメージの回復に繋がると思うのですが・・どうでしょう。
まあ今回は、しっかりと国民にお灸をすえられた形の自民党です。次期総裁が誰になるのか分かりませんが、謙虚に反省してゼロからの出直しを期待したいものです。(派閥の解散と傀儡幹部の総入れ替えがキモ?)

かたや政権を獲得した民主党。さてさて、これからのお手並みが注目されます。マニフェストに従って粛々と改革を進めると言っていますが、山積する難題をいかにして処理していけるか・・。雇用問題、公務員改革、財政の立て直し、医療問題、少子化対策、ガソリン暫定税率の廃止&高速道路無料化、拉致問題・・などなど。言うは易し、行うは難し・・で、これからは立場が逆転しますからね。相当困難が立ちはだかると思いますが、まずは4年間で礎作りに着手して欲しいと思います。私的には、50%の実行(実績)があれば及第点を上げられると思ってます。とりあえず医療改革(後期高齢者医療問題)から手を付けていくのではないでしょうか。それと年金問題、なんとかして欲しいです!
そして、キッチリとさせなければならないのが・・お金の問題。小沢さん&鳩山さん周辺の政治献金や収支不明瞭な点・・。これを中途半端に放置しておくと、またまた火種がくすぶり出すことにもなりかねない・・。政権を安定させるためには、岡田さんのような清廉潔白イメージと頑固一徹まじめさ・・が意外と信頼感を定着させるキモかも?

今月も、今日で終わり。ブログの更新は、初めての皆勤賞です。頑張りました・・といいますか、暇だったのかな?(笑)まあ、自分日記みたいなものですから、ストレス解消&気分転換が目的です。
みなさま、こんな拙ブログに毎日お付き合い下さいまして、どうも有り難うございました。m(_ _)m/8月の〆
2009-08-30 11:26 | カテゴリ:小次郎パパの徒然日記
小次郎を連れて、選挙に行ってきました。小次郎くんは選挙権がないので、投票所の玄関でウェイティングする選挙犬・・。朝からショーもないおやじギャグって・・すんまそん!とりあえず、国民の義務を果たして清き一票を投じました!
さすがに今回の選挙、従前とは違って足並みも早いようです。それだけ、国民の関心度も高いということ・・か。何かが変わる、変えたいという期待をこめて・・、皆さん投票箱に一票を投じているようでした。

さて、8月も残すところあと2日。長かった夏休みも、とうとう終わりです。今年の夏は、良い思い出作りができたでしょうか?とにかく、異常気象で梅雨明け後も長雨続きだったり・・、うだるような暑い夏が無かったり・・、あまり夏らしい感じはしなかったというのが感想ですね。多くのかたは、“¥1000で行く渋滞の旅”だったのではないでしょうか。

秋には早く世の中の景気が回復して、カラッとした秋晴れの天気を期待したいものです。選挙が終わって、またため息続きの日本経済なんて・・勘弁して欲しいですよね!とにかく、国民生活に明るい陽差しを・・お願いしますよ。>国会議員の先生方m(_ _)m
2009-08-29 18:45 | カテゴリ:小次郎パパの徒然日記
「二百十日(にひゃくとおか)は、雑節の一つで、立春から数えて210日目のこと。毎年9月1日前後で、季節の移り変わりの目安となる『季節点』。台風が来て天気が荒れやすいと言われるが、そのような傾向は無い。」・・・と、ウィキペディアには記載があります・・が。

しかし、今年はその二百十日目に、台風11号が接近してきそうな気配です。まだ小型ながら、油断は出来ません。東日本・北日本への直接影響が懸念されますね。逸れてくれれば良いのですが・・。
お空の空気も入れ替わって、そろそろ秋の雲が観測されるようになった今日この頃です。(但し、今日は夏日を思い出させる暑い一日でしたが・・汗;)季節は、もう秋に一歩近づいた感じです。(-_-)

明日は、いよいよ“政権選択”の衆院選挙投票日。午後から仕事なので、午前中に一番で投票所に行ってこようかと思ってます。まあ結果は大体予想がつきますが・・、一つの時代の“チェンジ”であることは間違いないでしょう。とにかく、日本の将来に希望が出るような・・“きっかけ”になればと思います。さて、政界にとっての二百十日は、いかなる結果に・・?
2009-08-28 17:22 | カテゴリ:PC&デジタルグッズ
Mac OS X Snow Leopard 本日発売!
早速、ヨドバシまで買いに行ってきました。(^_^)v

現行のOS X 10.5との違いは・・。
まずは、システムの起動・終了時間の短縮化。OSが軽くなった分だけ、システムの高速化とHDDの空き容量増加につながっているようです。それと、マルチメディア系のユーザー・コントローラビリティの向上。特に、動画再生における利便性アップ。更には、セキュリティ機能も若干向上したとか・・。
でも、何でイメージが“雪豹”なんですかね~?

