FC2ブログ
2013-09-24 08:08 | カテゴリ:オヤジのぼやき
【ニュース記事】
<JR北海道>レールの異常放置 4部署に集中 全体の7割
JR北海道が線路の異常97カ所を補修せず放置していた問題で、レールの点検や補修を担当する部署によって異常を放置した数に大きな偏りがあることが同社への取材でわかった。保線を担当する44部署のうち4部署による放置が65カ所と全体の7割を占める一方、29部署では放置がゼロだった。特別保安監査を実施中の国土交通省もこの事実を把握。保線作業が現場任せとなり全社的な統一基準で管理されていなかった可能性があるとして、事業改善命令などの行政処分を検討する。
------------------------------------------------------------
【マイコメント】
このところ問題続きのJR北海道ですが、今回の事故対応は過去最悪!安全を第一とする公共交通機関にとって、言い逃れできない失態そのものですな。専門技術者による定期点検って・・一体何をやってるんですかね?要するに、馴れ合いの作業になってしまって、形だけの点検作業ということですな。つまり、事故なんて想定してない・・「ゆるゆる点検」だったということでしょうか。コレじゃ〜、レールのねじ(ボルト)もトップの頭も、緩みっぱなしになってしまいますわ・・。人員不足とか、予算不足、経験不足というのは、理由になりませんぞ。喝っ!
まあ、JRに限らず・・世の中の交通機関に携わる者は、身を引き締めなければなりませんな。事故なんて、ちょっとした見逃しとか、判断の甘さから引き起こされるものなんです。放置していると、いつか何かのきっかけで必ず大きなトラブルに繋がります。現場における責任者・当事者というのは、非常に重要な役割を担っている訳でして・・その点を心しておかねばなりません。経営者も、現場の声や実態に目を向けなければなりません。でなきゃ・・東電と全く同じになってしまいますぞ!
2013-07-25 08:55 | カテゴリ:オヤジのぼやき
【ニュース記事】
民主党:敗戦処理、迷走 菅氏「除籍」に反発強く 代表求心力、低下の一途
参院選東京選挙区で民主党が公認を取り消した大河原雅子氏を支援した菅直人元首相への処分が、当初の提案より軽減され党員資格停止処分となる見通しになった。「除籍は重すぎる」との声に押された形だが、あまりの迷走ぶりに海江田万里代表の求心力が低下するのは必至。同党の参院選惨敗の敗戦処理は混迷の度合いを深めている。
常任幹事会に先立ち海江田氏は東京都内のホテルで菅氏と会談。「身を引いてください」と自発的な離党を求めたが、菅氏は拒否。その後、海江田氏は常任幹事会で「菅氏の言動は参院選に影響を与えたことを踏まえ厳しく対処すべきだとの多くの意見があった」と説明。菅氏を「除籍」とし、さらに菅氏が比例代表で当選したことから議員辞職で議席の返還を求める「公職の辞任勧告」とする処分案を提示した。
菅氏は「ご迷惑をおかけして申し訳なかった」と謝罪したが、大河原氏については2007年参院選で民主党からの出馬を自らが説得した経緯を説明、離党する考えはないとした。出席者からは「何らかのけじめは必要だ」と厳しい処分を求める意見が出る一方で、「除籍は重すぎる」「排除の論理で誰かを切り捨てるべきではない」など擁護論も噴出し紛糾。約2時間の議論でも結論は得られなかった。
海江田氏らが菅氏に厳しい処分を求めるのは、菅、鳩山由紀夫の両元首相らが民主党への国民の信頼を失墜させた張本人で、両氏が党から出ることで党の「生まれ変わり」をアピールできるとの思いがあるからだ。
だが、党内では海江田氏の責任を問う声も強い。同氏は常任幹事会で「党の改革・創生に取り組んできたがまだまだ道半ばという感を改めて強くした」と続投への意欲を示したが、8月末に辞任する細野豪志幹事長の側近議員が「体制刷新に向けて決断いただきたい。代表選を行うべきだ」と辞任を求める場面もあった。処分決定を先延ばしにした海江田氏には、「なぜ処分を決められないのか。党内で不信任の声が出るだろう」など不満も噴出した。
常任幹事会では、沖縄・尖閣諸島を「中国側から日本が盗んだと思われても仕方がない」と発言した鳩山氏に、抗議する方針が了承された。執行部側は除籍する方向で調整したが、鳩山氏は5月末に離党しており、「過去にさかのぼっての処分はできない」と判断し見送った。
---------------------------------------------------------
【おやじのぼやき】
先の参院選挙で惨敗を喫した民主党。今もなお、その敗戦処理と以前からのゴタゴタを引きずって、党内が混乱を極めているようだ。2006年に「トロイカ体制」をしいて政権交代の舞台を演出した鳩山元総理、菅元総理、そして小沢元代表だが・・今やかつての存在感は見る影もない。ハッキリ言って、この御三方の引き起こした国政混乱の罪は大きいと思うね。それぞれ関与した内容こそ違うものの、国益を失し国民を愚弄するに値する大罪です。しかも、自分自身は・・大義名分を理由に、皆身勝手ときている。まあどうでも良いことだけど・・党内処分の様子を聞いていても、開いた口がふさがらないことばかりだ。政治家というのは、ほとほと身内に甘いね!
今回の菅さんの処分(除籍)については、第三者からすれば当然というか・・普通に思えるのだが。党内の一部には厳し過ぎるという意見(あの日教組のドンと言われる方か?)もあるようで、それを押し切れない海江田代表のリーダーシップも極めて弱い。選挙に負けた本当の原因は、トップの戦犯者だけではないと思うね。政権を取ってから何も決めきれない、決めても実行できない、何事にもことなかれ主義的な党内体質に、国民がヘキヘキしたのではないかと思うのだが。そして、最近の鳩山氏、菅氏などの言動。まあ、ピントがずれてますわな。こんな人たちに一時でも国政を任せていたのかと思うと・・国民の一人として(政権交代を託したのは)恥ずかしい限りだ。ましてや、身内の失態に対して甘いご沙汰となれば・・もう勝手にやれやと呆れるばかりである。国民は、よく分かっている。今の体制維持では、何も変わらないというか・・退化するのみ。一度解党して、政治理念を一致できるものの集団にしたほうが良いと思うのだが・・これも余計なお世話かも知れない。結局、民主党のゴタゴタなど、どうでも良い話題になってしまっている。
2013-07-01 20:29 | カテゴリ:オヤジのぼやき
今日、近くの病院に行って呼吸機能再検査の予約をしてきました。再検査の予約をするだけなのに、何で直接病院に行かなきゃならんのか・・全く持って分かりません。電話でその旨(検査の日程変更希望)を伝えたら、取り合ってくれませんでした。しかも・・会社嘱託医の紹介状(予約外診療のため)を携え、低姿勢でお願いする状況になり、少々プチ切れ状態になりました。でも、医者と喧嘩しても何の得にもなりませんから・・グッと我慢しましたけどね。朝早くから2時間半待たされて、ようやく検査予約変更が許されました。(`ε´)

IMG_0561 のコピー

さてさて、何をそんなに憤慨されているのかと思うかも知れませんが・・最初から、どうもこの病院の担当医(肩書きが医学博士で、なんたら内科部長さんとのこと)とは波長が合いませんね。いきなり初診で、私の症状を診て「この病気は厄介で治らないもの」とか「欧米の学会では、治療すると更に重篤化する可能性があるので経過観察していくしかない」とか言われました。さらに、頼んでもいないのに・・「私なら、あなたの操縦する○○○には乗りたくない」とか面と向かってダイレクトに仰られます。まあ経験と深い知識はおありなのでしょうが・・医師として患者に応対する言葉遣いがなってませんな。やんわりとは言ってますが、非常に上から目線の言い方です。それだけでは終わらず、「航空身体検査の基準がおかしい」とか「再検査を依頼してくる会社の嘱託医の感覚を疑う」とか言い出します。さすがに私も、「私に言われても・・」と返答しましたら・・「そりゃそうですよね・・」と返ってきます。「一体、あなたは何が言いたいの?」と聞きたくなりますね。何か、よっぽど航空指定検査医に対して恨みでもあるんですかね?(自分が口出しできない領域のせいだからなのかは分かりませんが・・)いやいや・・医者というのは、プライドが高く気むずかしい方も中にはおられるようですな。

まあ、そんなこんなで・・とりあえず来週の月曜日に再検査の予約を入れてもらうよう頼んで帰って来た次第です。最後は、一応私と会社嘱託医の真意を少しだけ分かってくれたようですが・・なんだかねぇ。(-_- )
1週間で肺活量がどれだけ改善するのか分かりませんが・・とりあえず頑張ってみます。以上、ストレスの溜まっている親父のぼやきでした!