あまりよく分かりませんが・・。
何かにつけ、最新のバージョンにアップデートしなければ気が済まない私にとっては・・。
ソフトウェアの更新は、PCライフの中でのビッグマウス、あ・・いや、ビッグイベントなんです。最新のMac OS “雪豹”・・。ああ、自己満足の世界・・。(・・)(。。)

Mac OS X Snow Leopard

<後記>インストール後、確かにOSの立ち上げ&終了が早くなったような気がします・・。豹のように、身軽で早く動く・・。そんな意があるのでしょうか。
2009-08-27 11:32 | カテゴリ:ニュース-気になる話題
【ニュース記事】
民主勝ちすぎ候補者不足?比例近畿など議席流れる可能性
圧勝が確実な情勢にある民主党では、一部の比例ブロックで、獲得議席数が名簿の候補者数を上回る結果、議席配分の権利を失う「候補者不足」の事態が発生しそうだ。
可能性があるのは近畿、九州ブロックなど。九州ブロックで民主党は8~11議席を獲得する勢いだ。比例の候補者は30人いるものの、28人は選挙区との重複候補で、選挙区で当選すると比例名簿から名前が消える。仮に比例議席の獲得数が8だとして、小選挙区での「勝ち抜け」が続出し、名簿に残る比例候補が7人以下となれば、獲得した議席数が余ってしまう。
公職選挙法の取り決めで、余った議席数は次順位以下の政党に配分される。
05年総選挙では東京ブロックで自民党の候補者が不足し、1議席が社民党に配分された。
-----------------------------------------------------------------
【マイコメント】
いよいよ衆院選挙まであと3日。全国各地での選挙活動も最後の追い込みとなりました。事前の分析では、民主党の一人勝ちになりそうな気配が広まっているようです。おそらく単独過半数を占めるのではないかとも予想され、320議席を上回るか否かが焦点になっている直近の情勢です。特に今回は、期日前投票の率が高くなっているようですが、果たして結果は民主党に追い風となるのか?
しかし、予想されたこととはいえ・・世論というのは怖いものですよね。ある程度、国民は正しく判断されているのでしょうが、民主党のハロー効果はマイナス面も隠れてしまうほどの勢いが加わっていそうな気がします。結果は蓋を開けるまで分かりませんが・・、自民党惨敗のテロップがテレビ画面を賑わせそうな予感がして・・。懸念されるのは、前回の郵政選挙みたいに比例区で粗製濫造(みたいな?)の議員が増えることです。自民党にとっては想像以上の向かい風だが、気骨ある真の候補者には最後まで頑張って欲しいものです。一党独裁は、決して良いことではありませんから・・。
それにしても、麻生さんは最後までぶれまくっていたと言いますか、失言癖は直らなかったようで残念です。謝罪するタイミングや場所をわきまえていないと言うか・・。民主の追い風を後押ししたようで、謝罪作戦は逆効果だったようです。今回は十中八九・・政権交代が実現する雰囲気。日本にも、“チェンジ!”の嵐が吹きまくっています。
2009-08-26 18:41 | カテゴリ:小次郎パパの徒然日記
北海道に来ています。
朝は、結構気温も低かった(13℃)のですが、日中は25℃くらいまで上昇して・・少し汗ばむほどに。
でも、上空の空には、ごらんの通り秋の雲が・・。夕方には、少しヒンヤリしてきました。

早朝からの仕事で、少々疲れ気味です。昨日まで、しっかりと充電したにもかかわらず・・体内BATTは一日もたずに放電寸前!(笑)でも、大丈夫。明日には又、フル充電に戻っていると思いますから・・。
先ほど、早めの夕食を済ませて、お宿に戻ってきました。今夜は、部屋でのんびりとテレビ鑑賞でもして・・!(^_^)

千歳上空の雲
2009-08-25 16:29 | カテゴリ:愛しのペット
久々にお天気続きの那須高原。ワンコにとっても、天候は生活を左右する大きな要因です。
やっぱり、庭で思いっきり遊べることは・・気分が良いらしい。朝から催促のしっぱなしで・・。
ドッグラン日和-1

小さなサッカーボールを投げてやると、咥えて取ってきます。時には、スルーすることも・・。(^_^;)
この日は、とっても上機嫌。いつもよりか、はしゃぎ回っておりました。
まあ、人間の1~2歳児と同じです!
ドッグラン日和-2