2013-02-09 16:36 | カテゴリ:オヤジのぼやき
【ニュース記事】
防衛相「射撃レーダーの証拠開示検討」映像や電波記録
中国軍艦が海上自衛隊の護衛艦に射撃用レーダーを照射した問題で、小野寺五典防衛相は9日、写真や映像などを証拠として開示することを「政府内で検討している」と東京都内で記者団に語った。国際的に問題のある中国の行動を公表していくという安倍内閣の方針をふまえた。
中国側は「通常の艦載レーダーで警戒を続けた」として、射撃用の火器管制レーダーではないと主張。これに対し、小野寺氏は「どれが火器管制レーダーかは分かっている。相手の船が一定期間、我が方の船を追いかけていたという証拠がある」と強調。射撃用レーダーが護衛艦に向けられた映像や写真を撮影していることを明らかにした。
射撃用レーダーの電波も「特殊な電波なのでしっかり記録している」とし、神奈川県横須賀市の専門部隊で分析したと語った。ただ、自衛隊が収集したデータは「防衛上の秘密、能力にあたる」として、開示する範囲を調整している。
--------------------------------------------------------------------
【マイコメント】
先日来、日中間で尖閣でのレーダー照射問題を巡る言い争いが加熱している。中国側の常軌を逸した居直りともとれる・・問題捏造発言。かたや、武士道精神(?)にのっとった日本側の紳士的な抗議声明。一歩間違えば、一触即発の紛争に発展するというだけに、慎重な対応が望まれるところだ。今のところ、一応冷静には対応しているようだが・・。
しかし、中国という国は・・我が国に対してもしたたかさを越えて、武力威圧に走る893的性格を露呈しはじめたようだ。何でもかんでも、自国にとって都合の悪いことには圧力をかけ、行為の全てを正当化する・・未熟な発展大国そのものである。自分たちの行動論理が、世界で通用すると思っているのかね?他国の政治(習慣)には口をはさみ、自国の経済が潤ったらお金(貿易)で相手を黙らせる・・まさに成金暴君国家ですな。
今回、日本がレーダー照射の証拠を握っているらしいが、何も隠す必要は無いのではないか?出せるものなら、堂々と世間(世界)に公表したらいい。日本の防衛能力が明らかになるので・・という理由で開示を躊躇しているようだが、恐らく相手は日本の防衛力を百も承知のはず。それよりも、中国の非礼的振る舞いが問題となるであろう。この際、中国には(中国式鍼灸術に対抗して)日本式お灸をすえておきたいところである。
実際問題、紛争に発展すれば米国の参戦が期待できるし、日米韓の連携(韓国の態度は微妙?)で相手はそう簡単に手は出せないであろう。そう言うと、何か好戦的な考えを持っているのかと勘違いされそうだが・・私も正直、戦争は反対である。そうはならないであろうと楽観視している。恐らく、どこかで制御機能が働くはずである。喧嘩は、ある程度時が解決してくれる場合もあるが・・この件は正に時間をかけて解決するのが望ましいような気がしますな。双方が短気を起こして、取り返しのつかない事態に発展するのを避けてもらいたいものだ。
2013-02-06 20:34 | カテゴリ:オヤジのぼやき
【ニュース記事】
「大雪」じゃなかったの? 気象庁、積雪予想修正2回
気象庁は5日夕時点で、関東南部の平野部での24時間予想降雪量を「10センチ」とみていた。しかし、6日早朝には「5センチ」に下方修正。さらに午前11時20分には「3センチ」に下げた。なぜ、それほど降らなかったのか。
気象庁は当初、今回の気圧配置が大雪をもたらした先月14日の状況と似ていると判断。この時の「爆弾低気圧」ほどではないものの、低気圧の北側で雨雲が発達し、寒気で雨が雪に変わると予想した。
ところが、雨雲が見込んでいたほど発達しなかったという。気象庁の内田裕之・主任予報官は「雪の量は予想通りではなかったが、気圧配置や寒気はおおむね見立て通りだった。予報がはずれたわけではない」としている。
--------------------------------------------------------------
【マイコメント】
天気は予想(予報)通りじゃなかったけど・・言い訳会見は予想通りでしたな。ふふふ・・。まあ、先月の大外れがあるので、気象庁も神経過敏になっていたのでしょう。しかし、あれだけ数日前から大袈裟に大雪注意報を出すくらいなので、よっぽど根拠があるのかな?と思っていたけど・・読みが浅いね!それに、表現の仕方が・・ヘタ!どんな情報を、どのように解析しているのか聞いてみたいですわ。そんな程度の説明なら、私でも出来ます。最近の予報官というのも・・素人に毛が生えたくらいのレベルになってしまったのですかねぇ。予報官とは、天気の予報をするのが仕事であって、天気の解説をするのが本来の仕事じゃないはず。これじゃ、その辺の知識だけの気象予報士と同じじゃないですか?官ですよ・・官!(権威があるんですぞ!)「当たるも八卦、当たらぬも八卦」みたいな、言い訳的答弁はやめてもらいたいですな。素直に謝りなさい!
ハッキリ言って、私は今回の大雪は・・ないと見てました。前日ゴルフをしていたのですが、夕方になっても気温の低下がなく、むしろ暖かくなってたくらいです。天気図を見ても、前回の「爆弾低気圧」の時とは状況が違ってました。上空の寒気の移流も少なかったし、気圧傾度もそれほど密になってはいませんでした。寒気の移流がないと、低気圧は発達しません。更には、低気圧本体の通過位置が、やや日本列島寄り。又、前回は日本列島上空全体に大型寒気が居座っていましたし、今回は数日前のポカポカ陽気で空気全体が温められておりました。単純に考えても、雪になる確率は減るわけです。まあ、せいぜい「みぞれ」止まりですわ。何故、低気圧が急速発達して寒気が南下してくると予想できたのか・・その根拠を知りたいですな。数値予報ばかりじゃ・・最近の異常気象は当てられませんぞ!知識+経験則+専門家の感=正確な予報。これが、気象予報の方程式かと思います!
130207-0001.jpg
2013-01-11 08:38 | カテゴリ:オヤジのぼやき
最近、マスコミを賑わせている体罰問題。大阪桜宮高校のバスケ部に続き、バレー部でも体罰の実態があったそうな・・。それがきっかけで自殺に追いやられた生徒の悔しさはもちろんのこと、親御さんにしても何故そうなったのか納得できない理不尽さを感じていることであろう。分かり切ったことだが・・成果を出せれば、何をやっても良いということではない。

この話題になると、必ず「昔からそういうことはあった・・」という話になるのだが、昔と今とでは教育環境も違えば先生や指導者の資質も違う。ましてや、生徒の側にもいろんな性格(精神的に強い弱い等)の子がいる。指導者は、そういうところを見据えて教育指導をしなければならないが、そこに行き過ぎたスパルタ主義的(体罰含む)指導が入り込むと、問題は相互の信頼関係になってくるのではないかと思う。教育とは、教科の学習だけでなく社会生活をする上での人間教育も含まれるわけだが・・本当に教育が難しい時代になったと思う。

「愛のムチ」とかいう言葉がある。指導者側にとっては大変都合の良い言葉だが・・受ける側からはその仕打ちに見合った「愛」を感じられなければ、ただの暴力になってしまう。今回の事件は、その教育愛が全く感じられない事例ではないかと思う。間違った指導法に過信してしまう指導者。また、それを看過した周囲の教育者。いずれにも罪はある。当事者だけでなく、関係教育者は多いに反省してもらいたい。

最後に一言。教育とは・・「信頼関係があってこそ成り立つもの」これは、学校のみならず、どんな社会でも言えること。信頼無くして、指導も成長もあったもんじゃない!
2012-12-22 08:47 | カテゴリ:オヤジのぼやき
【ニュース記事】
<高松空港トラブル>管制官1人居眠り 1人は夕食買い出し
高松空港(高松市)で17日、着陸許可を求めた旅客機の無線に管制官が約10分応答しなかったトラブルがあり、管制官が当時、居眠りしていたことが21日、国土交通省の調査で分かった。同空港の管制塔の勤務は2人態勢で、もう1人は夕食を買いに約1時間も席を外していた。昨年9月にも那覇空港で管制官の居眠りによるトラブルが発生しており、同省は全国の管制所を監査する。
---------------------------------------------------------
【マイコメント】
最近、プロとして自覚の無い不祥事が目立ちますなぁ。私、こういう事例には・・とても腹立たしく思います。何でって?そりゃ、そうでしょ。何せ、国家資格を得た国家公務員の大変重要な仕事だからです。ましてや、多くの乗客を乗せた航空機が立ち往生・・あ、いや上空なので空中で往生するわけだから、飛んでいる人にとっては・・飛んでいるのに飛んでもない話です。ああ、ちょっと話がややこしい、てかっ!