よ~し、もういっぺん取ってこ~い!一目散に飛んでいきます。後ろ姿は、とても可愛いチワワには見えましぇん。ホント、胴長だわ・・。
ドッグラン日和-3

突然遊びをやめて、こんなことを・・。お見苦しいところを、お見せしてしまいました・・。≦(._.)≧
まあ、出物腫れ物、所かまわず・・とか言いますし・・。(爆)
ここは、一応小次郎のお気に入りの場所で、コージーコーナーと呼んでます。
ドッグラン日和-4

さてと、もう充分に遊んだし、そろそろお家に入ろうかね!
え?まだ、いやだって?ハアハア言ってるよ!体の小さな君には、もう十分だと思うんだけど・・。
楽しいことは、また今度までとっておこうね。はい、お疲れ様!
ドッグラン日和-5

2009-08-24 14:21 | カテゴリ:エンジョイ那須生活
朝夕、めっきり涼しくなった・・という言葉が、自然に出てくるようになった那須高原です。
ホント、日中以外は長袖でもOKといった気候になりましたね~。今年は、もう暑い夏は来ないのでしょうか・・。(>_<)

秋と言えば、トンボ。写真はアキアカネです。夏に飛ぶトンボとして有名ですが、これが飛び出す頃は・・秋がそこまでやってきているという証拠です。特に今朝は、多く飛び交っていたような気がします。車で走る道路脇にも、ススキが見られました。季節は確実に移り変わっているようです。(-_-)

昨日は、私と同様那須に山荘をお持ちの知人夫婦が、わが拙荘を訪問してくれました。既にリタイアをされているご夫婦なのですが、お互いにまだまだ人生を楽しんで謳歌されているご様子。那須と千葉とを行ったり来たり・・。ご主人は、ゴルフや自然散策。奥様は、海外旅行(特に、今はイタリア熱に侵されているとか・・)と語学研修にご執心。老けている時間など無い!と言った感じで、ある意味・・非常にうらやましい!(・_・)

さて、これから最後の一仕事。薪作りの原木を玉切りしなくてはなりません。チェーンソーにオイルを補充して、準備に取りかかるとしますか・・。アリとキリギリスじゃありませんが、冬が来る前に・・いろいろとやることが多いです。エコな暮らしをするためには、相当なエネルギー消費が必要になるみたい・・。<エネルギー不変の法則?>(;-・。・-;)

トンボ

2009-08-23 21:50 | カテゴリ:グルメ
酒のつまみに・・、こんなものを買いました。

海苔ピー(ノリピー)。

時節柄、どうかな?って思いましたが・・。

ネーミングはともかく・・、美味しかったです。

添加物(覚醒剤)なし!

やっぱり、あられは・・。

亀田の興毅、あ、いや・・ノリピー!(^_-)

海苔ピー
2009-08-23 21:41 | カテゴリ:エンジョイ那須生活
遅ればせながら・・、誕生日のお祝いをやりました。

ワインで、素敵なステーキ・ディナーです。

地元栃木の和牛サーロイン・・。柔らかくて、甘みもたっぷり。

ワインは、お気に入り・・仏赤のコート・デュ・ローヌ。

レストランの味にも負けてません!

山荘で、プチ贅沢な夜を過ごしました。(^_^)v

ステーキディナー
2009-08-22 19:12 | カテゴリ:ニュース-気になる話題
NHKスペシャルで放送され、1部2部3部とも大反響を呼んだ傑作ドキュメンタリー「里山」シリーズの総集編。今回、一部新たなシーンが追加編集され、劇場版として登場します。数々の賞に輝いたこのシリーズは、現代社会が忘れかけた懐かしい記憶を呼び覚ます作品として、世界中で大反響を呼んでいます。樹齢500年の大木、リス、イノシシ、アカショウビン、カブトムシなどが次々登場し、どこか懐かしいのに見たことのない世界へ連れて行ってくれる。彼らの生命力溢れる美しくも逞しい姿は、日本の自然美と完璧に調和していて、人もまた、それらと寄り添うように共に生きている。営々と続く、人と人でない者達の共生が、我々に投げかけるメッセージ。この夏、是非とも見たい映画の一本です。詳しい情報はこちら

映画「里山」
2009-08-22 10:20 | カテゴリ:グルメ
前々から気になっていたソフトドリンク・・関東栃木レモン。那須の地元スーパーで試しに買ってみました。
いわゆるレモン乳飲料なのですが、パッケージにも表記されているように・・なんとなく懐かしい味です。
私と同世代の方(そんな人見ていない・・ってか)は分かると思いますが、駄菓子屋さんなんかで売られていたミルクセーキの味にレモン風味を加えたような・・と言えば分かって頂けるでしょうか。まあ、とにかく想像していたよりもサッパリ系の味です。夏の飲料としては悪くないかも・・。
栃木限定だそうですけど・・、那須に来られた際には一度試してみて下さい。