普通、航空機(定期便)が飛んでくる時間帯に、一人体制(もう一人は休憩時間か?)になって、しかもヘッドセット(レシーバ)を外し、スピーカーのボリュームを絞るか?管制官として、誠に感性の無い仕事ぶりだわ。緊張感のかけらもない・・。再発防止の観点から、全国一斉に管制官の監査に入るとか言ってるけど・・そんなもん、同じようなことする訳がないじゃん。大体が、どの世界でも不良分子はごく一部なのです。その分子を見極めて、何か不祥事(不安要素)があれば厳正に対処する。それしかないんですよ。公務員や大会社は、すぐに体制の問題がどうのこうの言って再発防止策を検討したがる。システム云々・・とかじゃないんですよ。要は運用する人間の問題。喝っ!
2012-12-12 08:31 | カテゴリ:オヤジのぼやき
昨日、不在者投票に行ってきましたが・・思いの外、期日前に投票する方の多さにビックリ。それだけ、今回の(も)国勢選挙戦には関心があるということの表れでしょうか。まあ、国民の義務と権利でもあるわけですから・・しっかりと見極めて審判を下したい。

で、いつも思うことだけど・・日本の選挙制度には疑問が残りますな。AKB総選挙の「じゃんけん」に沸くというのにも疑問有りですが。(笑)小選挙区で地域の代表を決めることに意義はありません。しかし、問題なのは・・比例代表制。これって、殆どの政党議員が掛け持ち(二股とも言います)で立候補者の名簿に名を連ねております。自民やみんなの党首などは、一応メンツもあるので小選挙区のみ。ところが、民主党(他の小政党も同じ)は全ての小選挙区候補者が比例と掛け持ち。現総理も同じくです。そうすると、小選挙区で落選した人が比例名簿の順位次第では当選になるという仕組みになってます。当然、比例の順位が問題になってきますわな。特に、下位名簿順の方は・・。小選挙区では、当選させたい人を選ぶという反面、当選させたくない人を選ぶという意味もある訳です。それが復活する仕組みとなると・・いかがなものかなと思いますな。小選挙区で破れた方の順位は、少なくとも比例一本で立候補する方の下位に位置づけるべきです。一票の格差是正だけでなく、選挙制度全般に対して改善すべき多くの不具合点が目に付きます。国民の代表たる人間は、あくまで人物本位であるべきだと思うのですが・・。そんなことを感じているのは、私だけでしょうか?
2012-12-04 16:37 | カテゴリ:オヤジのぼやき
【ニュース記事】
<衆院選>首相、比例名簿に重複立候補 安倍総裁は辞退
民主党が3日発表した衆院選比例代表の立候補者名簿によると、千葉4区の野田佳彦首相(党代表)は南関東ブロックに重複立候補することになった。03、05年の小泉純一郎首相と09年の麻生太郎首相は重複を辞退しており、現職首相の重複立候補は00年の森喜朗首相以来。「覚悟のない話だ」(渡辺喜美みんなの党代表)などの批判も出ている。
-----------------------------------------------------------------
【マイコメント】
まあね、我が地元選出で現総理のことですから・・応援する人が一杯いても不思議じゃないんですけど、人気無いですな・・この人は。現状では、おそらく小選挙区では"敗戦の将”となる気配が濃厚。ですから、いわば「なりふり構わず」と言った感じですな。二股とは・・ああ、情けなや、情けなや・・と言うより、みっともない!
選挙まであと10日。小政党が乱立する師走の戦いとなったが、民衆の心を捉える政策は、「脱原発」か「景気浮揚」か、はたまた「社会保障」なのか・・。難題山積の国政に、二股かけるような男は・・いらないんでないかい?堂々と戦いなさい、堂々と!
2012-04-03 19:00 | カテゴリ:オヤジのぼやき
今日は午後から、先日の春の嵐の再来です。
那須高原でも、午後4時頃から一時的な突風混じりの強風が吹き出してきました。
昨日の小春日和のお天気が・・嘘のようです。

夕方からのテレビでは、首都圏の通勤帰り困難状況がひっきりなしに報道されています。
多くの企業や会社では、早めに操業や業務を打ち切って早期帰宅を促したようですが・・。
駅では大勢の帰宅難民者が溢れかえっているようです。
理由は・・既に交通機関が運転停止や間引き運転を決めたからです。

これって、何かおかしいと思いませんか?
企業や会社の早期帰宅指示の前に、既に交通機関がストップしている訳ですから・・。
家に帰れないのは、当たり前のこと。
もう少し何とか考えたらどうなんでしょうね・・。

各企業の自主的判断に任せるだけでなく・・。
行政機関が早期帰宅通達を出して、ある程度時間の幅を設けてから、交通機関をストップさせるとか。
いろいろと方法はあると思うのです。
突発的な地震と違って、予想のつく異常低気圧の接近なんですから・・。
でなきゃ、家に帰りたくとも・・帰れないじゃあ~りませんか!
2012-03-24 08:22 | カテゴリ:オヤジのぼやき
巷で話題になっている「年金基金ー代行部分」の取り扱い問題。AIJ投資顧問の運用破綻を引き金に、穴埋めをめぐって厚生年金の国民負担にまで波及しそうな心配が懸念されてます。加盟する企業の破綻が進めば進むほど・・連帯責任制のドツボに嵌まるというシステムになっており、抜けるに抜けられぬギャンブルの世界みたいなところがあるようです。その負け分をどうするか・・なんですが、自分で払え切れなくなったから、親(国)に泣きついてきた子供みたいな感じがしてなりません。要するに、税の国民負担増大に繋がる問題なわけです。まあ当事者からすれば、イカサマに会っての話なんだから、自己責任では無いようなことを言われておりますが・・。

しかし、これって自己責任の範疇であることは疑いの余地がないことですよね。いわば、多くの年金基金がその運用管理を自らの責任においてバブル期より続けてきた「功罪」の総括なわけです。良い時には、かなりの運用益を得て美味しい恩恵もあったはずです。悪くなったら誰か助けて・・では、なかなか国民理解が得られないと言っても過言ではないでしょう。そこに天下り公務員OBがかかわっていたということが、そもそもの悲劇の始まりだったと言うことでしょう。監査役である国も、その実態をこれまで見抜けなかったことには責任を感じるべきだと思いますね。

まあ残酷なことを言うようですが、「年金基金を解散して自分たちで何とかしなさい」・・と言うしかありませんね。それでもダメな場合は、そこからは国が考えることだと思います。世の中には、株や投資信託で多くの損失を抱えた人が五万といます。言うならば、それと同じ問題なんです。私も(銀行の)甘い言葉にそそのかされて失敗した一人ではありますが・・誰に文句も言えません。要するに・・自己責任!なんです。

そもそもが、某赤社の破綻を国が公的資金投入で救ったことも影響しているのかも知れませんね。安易に救済するとなると・・次から次へと同じような問題が出てくることになり、収拾がつかなくなります。国民が負担するにも限度がありますわ。それにしても、AIJ投資顧問の浅川社長という人物・・あれは悪(ワル)ですな~。運用実態を隠して、自らの月給は¥600万だった・・と!ボーナス入れれば、恐らく年収¥1億じゃない?刑事責任を免れないだけでなく、全国引き回しの上・・無期懲役ものです!(怒!)←と、思いませんか?