関東栃木レモン
2009-08-21 14:49 | カテゴリ:エンジョイ那須生活
山荘の庭にサルスベリの花が咲きました。中国原産の落葉樹で、夏を代表する花木のひとつです。名前は幹がつるつるしていて猿も滑り落ちてしまうという意味に由来します。夏の間次々と花を咲かせ続け開花期間が長いので「百日紅(ヒャクジツコウ)」の別名もあります。

サルスベリの木

花びらのフチが細かくフリル状になります。花色は燃えるような紅、ピンク、白などがあります。暖かい地方の植物ですが、多少耐寒性がありますので東北の南部くらいまでなら植栽可能です。元々は背丈のの高くなる樹木ですが、スペースの少ない庭や鉢植えでも育てられる矮性種(わいせいしゅ:本来のものに比べて背丈が低い)もあります。ちなみに、我が山荘のものは、猿が滑るほど太くはありませんので・・サルスベラズ。いや、サルスベレズ・・かも。(^_^;

サルスベリの花

デジスコでズームアップ撮影。
2009-08-20 10:42 | カテゴリ:ニュース-気になる話題
【ニュース記事】
「キャンプ那須」構想…首相別荘や災害時施設
栃木県経済同友会は19日、海外要人などを迎える施設を那須地域に設け、首都が災害に遭った際の代替機能も備える「キャンプ那須」の具体的な構想を策定し、福田知事に提言した。
提言には、東北自動車道・西那須野塩原インターチェンジ付近の国有地と県有地約260ヘクタールに、首相の別荘や、首都の災害時に政府施設の代わりともなる国際会議場、迎賓館などを整備することを盛り込んだ。事業費は約1800億円で、国会等を本格的に移転した場合の費用2兆円の約10分の1で済むという。
キャンプ那須は、米大統領が首脳会談などを行う山荘「キャンプデービッド」を参考にした構想。
県は議論が止まっている首都機能移転への一歩としても期待し、2007年から国に整備を要望しているがゼロ回答が続いている。板橋敏雄筆頭代表幹事は、「国際会議を頻繁に開ける場所が必要だ」と訴えた。福田知事は「国に粘り強く実現を訴えていく」と答えた。
那須エリア

-----------------------------------------------------------------------------------
【マイコメント】
ちょっと堅い話題です。かねてから議論されてきた首都機能移転問題。全国でもいくつかの候補地が上げられる中、那須エリアは都心からの距離も近く、かつ交通網(新幹線、東北道)の完備された候補地で立地的には有利なことが頷けますね。静岡の富士裾野エリア、北海道エリア、仙台エリアなども可能性としてはあるかも知れませんが、現実には都心からの距離、自然災害リスクの点からやや不利な面があると思います。特に、富士山近辺の東海~伊豆エリアに関しては、最近の大規模地震発生から憂慮すべきところが多く、不安を払拭できないのが正直なところでしょう。また北海道にいたっては、空路利用が現実的である中、様々な問題点も出てくることが予想されます。
一つ、歴史的な見地で・・。栃木県日光那須エリアですが、かつて江戸時代や明治維新の時代には、陸奥(みちのく)に通じる交通の要所としての機能しかありませんでした。いわゆる、全くの日本的田舎そのものの土地でした。そこに、多くの貴族(侯爵、子爵、男爵など)の別荘が建てられ、昭和の時代になると、天皇家の御用邸が那須に建設されることとなり一躍避暑地として脚光を浴びたわけです。恐らく、取り巻き侍従や見識者の提言で選定されたものでしょうが、理由としては統計的に大災害(地震、洪水、台風など)の少ない場所だったことも理由のようです。要するに経験知が決め手になっていたようです。(その後、近年には記憶の新しいところで・・河川の氾濫もありましたが)地震に関しては、岩盤が固いために確率的に大被害に至らない傾向にある・・と聞いたことがあります。まあホントかどうか分かりませんが・・。そうした一連の経緯を考えてみても、立地的にリスクマネージメントの対象候補地としては充分に条件をクリアしているエリアなのではないでしょうか。広大な土地もありますし・・。首都機能移転は、重要な問題だと思います。
ただし、個人的には複雑なところがありますね。大規模首都機能移転が実現すれば、必ずと言って問題になるのが自然破壊。現在の豊かな那須の自然が失われていくのは、忍びがたいことです。那須エリアの良さは、その“自然の豊かさ+居住品質の良さ”なのだと思っています。英国の湖水地方に学ぶナショナル・トラストの考え方。自然破壊をすることなく、人間と動植物との共存共栄・・。文明との共生は、それらが満足して初めて成り立つものだと思うのですが・・。難しい。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。