2012-03-03 11:41 | カテゴリ:オヤジのぼやき
【ニュース記事】
複数の企業年金 旧厚生OBがAIJ斡旋 経営会社に役員受け入れ
投資顧問会社「AIJ投資顧問」(東京都中央区、A川社長)が年金資産約2千億円を消失させた問題で、旧厚生省(現厚生労働省)OBがAIJとコンサルタント契約を結び、企業年金側に「AIJは年金資産の運用委託先として有望」と仲介していたことが2日、分かった。これを機に複数の企業年金がAIJと契約していた。このOBが経営する年金コンサル会社の役員をAIJ役員が兼務していたこともあり、OBがAIJと一体となり顧客獲得の一翼を担っていた実態が浮上した。
このOBは産経新聞の取材に、複数の企業年金側にAIJを紹介したことを認めたが、「運用実態がこんな状態になっているとは知らなかった。AIJを勧めるときには『最終的に決めるのはそちらです』と念を押していた」と話した。
----------------------------------------------------------
【マイコメント】
最近、巷で話題になっているAIJ投資顧問の年金消失問題。やはり、旧社保庁のOB役員が一枚咬んでいたんですな・・。まあホトホト厚生省の役人には呆れるばかりですわ。自らの私利私欲のため、中小企業からの年金資金を絞り出させて、運用することに関しては我関知せず・・。揚げ句の果てに、「運用を決めるのはそちらです」だと。責任を取らない役人根性丸出しじゃないですか・・。これじゃ、中小企業の経営者は・・泣くに泣かれませんな!気持ち的には、「おまえらの貰った退職金や受給されている公務員年金を全て返せ!」といった心境ではないでしょうか。道義的に許されるものではありませんぞい!預かった多額の年金は、恐らく海外の投資先をたらい回しにされて・・その結果消滅してしまったのでしょう。この国を潰すのは、最終的に役人と政治家なのかも知れないな・・。
ああ、久しぶりにボヤいてしまった・・。
2011-10-12 08:33 | カテゴリ:オヤジのぼやき
【ニュース記事】
年金支給「68歳から」案も 厚労省が改革3案提示
厚生労働省は11日、年金の支給開始年齢を68歳に引き上げる案を社会保障審議会年金部会に示した。民主党政権が6月に「税と社会保障の一体改革」で示した「68~70歳への引き上げ」に沿ったもので、高齢化で悪化が見込まれる年金財政の改善がねらい。ただ、高齢者の働く場の確保とセットで議論をすることが欠かせないため、審議会の委員からは慎重論が相次ぎ、実現のハードルは高そうだ。
厚生年金の支給開始年齢は現在、65歳まで段階的に引き上げられている途中にある。厚労省はこの日、(1)厚生年金(報酬比例部分)の支給開始年齢を3年ごとに1歳ずつ引き上げているのを、2年ごとのペースに速め、支給開始自体は65歳に据え置く(2)現行通り3年に1歳ずつのペースで引き上げた後も、さらに基礎年金と厚生年金ともに同じペースで68歳まで引き上げる(3)支給開始年齢の引き上げを(1)案のように前倒ししたうえで、さらに同じ2年に1歳ずつのペースで68歳まで引き上げる――の3案を示した。
これらは、5月下旬の政府の社会保障改革に関する集中検討会議で示したものと同じ内容。社保審で年末まで議論を深めるが、生活困窮者を増やすことにもつながりかねず、政治的にも実現性は低いとの見方が強い。
一方、厚労省は、厚生年金をもらいながら会社員として働く場合に、収入に応じて年金を減額される「在職老齢年金」の仕組みについて、60~64歳の減額基準を緩める見直し案も示した。こちらは、年金の増額で就労意欲を高めるねらいで、年内の決定をめざす。
----------------------------------------------------------
【マイコメント】
年金受給時期が更に先延ばしになるという・・、極めて由々しき話です。数年前に60歳受給から段階的に65歳まで引き延ばされ、今もその過渡的期間にある年金問題。勤勉な日本人の性格を美化して、政府とお役人の陰謀が益々増長されて行くことに憤りを感じますね。
大体が、60歳を過ぎてから働かなければ暮らして行けないこと自体・・とても住みやすい良い国だとは思えないのですが。「健康のために働けるうちは働いたほうが良い」・・なんていう言葉は、おこがましすぎるんじゃありませんかね。そんなことは指図されることでもないし、自分で決めることです。しかも、正規雇用が少なくなっている現在の状況を踏まえると、相当安易な発想のもとで議論されているような気がしてなりません。近い将来には、消費税も上げると言われていますし、それが一つの目的税であるならば闇雲に反対はしませんが・・、税金は上がるし年金サービスは下がるわ・・では話になりませんな!68歳まで、どれだけの人が病気にもならず健康な体で仕事ができると思っているのでしょうか。1960年生まれ以降の人たちが対象になると言われていますが、自分の子供たちの世代のことゆえに・・少々心配であるとともに憤慨しています。本当に、受給時期の先延ばしをしなければならないのか、改めて国民の議論を広めて考えなければならない問題かと思いますね。
私の過激な意見を言わせてもらえれば・・。
1.無駄な公共工事を減らす
2.政治家とお役人(公務員)の数を半分に減らす
3.天下りシステムの完全廃止
以上の3つを実行するだけでも、国民への酷税感は少なくなると思うのですが・・。
これをやらなきゃ、本当に日本は沈没しまっせ!
2011-09-10 11:20 | カテゴリ:オヤジのぼやき
【ニュース記事】
鉢呂経産相:「放射能つけたぞ」記者に防災服をすりつける
鉢呂吉雄経済産業相が東京電力福島第1原発の視察を終えた8日夜、東京都内で報道陣の一人に近寄って防災服をすりつける仕草をし、「放射能をつけたぞ」という趣旨の発言をした。不用意な行動と批判されるのは必至で、原発を所管する担当閣僚としての資質が問われそうだ。
鉢呂氏は防災服をすりつける仕草をした後、記者団に「除染をしっかりしないといけないと思った」と強調した。報道陣は、鉢呂氏の福島第1原発の視察後の見解を聞くため、取材していた。鉢呂氏は9日、仕草について「厳しい状況だったということを話した」と周囲に釈明している。
鉢呂氏は9日午前の会見で、福島第1原発の周辺市町村を「死の町」と発言。野田佳彦首相が訂正を求め、鉢呂氏は同日午後の会見で発言を撤回し、陳謝した。鉢呂氏は8日、野田首相に同行して福島第1原発や同原発から半径20キロの警戒区域を視察していた。
----------------------------------------------------------
【マイコメント】
まあ次から次へと、失言を繰り返すお粗末な大臣達がいるものだ。今回は、え?なに?新経産省大臣で、元国会対策委員長?しかも、衆議院当選7回の党副幹事長クラス(旧社会党G)ときたもんだ・・。一体民主党のお偉方は、何を感じ何を考えているのでしょうかね?地元の応援者も、さぞかし恥ずかしさ極まりない思いであろう。
総理の任命責任云々というより、これは人間として政治家としての資質の問題。こんな馬鹿なことを無神経に平気で言える国会議員は必要ないね。さっさと政治の世界から退場してもらいましょう!野田総理がいくら神経細やかに振る舞ったとしても・・こんな輩達の失言に足を引っ張られては民主党丸の先行き不安は否めない。さて、一体どうするのでしょうか?甘いご沙汰は、次期選挙の膿みにもなりかねない・・。
2011-08-22 22:02 | カテゴリ:オヤジのぼやき
【ニュース記事】
国交省:トラック無料化打ち切り 悪用相次ぎ8月末まで
国土交通省は22日、東日本大震災の復興支援を目的とした東北地方の高速道路無料化のうち、トラックなど中型車以上の無料化を当初予定していた8月末で打ち切る方針を決めた。同日開かれた高速道路の在り方に関する有識者委員会の会合で、打ち切りに強い異論がなかった。
中型車以上の無料化をめぐっては、被災地への物資輸送と無関係な車両が悪用し、料金を払わずに通行する例が横行していた。被災・罹災(りさい)証明書を持った被災者や原発事故の避難者が運転、同乗する車両の無料化は中型車以上を含めて継続する。
有識者委座長の寺島実郎日本総合研究所理事長は会合後、記者団に「当初の方針を変えて延長すべきだという意見はなかった」と述べた。
国交省によると、制度の悪用が疑われるトラックなどの利用割合が東北道の白河インターチェンジ(IC)で11~17%、磐越道の新潟中央ICでも13~17%に上っていることも判明。常磐道の水戸ICでは10~14%の車両が制度を悪用したとみられることが既に分かっており、無料区間の南端に位置する三つのICすべてで不適切な通行の割合が10%以上だったことになる。
---------------------------------------------------------
【マイコメント】
制度の打ち切り・・当然です!当初から、こんな“抜け道(制度の悪用)”のある愚策は即刻廃止すべきだと思っていましたが、やっと正式に廃止されることが決定しました。民主党政策の先見性の無さが、ここでも露見した形です。これも、社会実験の一環だと言い逃れをする気でしょうか・・。大体が、悪用されるような制度を作るほうが悪い。そもそも、渋滞70kmの中で無料の車と有料の車が混在するって・・どうなのよ?被災地の人たちは仕方ないにせよ、関係のないトラック(中型以上)が日々の渋滞を助長させることになっている訳です。よく黙って走っていられるなと思いませんか?
それにしても、あまりにも見通しが甘く、被災地支援という美辞麗句(人気取り?)を盾にしたお粗末な政策に呆れるばかりです。”子供手当”や”原発処理”の施策についてもしかり・・。最初は希望を持たせておいて、後で足下をすくうような「口先だけの甘策」が多いですな。誰の責任とは申しませんが、今の政権のふ(ん)がいなさに・・憤慨しているのは私だけではないでしょう。ここに来て、総理の首を挿げ替える話になっていますが・・全く国民不在のお家騒動で、興味もなければ期待もなし。MでもNでもKでも・・勝手にせい!(`ε´)